ニュース
» 2013年03月15日 11時32分 UPDATE

「歩いてる」「電車に乗ってる」など自動認識、Twitterに投稿する「してるん」

スマートフォンに搭載されたモーションセンサーを活用し、「歩いている」「座っている」などユーザーの状態をリアルタイムで認識、Twitterに投稿できるアプリ「してるん」をソネットが公開した。

[ITmedia]

 ソネットエンタテインメントは3月14日、スマートフォンに搭載されたモーションセンサーを活用し、「歩いている」「座っている」などユーザーの状態をリアルタイムで認識、Twitterに投稿できるアプリ「してるん」を公開した。


画像画像

 ソニーの行動認識技術を活用。「立ってるん」「すわってるん」「歩いてるん」「自転車に乗ってるん」「くるまに乗ってるん」「スマホを放置してるん」など13種類の行動を認識し、アプリ内に表示したりTwitterに投稿する。行動認識機能やTwitterへの投稿は、オンオフが選べる。

 ユーザーの行動に基づき、仮想の都市「タウンビュー」内をアバター(「してらー」と呼ぶ)が動き回る機能も搭載した。

 「これまでのソーシャルメディアと異なり、書き込みなどアクションを起こさなくてっも、スマートフォンを身につけているだけで、常に自分の情報が現在の行動という形で更新される」としている。まずはAndroidアプリを公開。iOSアプリも4月中旬に公開する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -