Special
» 2013年03月29日 19時00分 UPDATE

ARROWS Xと一緒にでかけよう:気軽に撮影! お散歩のお供にARROWS Xを

お散歩をしていると、思いがけない風景が飛び込んでくることがあるでしょう。街はもう春の装い。お散歩のお供として「ARROWS X F-02E」を選び、いろんな写真を撮ってみました。

[PR/ITmedia]
PR

撮影しがいのある街、上野を歩いてみた――最初の感想は「広い!」

01_ueno.jpg スタートは上野駅から

 花見と言えば上野公園。早速、ARROWSを片手に花見散歩としゃれこみました。ARROWSをとりだし、さっと撮影した写真もこんなにきれいです。まずは、桜の花がいっぱいに広がる通りを。

02_ueno1.jpg 桜が一面に広がる

 あえて人混みをいれない構図にしてみました。何よりこの「広さ」を感じてもらえるでしょうか。あいにくの曇り空でしたが、桜の花が画面いっぱいに入るように撮影するとこんな絵が撮れるのです。桜にARROWSを向けた瞬間、あ、広い!と思うこと間違いなし。

 同じ場所で今度は縦位置で撮影すると、こんな風に撮れました。

03_ueno2.jpg 遠くまで桜の花が、そして人混みが!

 縦位置にすると、奥行きが強調され、遠くまで続く桜並木がきれいに撮れました。もちろん、花見を楽しむ人たちもいっしょ。このような人混みの記録も、そのうち思い出になるのでしょう。こういうのもきっちり撮っておかないともったいないですね。ARROWS Xでは通常のデジタルカメラとは異なる縦横比なので、こんな写真も撮ることができます。これはなかなか面白い体験でした。

 同じように、縦と横で面白い対比の写真を。今度は上野動物園の前でパシャリ。同じ位置ですが、縦位置と横位置でこんなに印象が変わります。あなたは縦と横、どっちがお好きですか?

04_ueno3.jpg 横位置だと広さが強調されます
05_ueno4.jpg 縦位置だと空に広がる桜が!青空ならばなお良かったのですが。

 このように、いろいろと楽しめるのもARROWS Xカメラの特徴。もちろん、この写真をTwitterやFacebookでシェアすることも簡単。この辺がデジタルカメラとの大きな違いですね。

 もう1つ、ARROWSのカメラについているパノラマ機能を使って、上野公園の広場をぐるりと撮影してみました。パノラマモードでシャッターを押し、ゆっくりと回りながら撮影するとこんなにワイドな写真も撮れます。

06_ueno_panorama.jpg パノラマだって撮影できます。

次は国立科学博物館――生き物と無機物、クジラとSLの対比

 上野と言えば、国立科学博物館を忘れてはいけません。ここには実物大のシロナガスクジラの標本と、本物のSL、D51が展示されています。生き物と無機物、ARROWSにはどう映るのでしょうか。

 まずはシロナガスクジラ。これは大変大きいので、まずは横位置で撮影に挑みます。

07_kujira1.jpg シロナガスクジラの標本全景。とても大きい!

 全景を撮るには大きな画角が必要。ARROWSならワイドな画面で撮影できるのが大きな特徴です。では、もうちょっと近づいて見ましょう。

08_kujira2.jpg 縦位置で撮影すると、ジャンプしたクジラがいままさに着水する瞬間が!
09_kujira3.jpg クジラと花をいっしょに。

 では、無機物の代表として(?)SLを撮影してみましょう。

10_sl1.jpg 縦位置で黒光りする機関車を撮影。
11_sl2.jpg 横位置で近づき、細かな足回りのメカを中心に。
12_sl3.jpg やや下から。やはりかっこいい!

ちょっと休憩、やっぱり食べ物撮影は楽しい!

 さて、散歩が一段落しましたので、ちょっとご飯とおいしいデザートを。ラーメンとケーキを接写してみました。やっぱりスマホで撮影するといえばこういう食べ物!みんなにシェアしちゃいましょう。

13_food1.jpg とんこつラーメンを接写。脂身に煮卵が大変おいしかったです。
14_food2.jpg でもやっぱりケーキ!いろんな角度からパシャリと。

散歩のお供には手軽なスマホカメラを!

 花見と博物館、そして食べ物を撮影しに軽く散歩してきましたが、やっぱりスマートフォンはお手軽に撮影ができて楽しいです。特に撮ったその場でシェアできるというのはとても楽しいもの。

 そして今回、ARROWS Xのカメラで撮影するときに「他と違う!」と思ったのは画面の広さと緻密さ。フルHDの美しさを5.0インチに凝縮したこのスクリーンは、カメラとして撮影するときもとても便利。構えたときに「広い!」と実感できるのです。今回のお散歩でも多くの方がスマホで撮影していましたが、ここまできれいで大きな画面を掲げている人はあまりいませんでした。

 カメラで“記憶”を残すなら、大きな画面ときれいな画像がいいに決まってます。ぜひ、皆さまもARROWSのカメラを触ってみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

関連リンク

ARROWSの情報を何でも掲載する研究所。コミュニティーも開設。

特集インデックス

ニュースやレビューなどARROWS関連記事を網羅!

最新記事一覧