arrows×ITmedia

Pick UP!

icon
1年半ぶりの新作:

富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows Tab F-04H」は、NTTドコモ向けのarrows Tabとしては1年半ぶりの“新作”だ。この機種の“見どころ”を、いくつかチェックしてみよう。(2016/09/30)

icon

富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows M03」は、増加の一途をたどるSIMロックフリースマートフォンの選択肢の1つだ。この機種の“見どころ”のいくつかをチェックしてみよう。(2016/09/29)

icon

防水やおサイフケータイに対応したSIMロックフリースマホとして人気を得ている「arrows M03」。実はドコモから発売されている「arrows SV」と中身は共通している双子モデルだ。あらためて、2機種の違いをチェックした。(2016/09/29)

icon
スマホはやはり“フォン”です!:

「arrows SV F-03H」は、スマートフォンの「フォン」の部分にも注力している。その力の入れ様を見てみよう。(2016/06/30)

icon

「arrows SV F-03H」はミドルレンジのスマートフォン。スペックこそ抑え気味だが、使って便利な“ちょうど”良い機能は充実している。さっそくチェックしてみよう。(2016/06/27)

icon

NTTドコモの2016年夏モデルとして登場する「arrows SV F-03H」は、より幅広いユーザー層を意識したミドルレンジスマホだ。“ちょうど良い”という「arrows Fit F-01H」のコンセプトを引き継ぎつつ、上質感を重視していることが特徴だ。(2016/06/22)

icon
素直に振り返ってこその「歴史」:

2010年12月の「REGZA Phone T-01C」発売以来、進化を続けてきた富士通のAndroidスマートフォン。「arrows先生」と一緒に、振り返ってみましょう。(2016/03/30)

icon

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」は凍った湖に穴を開けるドリルの回転に耐えられるのか? そしてワカサギは釣れるのか? さらに中の人も登場!(2016/03/11)

icon

スマホのナビって便利ですよね。でも方向が定まらず、その場でぐるぐるしちゃったことありませんか?(2016/02/12)

icon
SIMロックフリースマホメーカーに聞く:

2014年12月に投入した「ARROWS M01」に続く、第2弾のSIMフリースマホとして富士通が開発したモデルが「arrows M02」。おサイフケータイや防水・耐衝撃性能、VoLTEにも対応しながら、3万円台を実現。「想定以上に売れている」という本機の開発背景を聞いた。(2016/02/08)

icon

NTTドコモの2014年夏モデル「ARROWS NX F-05F」で、Android 5.0.2へのバージョンアップが始まりました。まだバージョンアップしていない人は、早めにバージョンアップしましょう。(2016/02/04)

icon
ぶらり乗車しない旅:

「モバイルSuica」が使えるようになったSIMフリーの「arrows」を持って、山手線を一周してきました。徒歩で。(2015/12/25)

icon

富士通の「らくらくスマートフォン」では、ユーザー同士が交流したりゲームを楽しんだりできる「らくらくコミュニティ」を利用できる。今回注目したのが「ゲーム」。スマホを使ったことがない70代の義父にらくらくスマートフォンを渡して使ってもらった。(2015/12/25)

icon

arrowsを選ぶとこんなに豪遊できるのです。(2015/12/24)

icon
どっちの認ショー:

富士通の携帯電話といえば、生体認証。2015年冬のarrowsは「指紋」と「虹彩」の2種類の認証を用意しているが、どちらの方が便利なのか。「arrowsジャーナリスト」(他称)が検証する。(2015/12/17)

icon

富士通のSIMロックフリースマホ「arrows M02」は、1台でドコモ、au、ソフトバンク/Y!mobileのネットワークに1台で対応できる。さっそく、手元にあるドコモ・auの格安SIM(と、キャリア純正SIM)で、さっそく使ってみよう。(2015/12/09)

icon

ドコモスマートフォン「arrows NX F-02H」は、米国国防総省の軍用基準「MIL-STD-810G」の14項目に準拠したタフネススマホ。カメラ機能も強化し、富士通のフラグシップスマートフォンとして着実な進化を遂げた一台だ。(2015/10/15)

icon

We broke up.(2015/09/30)

icon
和魂洋才?:

スマートフォン全盛のこのご時世。コミュニケーションツールも当然スマホシフト。コミュニケーションが全く取れないのは困るけどスマホはちょっと、という人のために生まれたのが「ARROWSケータイ F-05G」だ。現役iモードケータイユーザーでもある「ARROWSジャーナリスト」(他称)がその使い勝手をレビューする。(2015/08/11)

icon
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

ARROWS X F-02E以来、ずーっと超シンプルなカメラ撮影機能を貫いているARROWSシリーズのスマートフォン。その最新作である「ARROWS NX F-04G」でも、例に漏れず超シンプルなカメラで、誰でもかんたんに高画質な写真が撮れる。ただし、自撮りは“ある事情”から注意を要する。(2015/06/30)

icon
グワッと見開かなくても大丈夫:

「ARROWS NX F-04G」といえば、スマホ世界初搭載となる虹彩認証「Iris Passport」が話題だ。便利なのか、それとも不便なのか。他称「ARROWSジャーナリスト」が検証する。(2015/06/29)

icon

虹彩認証のおかげで僕も人生の勝ち組になれました!(2015/06/25)

icon
「ARROWS NX F-04G」先行レビュー:

ドコモの15年夏モデル「ARROWS NX F-04G」が、いよいよ発売を迎える。ITmedia Mobileが誇る、他称“ARROWSジャーナリスト”が、先んじてその魅力に迫る。(2015/05/28)

icon
どこまで近づいたかな?:

ドコモから6月下旬に発売予定の富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」は、従来のSymbian OSベースから、Androidベースのプラットフォームに移行している。どれだけ“ケータイ”しているのか、従来のiモードケータイと比較してみた。(2015/05/25)

icon
手袋タッチモードを搭載:

富士通の「ARROWS NX F-02G」は、陣取りゲーム「Ingress」に最適なスマホだった!? 最近レベル10に到達した新米エージェントが検証してみた。(2015/03/31)

icon

よだれで撮影できる機能も判明。(2015/03/31)

icon
僕の知ってる「ARROWS」と違うけど、それがいい:

富士通の「ARROWS M01」は、SIMロックフリースマホの中でも数少ない国産機の1つ。家電量販店でも気軽に購入できるようになった同機を“ARROWSジャーナリスト”がレビューしていく。(2015/03/26)

icon

皆さんにも忘れ去りたい記憶、ありますよね?(2014/12/26)

icon

畑と畑の間にあるあぜ道が青春でした。(2014/12/25)

icon

使いたいアプリが出てこない」「外で画面が見づらい」「肝心な時に画面が暗くなる」――。イマドキのスマホは、こんな小さな「イライラ」をなくすさまざまな機能が搭載されているのをご存じだろうか。さっそくチェックしてみよう。(2014/12/22)

icon
動画で見せます:

毎日使うスマホ、部品が取れてしまったり、塗装がはげたりしたら悲しいですよね。使いやすくて丈夫なスマホを作るため、どのような試験や組み立てが行われているのか? 実際の試験や組み立てのようすを、ARROWSを製造している富士通周辺機の工場で撮影した動画で見てみると……。(2014/12/18)

icon

ドコモから発売された富士通製Androidタブレット「ARROWS Tab F-03G」。筆者が実際に使って感じた端末の魅力をお伝えしたい。(2014/11/25)

icon

ARROWS+飛行能力=最強。(2014/07/31)

icon
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

有効約2070万画素CMOSカメラを搭載している「ARROWS NX F-05F」。使ってみて感じたのは「画質がけっこういい!」「撮影機能は超シンプル」「撮った写真を簡単に見られること」……の3つ。なかなかイケているのだ。(2014/06/26)

icon

移動中などのスキマ時間を効率的に使って仕事を片づけていくビジネスパーソンが増えました。ところで、スマホでビジネス文章を書くために効果的なツールといえば?(2014/05/30)

icon
文字入力だけではありません:

NTTドコモの2014年夏モデルとして登場する富士通のAndroidスマートフォン「ARROWS NX F-05F」。文字入力の快適さが一番のセールスポイントだが、魅力はそれだけではない。ひと足先に、その実力に迫る。(2014/05/30)

icon
ARROWS Xをアップデート:

スマートフォンの性能を引き出すにはOSのバージョンアップが不可欠。Android 4.2にアップデートするとこんなことができてしまうのです。ちょっと面倒かと思っている方もいるかもしれませんが、実は意外に簡単なんですよ。(2014/03/28)

icon
ARROWS Tab FJT21:

「ARROWS Tab FJT21」は、写真や動画の視聴に最適な10.1インチの大画面タブレット。フルセグにも対応しており、家にテレビがないイマドキの若者にピッタリの製品だ。(2014/03/28)

icon

最新スマートフォン vs 宇宙の叡智(えいち)(2014/03/28)

icon

話題の「ダンボール映画館」、ARROWSで作ってみました。(2014/03/27)

icon
らくらくスマートフォン:

「らくらくスマートフォン」と聞くと機能に制限があって使いにくいのでは……と考えているあなた。実は誰でも便利に使える端末なのです。(2014/03/26)

icon
ARROWS Tab:

4月は始まりの季節です。新しい場所、新しい部屋でスタートするには何が必要? 実はARROWS Tabがあれば、新生活が大きく変わるかもしれません。今回は、タブレット1枚で楽しめるいろんなことを取りあげてみましょう!(2014/03/25)

icon
ARROWS NX:

春の行楽シーズンに海外旅行に出掛ける人も多いのでは。今回は、海外でも便利なARROWSの使い方をご紹介。ガイドブックがなくても異国の街を楽しめてしまうかも。(2014/03/17)

icon
実は単なるテレビ電話だけじゃないのです:

テレビ電話というと「ちょっと面倒かな」と思って敬遠している人も少なくないでしょう。でも、Googleハングアウトを使えば簡単にコミュニケーションが可能です。ARROWS Tabの大画面なら、遠くの友達や親戚とも楽しく会話ができますよ。(2013/12/27)

icon
ARROWS Tab:

11月30日に発売されたタブレット「au ARROWS Tab FJT21」。フルハイビジョンを超える解像度、大容量バッテリーといったスペックもさることながら、デバイスを「使いたくなる」一番の条件である「軽さ」を実現しているのがポイントだ。(2013/12/04)

icon

「ARROWS NX F-01F」は、さまざまな工夫によってバッテリーの持ちが向上し、“3日持ちスマホ”と訴求している。実際はどれほど持つのだろうか。筆者が日常生活の中で検証してみた。(2013/11/29)

icon

「ARROWS NX F-01F」は本当に「3日間使えるスマホ」なのか? ねとらぼ編集部vs.ARROWS、ファイナルラウンド、ファイッ!(2013/11/25)

icon
映像や音楽を満喫できる:

筆者がスマートフォンで一番利用する機能が「動画視聴」。となると、AV機能がどれだけ充実しているかが気になるところ。というわけで、今回は「ARROWS NX F-01F」のAV機能をチェックした。(2013/11/15)

icon
ちょっと丸っこくなりました:

ドコモ向けARROWSの最新フラグシップモデルとなる「ARROWS NX F-01F」が10月24日に発売された。ARROWSブランドの2周年を飾る同機を、さまざまな側面からチェックしていく。(2013/11/01)

icon
「ARROWS Tab F-05E」:

セキュリティ対策をしっかりすればするほど、使い勝手が損なわれる――。これが仕事で使うタブレット端末の難しいところだ。富士通のARROWS Tabは、これを生体認証で解決。指紋認証をiPhone 5sより半年以上も前に実装していたのだ。(2013/09/27)

icon
ARROWS NX:

ノートPCは持ち運びには便利なものの、画面はどうしても小さめ。そこで今回は、ARROWS NXをノートPCの横に置き、使える情報を常時表示する、という使い方を提案します。(2013/09/26)

icon
ARROWS NX:

フライト中はどうしても退屈になりがちなもの。そこで、フルHD液晶を搭載したARROWS NXを「映画館」にして道中を楽しんでみました。(2013/09/25)

icon
ARROWS NX:

普段はあまり使わない。でも、いざという時にないと困るのがプリンタ。スマホを使って、コンビニのネットプリントサービスをより便利に活用してみましょう。(2013/09/17)

icon
「ARROWS Tab F-05E」:

外出先で仕事をしたいけどPCは重いしバッテリーも持たない。そんな私に上司から「ARROWS Tab F-05E」が渡された。タブレットってエンタメ用途じゃ……いいえ、最強のお仕事ツールに強化してみせます!(2013/09/13)

icon
ARROWS A:

1310万画素の高性能カメラを搭載したARROWS A。その「自然美麗高画質」を実感するには、大自然の中に飛び込むしかない! ということで、ARROWS Aを片手に、公園へ昆虫観察に出かけてきました。しかし……(2013/09/11)

icon
ARROWS A:

「ARROWS A 202F」を持ってぶらり広島帰省の旅へ。大容量バッテリーを備えたARROWS Aなら、長時間の新幹線移動も安心だ。高機能カメラで長旅の思い出もしっかり記録できる。(2013/09/11)

icon
ARROWS NX:

5.2インチ・フルHDの大画面で高精細のスクリーンを持つARROWS NX。写真も動画も、ひとりだけで見るのはもったいない! ケーブル1本で、もっと楽しむ方法をお教えします。(2013/09/09)

icon

あ、ありのままいま起こったことを話すぜ! 流しそうめんやろうと思ったら「流しARROWS」やってた。(2013/08/30)

icon
ARROWS A:

サバイバルゲーム初体験の筆者が頼りにしたのが、フィールドの場所や運動量などの通知から、現地での写真リポートまでこなすARROWS A。バッテリー持ちも良いとされるので、丸1日アウトドアで使い倒そうと考えていたが、その実力やいかに。(2013/08/02)

icon

大ヒットアプリ「100万のタマゴ」にねとらぼ編集部が挑戦の巻、完結編。今度こそ100万回タップ成功なるか!?(2013/07/29)

icon
汚れが付きにくく傷に強い:

毎日持ち歩くスマホにとって気になるのは傷や汚れ。富士通のARROWS NX F-06Eに採用された「ダイヤモンドタフコート」は、表面の耐久性をアップさせることで傷を付きにくくした新技術だ。(2013/07/26)

icon
ARROWS NX:

5.2インチの大画面フルHD液晶搭載の「全部入り」スマートフォンのARROWS NX。今回は、使ってうれしい、大画面を活かした楽しい使い方を紹介します。(2013/06/28)

icon
ARROWS A:

ARROWS A 202Fにインストールして夏フェスを楽しめるさまざまな音楽アプリやサービスを紹介します。音楽好きユーザーの皆様必見です。(2013/06/28)

icon
ARROWS A:

手書き入力、音声入力など、ARROWSのさまざまな入力機能を駆使し、朝日新聞のコラム「天声人語」のデジタルな書き写しにチャレンジ。美しい日本語が書ける素敵な大人になれるかも?(2013/06/28)

icon

かつて富士通のFケータイといえば鉄壁のセキュリティで知られ、特にプライバシーモードの強力さのおかげで「自分以外の人にケータイの中身を見られたくなかったらFしかない」と太鼓判を押す専門家が多かったのです。その伝統は富士通製スマホにも引き継がれているのか? 最新ARROWSで検証します。(2013/06/28)

icon
「ARROWS NX F-06E」に迫る:

これまでの多機能ぶりから一転、大胆なシンプルさを打ち出した「ARROWS NX」のカメラ。“そんなシンプルで大丈夫か”と心配になるが、使って見ると“大丈夫だ、問題ない”ことが分かる。(2013/06/28)

icon
ARROWS NX:

熱くもなく寒くもなく、お散歩にはいい季節になりました。そこで、今回はARROWS NXを片手に、鎌倉を歩いてみました。もちろん、スマートフォン時代の散歩ですので、ちょっとした記録を取りながら……。(2013/06/21)

icon
「ARROWS NX F-06E」に迫る:

ARROWSの“新生”フラグシップモデル「ARROWS NX F-06E」。今回は2013年のドコモ夏モデルで最大となる大容量3020mAhバッテリーの“実力”を簡単に検証するとともに、バッテリー持ちを良くするための機能を紹介する。(2013/06/21)

icon
ARROWS Tab:

観光スポットやイベント会場などで、スマートフォンを使って写真やビデオを撮っている人を見るのはもう珍しくありませんが、タブレットで撮影している人はまだ少ないですよね。でも、ビデオを撮ったり編集したりするなら、タブレットの方が都合がいいんです。(2013/06/14)

富士通モバイルコミュニケーションズの「ARROWS A 202F」のカメラには、1310万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーを採用。迷わず使えるシンプルなUIも特徴だ。使い勝手や画質をチェックした。(2013/06/14)

icon
ARROWS NX:

外出先での仕事に欠かせないノートPC。でも、スマホを使えばもっと身軽にモバイルワークができるかも。 ARROWS NXとキーボードを使ってどこまで仕事ができるか実験。(2013/06/13)

icon
「ARROWS NX F-06E」に迫る:

