ニュース
» 2013年03月01日 11時09分 UPDATE

Apple、無料講義コンテンツ「iTunes U」のダウンロードが10億突破と発表

AppleがiTunes Storeで公開している各種教育機関による無料教材コンテンツ「iTunes U」のダウンロード数が10億件を突破した。また、同社は世界の教育機関に累計800万台以上のiPadを販売したことを明らかにした。

[ITmedia]

 米Appleは2月28日(現地時間)、2007年に提供を開始した無料の講義コンテンツ「iTunes U」のダウンロード数が10億件を突破したと発表した。

 iTunes Uは、Appleが提供する「26か国の幼稚園から大学までの教育機関」が「講座や教育コンテンツのコレクションを公開する」ためのサービス。デスクトップのiTunes Storeの専用コーナーやiOSアプリで、誰でもコンテンツを無料でダウンロードできる。

 itunesu 1

 現在コンテンツを提供している大学は世界で1200以上。米スタンフォード大学、英オックスフォード大学、日本の東京大学なども講義を公開している。また、中学・高等学校も1200校以上参加している。公開されている2500以上のコンテンツの他、数千の非公開コンテンツもあるという。

 教育機関はiTune Uのページに登録することで、無料でコンテンツを構築し、公開できる。

 itunesu 2

 Appleは昨年1月、「教科書の再発明」として電子教科書構築アプリ「iBooks Author」、iOS用電子書籍購読アプリ「iBooks 2」とともに、iOS端末でiTunes Uのコンテンツを閲覧するためのアプリを公開した。同社は教育機関向けのMacやiPadの販売にも注力しており、これらを特別価格で販売している。

 Appleは米TechCrunchに対し、世界の教育機関に累計で約800万台のiPadを販売したと伝えた。また、米AllThingsDに対し、米国の教育機関に販売したiPadの台数を450万台以上と伝えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -