ニュース
» 2013年03月20日 07時55分 UPDATE

Adobeの“Flashの擁護者”ケビン・リンチCTOがApple入り

かつてAppleがiOS端末でFlashを対応しないことを批難したAdobeのケビン・リンチCTOが、Appleのテクノロジー担当副社長に就任する。同氏はかつて、General MagicでOSとアプリを統括した経験を持つ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Adobe SystemsのCTO(最高技術責任者)、ケビン・リンチ氏の退社が、同社が3月19日(現地時間)に米証券取引委員会(SEC)に提出した文書で明らかになった。

 同社が米AllThingsD他のメディアに送った声明文によると、リンチ氏はAppleで新たな職につくため、3月22日にAdobeを退社する。Adobeは後任CTOは置かず、シャンタヌ・ナラヤンCEOと企業開発担当上級副社長のブライアン・ラムキン氏が業務を引き継ぐ。

 リンチ氏はかつて、FlashをサポートしないことでAppleを批難した“Flash擁護者”として知られる。同氏はFlashの開発元である米Macromedia出身で、2005年のAdobeによるMacromedia買収の際、Adobe入りした。

 kevin ケビン・リンチ氏

 リンチ氏はMacromediaの前は、ビル・アトキンソン氏らが立ち上げたPDA企業General MagicでOSとアプリケーションを統括していた。

 AllThingsDによると、リンチ氏はAppleで、テクノロジーグループのボブ・マンスフィールド上級副社長直属の副社長に就任するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -