ニュース
» 2013年03月21日 20時49分 UPDATE

アポロ打ち上げロケットのエンジン、深海から引き揚げ成功 Amazonベゾス氏のプロジェクト

アポロ宇宙船の打ち上げロケット用エンジンを大西洋の深海から引き揚げることに成功したと、AmazonのベゾスCEOのプロジェクトが発表。

[ITmedia]

 米Amazon.comのCEO、ジェフ・ベゾスCEOは3月20日(現地時間)、月へ向かったアポロ宇宙船の打ち上げロケット用エンジンを大西洋から引き揚げることに成功したと、同氏の個人的なプロジェクト「Bezos Expedition」のWebサイトで明らかにした

photo 引き揚げられたエンジン

 引き揚げられたのは、アポロを打ち上げたサターンVロケットの「F-1」エンジン。米フロリダ沖の深さ4000メートル以上の海底から引き揚げられた。

photo 海底に沈んでいたエンジン

 当初は人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号のエンジン引き揚げを期待されたが、F-1ロケットのシリアルナンバーが読み取れず、どのロケットで使われたエンジンかは不明という。サターンVロケットは、史上初の月周回を果たしたアポロ8号(1968年12月打ち上げ)以降のアポロ計画で使用された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -