ニュース
» 2013年03月04日 20時08分 UPDATE

避難区域・浪江町をストリートビューで撮影 「住民が現状知りたい」と町が依頼

避難区域に指定されている福島県浪江町のストリートビュー撮影がスタート。同町からの依頼を受けて実現した。

[ITmedia]

 Google日本法人は3月4日、避難区域に指定されている福島県浪江町のストリートビュー撮影を始めたと発表した。同町からの依頼を受けて実現した。

画像 町内を撮影するストリートビューカー

 「全町民の方から、被災地の現況を知りたいというニーズがある」――YouTubeには、馬場有町長のコメントと、浪江町を走るストリートビューカーの動画を公開。馬場町長は、「原発事故がもたらした悲惨な状況を世界に発信していきたい」などと話している。

 Googleは、浪江町民や世界の研究者などに町の様子を伝えるだけでなく、次世代に災害の記憶を継承するための資料としての活用や、震災の記憶の風化を防ぐ一助となることを期待し、ストリートビュー撮影を始めたとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -