ニュース
» 2013年02月27日 09時47分 UPDATE

Google+アカウントでサードパーティーサービスへのサインインが可能に

Googleが、Webサービス、Androidアプリ、iOSアプリのサインインにGoogle+アカウントを活用できる「Google+ Sign-In」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月26日(現地時間)、Google+アカウントをサードパーティー製アプリやWebサイトへのサインインに活用できる「Google+ Sign-In」を発表した。

 米Facebookや米Twitterが既に多くのWebサービスで自社サービスアカウントでのログインをサポートしている。Google+ Sign-Inの大きな特徴は、Webサービスだけでなく、Google PlayのAndroidアプリや米AppleのApp StoreのiOSアプリにも対応する点だ。

 gplus 1 Webサービス「FANCY」のログイン画面。FaebookとTwitterに、Google+アカウントでのログインボタンが追加された

 同機能に対応したWebサービスやアプリにGoogleアカウントでログインした場合、ユーザーのアクティビティはそのアカウントの個人情報として他のGoogleサービスに反映され、アプリ側にもGoogleサービスでのアクティビティが反映される。

 Googleはこの機能のユーザーにとってのメリットとして、Googleアカウントの2段階認証などでセキュアなサービス利用が可能になることや、サービス上のアクティビティをGoogle+のサークルで簡単に共有できることなどを挙げている。例えば動画ストリーミングアプリで購入した動画についてGoogle+で共有すると、サークル内のメンバーは1クリックでその動画を購入できる。これはサービス提供側にとっても大きなメリットだ。

 また、サービス提供企業が対応していれば、WebサービスにGoogleアカウントでログインすると、そのサービスのモバイルアプリを同じアカウントで使っているAndroid端末にインストールするよう促され、1クリックでリモートインストールできる。

 gplus 3

 アプリ開発者側のメリットとしては、ユーザーにより最適化した情報を提供できるようになる他、Google+ Platform Insightsでユーザーのアクティビティを分析できることなどが挙げられる。

 Googleは同日、Androidアプリ開発者向け「Google Play開発者サービス」をバージョン3.0にアップデートし、Google+プロフィール、ソーシャルグラフ、および共有用APIを追加した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -