ニュース
» 2013年03月22日 10時18分 UPDATE

AppleのApp Store、Retina非対応/UDID採用アプリの登録とアップデートが不能に 5月1日から

Appleが、5月1日からApp Storeに登録あるいはアップデートするアプリは、RetinaディスプレイおよびiPhone 5の4インチディスプレイに対応しなければならなくなると発表した。また、UDIDを利用しているアプリの登録あるいはアップデートができなくなる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月21日(現地時間)、App StoreへのUDID利用アプリとRetinaディスプレイに対応しないアプリの新規登録とアップデートを、5月1日から受け付けないと発表した。同社はiOSアプリ開発者に対し、開発者向けページで該当するアプリの対応を促している。

 UDIDとは、iOS端末ごとに割り当てられるユニークIDだが、Appleは2011年にiOS 5をリリースした際、UDIDを使った端末の識別を将来的に廃止すると予告した。多数のiOSアプリやネットワークサービスがユーザーの識別にUDIDを利用しているが、セキュリティ上問題があるためだ。昨年9月、Anonymousの一派が米連邦捜査局(FBI)の捜査員のノートPCに不正侵入し、100万件分のUDIDを盗んでWebサイトで公開したことは記憶に新しい。

 Retinaディスプレイ対応については、「iPhoneアプリはiPhone 5の4インチディスプレイをサポートしなければならない」とも説明している。現在は、3.5インチディスプレイしかサポートしないアプリをiPhone 5で表示すると、画面の上下に黒い帯が表示されるようになっている。Appleは現在、3.5インチディスプレイ搭載のiPhone 4およびiPhone 4Sも販売している。

 apple

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -