ニュース
» 2013年03月26日 17時19分 UPDATE

スク・エニ大幅下方修正 130億円の最終赤字に転落へ

スク・エニが通期業績予想を大幅に下方修正。純損益が130億円の赤字に転落する見通しだと発表した。

[ITmedia]

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは3月26日、2013年3月期の業績予想を大幅に下方修正し、純損益が130億円の赤字に転落する見通しだと発表した。前回予想は35億円の黒字だった。ゲーム販売事業などの実績が想定を大きく下回ったほか、事業再編に伴う特別損失を約100億円計上する。

 売上高は1450億円(前回予想は1500億円)に下方修正。営業利益は前回予想の75億円の黒字から60億円の赤字に、経常利益は同65億円の黒字から50億円の赤字に転落する見通しだ。

 欧米での家庭用ゲーム機向け大型ソフトの販売が下回るなどデジタルエンタテインメント分野の実績が計画を大きく下回っているほか、アミューズメント機器事業も不振だった。

 ゲーム事業の環境変化を踏まえ、開発方針の変更や組織体制の見直すことに伴い、コンテンツ廃棄損約40億円、コンテンツ評価損約40億円を含む特別損失100億円を計上する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -