ニュース
» 2013年02月22日 11時49分 UPDATE

飯野賢治作品「風のリグレット」脚本を坂元裕二さんがネット公開

死去した飯野賢治さんが監督したゲーム「風のリグレット」の脚本を、脚本家の坂元裕二さんがネット公開した。

[ITmedia]
photo

 2月20日に死去したゲームクリエイター、飯野賢治さんが監督したゲーム「風のリグレット」の脚本を、脚本家の坂元裕二さんがネット公開した

 同作品は1997年にセガサターン用ソフトとして発売され、99年にはドリームキャスト版も発売された。映像が一切ない、音だけでプレイするという文字通り“サウンドノベル”的な異色の作品(「リアルサウンド」シリーズと呼ばれた)で、柏原崇さん、菅野美穂さん、篠原涼子さんらが出演。音楽は鈴木慶一さんが担当した。

 脚本の坂元裕二さんは「東京ラブストーリー」など数々の作品で知られる。風のリグレットは「1996年、飯野さんと共に壱岐島や尾道に旅行することを経て、書いたものです。飯野さんは26歳で、僕は29歳でした」

photo

 脚本はlivedoor Blogを利用して公開されている。「この脚本をアップしたのは、飯野さんはゲームクリエイターであるため、現状彼の作品に触れることは困難だからです」という。「風のリグレットの脚本を書いたのはわたしですが、まぎれもなく飯野賢治の作品だと思っています」

 表示崩れなどがあったら修正してほしいと付記している。「どこにアップしていただいても構いません。飯野賢治企画監督作品と明記していただければと思います」


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -