ニュース
» 2013年02月07日 15時31分 UPDATE

富士通とパナソニック、システムLSI事業を統合 ファブレス新会社設立へ

富士通とパナソニックがシステムLSI事業を統合する新会社の設立を検討することで基本合意。開発・設計に特化し、ファブレス化する方針。

[ITmedia]

 富士通とパナソニックは2月7日、システムLSI事業を統合する新会社の設立を検討することで基本合意したと発表した。

 富士通100%子会社の富士通セミコンダクターと、パナソニックのシステムLSI設計・開発機能を統合。半導体製造工場を持たないファブレス形態の新会社を設立し、事業を移管する。新会社には日本政策投資銀行が出資する方向。

 富士通は三重工場(300ミリウエハー対応)を台湾TSMCなどファウンドリ企業への移管を検討する。

 競争の激化や半導体市況の悪化でシステムLSI事業は厳しい状況に直面している。両社の技術と顧客基盤を集約し、マーケティングや設計、開発機能に特化してファブレス化することで競争力のある事業体制を構築する必要があると判断した。

 今後具体的に検討し、速やかに最終的な契約締結を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -