ニュース
» 2013年03月03日 08時25分 UPDATE

Evernoteもハッキング攻撃を受け、全ユーザーパスワードをリセット

Evernoteが、暗号化されたパスワードを含むユーザー情報への不正アクセスを検知したとして、約5000万人に上る全ユーザーのパスワードをリセットした。ユーザーは新規パスワードを設定する必要がある。

[ITmedia]

 米Evernoteは3月2日(現地時間)、サービスへの不正アクセスを検知し、それをブロックしたと発表した。調査により、Evernoteアカウントに登録されたメールアドレスと暗号化されたパスワードを含むユーザー情報にアクセスされたことが分かったという。

 ただし、Evernoteのコンテンツが外部からアクセス・変更・消失された形跡はなく、有料版ユーザーの決済情報がアクセスされた形跡も確認されていないとしている。

 だが、安全のため、全ユーザー(約5000万人)のパスワードをリセットした。ユーザーは公式ブログ(日本語)の指示に従って、新しいパスワードを設定する必要がある。なお、Evernoteは全ユーザーに公式ブログと同じ内容のメールも送信した(全ユーザーにメールが届くには1日以上かかる見込み)。

 パスワードを再設定するには、Webブラウザでevernote.comに(現行のパスワードで)ログインする。ログインするとパスワード変更の画面が表示されるので、ここで新規パスワードに変更する。

 evernote 1 ログインするとパスワード変更画面になる

 AndroidおよびiOSアプリでもそれぞれパスワードを変更する必要がある。これらのアプリは同日アップデート版がリリースされており、アップデートするとパスワード再設定の手続きが容易になる。

 evernote 2 継続ログイン中のAndroidアプリで表示された警告

 同社はEvernoteだけでなく、すべてのWebサービスでのリスク回避のために、以下のようなアドバイスをしている。

  • 辞書に登場するような、予測しやすい言葉をパスワードに使用しない
  • 複数のサイトやサービスで、絶対に同じパスワードを使用しない
  • 電子メールの文中で「パスワードの再設定」を案内された場合は、絶対にメール内のリンクなどをクリックせず、該当サービスのサイトに直行する

 Evernoteは攻撃を受けたのがいつごろなのか、どのような手口だったのかは具体的に説明していないが、公式ブログで「ここ最近、他社の大規模なサービスに対して発生した出来事からも分かるように、今回のような不正アクティビティは増加する傾向にあります」としている。ここ最近、米Twitter米Facebook米Apple米MicrosoftなどがJavaの脆弱性を悪用したマルウェアに感染したと発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -