ニュース
» 2013年03月14日 12時14分 UPDATE

「Reederは死なない」──Google Reader人気クライアントが宣言 終了反対で署名運動も

「ReederはGoogle Readerとともに死ぬことはない」――Google Readerの人気クライアントアプリ「Reeder」のTwitterがこう宣言した。

[ITmedia]
画像 Readerのツイート

 「Don't worry, Reeder won't die with Google Reader.」(心配するな、ReederはGoogle Readerとともに死ぬことはない)――Google Readerの人気クライアントアプリ「Reeder」のTwitterが、Google Reader終了の告知を受け、こう宣言した。

 Reederは、iPhone/iPad/Mac用のGoogle Readerの有料クライアントアプリで、使いやすいユーザーインタフェースや軽快な動作が人気。Reederが今後、どう対応するかは不明だが、7月1日のGoogle Reader終了までに、連携するRSSリーダーを追加するなどの措置を採るのかもしれない。

 米Flipboardは「Google Readerのフィードを救おう(save)」と、FlipboardでGoogle Readerのフィードを保存する方法を紹介している。

 Google Readerは、Reederをはじめとしたサードパーティによるクライアントアプリが多く普及しており、サービス終了の波紋は大きい。署名プラットフォーム「change.org」では、Google Reader廃止に反対する署名募集が始まっており、すでに700以上の署名が集まっている。

 移行先として挙げられることが多いRSSリーダー「feedspot」「feedly」などはアクセスが殺到しているのか、つながりにくい状態になっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -