ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2013年03月07日 19時07分 UPDATE

イオンとソフトバンクグループが協業 O2O展開、無線LANサービスも提供

イオンがソフトバンクグループと協業し、O2Oサービスや無線LANサービスを店舗・ショッピングセンターに導入する。

[ITmedia]

 イオンは3月7日、ソフトバンクグループと協業すると発表した。イオンはO2O(Online to Offline)サービスや無線LANサービスを店舗・ショッピングセンターに導入する。

 O2Oサービスは全国のイオン約460店舗で3月15日からスタート。ソフトバンクテレコムとヤフーが展開するO2O「ウルトラ集約」を導入。Yahoo!JAPANトップページなどのバナー広告からスマートフォンで特典のバーコード情報を取り込み、店舗に設置されたバーコード読み取り・クーポン発券機「HappyGATE」にかざすと特典クーポン券を受け取れる。食品スーパー「マックスバリュ」など約1000店舗でも順次サービスを開始する予定。

photo

 またイオンモールなどのショッピングセンターに無線LANスポットを6月から順次設置し「AEON Wi-Fi」(仮称)サービスを始める。来店客への通信環境の提供に加え、広告やクーポンのプッシュ配信にも取り組む。来店客にポイント付与などを行うスマートフォン向けアプリの共同開発も進める。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.