ARROWSの“新生”フラグシップモデル「ARROWS NX F-06E」。ドコモスマートフォン初のフルセグ対応を始めとして、動画や音楽をフルに楽しめる機能が盛りだくさんだ。今回はARROWS NXのAV機能を試してみる。(2013/06/07)

icon

ソフトバンクの夏モデル「ARROWS A 202F」は、5インチのフルHD液晶やフルセグなどトレンドスペックを押さえたハイエンドモデル。外観と機能を中心に独自仕様を徹底チェックした。(2013/06/07)

icon

Android発の大ヒットアプリ「100万のタマゴ」に、ねとらぼ編集部が本気で挑戦。16連射でスイカを割った“あの人”も登場!(2013/05/31)

icon
「ARROWS NX F-06E」に迫る:

ARROWSの“新生”フラグシップモデル「ARROWS NX F-06E」。その魅力を3回に分けてご紹介する。今回は今夏モデル最大サイズを誇る5.2インチフルHD液晶を始めとする本体まわりをチェックしていこう。(2013/05/31)

icon
これぞ真のハイエンドスマホだ:

ドコモの2013年夏モデルのスペックを比べると、ディスプレイサイズとメインカメラの有効画素数で最高クラスのARROWS NX(6月中旬発売予定)。しかし、その実力はスペックだけで決まるわけではなかったのだ。(2013/05/30)

icon
ARROWS NXの安定した実力を知る:

ドコモの2013年夏モデルで最大級のディスプレイを搭載し、ヒューマンセントリックエンジンで快適な環境を提供するARROWS NXに浸りきった女性の話を聞いてみる?(2013/05/24)

icon

5.2インチフルHD液晶、フルセグ、1630万画素の裏面照射型CMOSカメラ、そして3020mAhの大容量バッテリーを採用した「ARROWS NX F-06E」。充実した基本性能と多機能を併せ持つ、ARROWSブランド最新のハイエンドモデルだ。(2013/05/20)

icon
ハイスペックな夏モデル登場!:

ソフトバンクモバイル夏モデルのハイエンド機種「ARROWS A 202F」は、5.0インチの大画面ディスプレイにフルHD液晶を搭載し、業界で初めてフルセグに対応した“全部入り”モデルだ。(2013/05/09)

icon
ARROWS Tab:

スポーツをするのによい季節になってきました。今回はスポーツ練習や観戦に役立つアプリを紹介します。防塵防滴の「ARROWS Tab F-05E」ならグラウンドやプールサイドなどどこへでも持ち出して使えますし、解説映像も大画面で見られますよ。(2013/04/30)

icon

そう、ARROWSならね。(2013/04/30)

icon
ARROWS A:

富士通の独自技術「ヒューマンセントリックエンジン」による数々の健康アプリを試し続ける筆者。今回挑戦するのは「高橋尚子のウォーキングクリニック」。はたして美しいウォーキング姿勢を身につけられるか?(2013/03/29)

icon
「ARROWS X F-02E」に迫る:

富士通の「ARROWS X F-02E」は、有効約1630万画素の裏面照射型CMOSセンサーをカメラに採用し、従来機種から写りを大きく改善。ユーザーインタフェース(UI)もシンプルなものに変えた。その実力やいかに。(2013/03/29)

icon

この春に発売されるAndroid端末のなかでトップクラスの機能性を誇る「ARROWS A 201F」。“激速レスポンス”を実現したというクアッドコアCPUの実力とは――。定番ベンチマークアプリを使って検証してみた。(2013/03/29)

icon
ARROWS A:

「ちゃんと眠ったはずなのに、なんだかスッキリしないなぁ」「いびきがうるさいって言われるけど、本当だろうか……」――富士通のスマートフォン「ARROWS」シリーズなら、そんな悩みも解決できるかもしれない。(2013/03/27)

icon

「ARROWS A 201F」は、下り最大76Mbps/上り最大10Mbpsの高速通信サービス「SoftBank 4G」に対応する富士通製のスマートフォンだ。今回は、このフルスペックモデルの通信速度を4か所で計測し、その実力を確かめてみた。(2013/03/22)

icon
ARROWS Tab F-05E:

「ARROWSの高画質画面じゃ、もうワンセグは見てられないよ」という方、ワンセグとはちょっと違う、「DiXiM Player」でテレビを見る方法をお教えしましょう。(2013/03/18)

icon

日本のどこかには、まだ僕らが発見していないARROWSがあるかもしれない……。そうだ、ARROWSを探しに行こう!(2013/03/18)

arrows NEWS

提供:ITmedia/協賛:富士通株式会社
企画:アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile編集部/掲載内容有効期限:2016年12月31日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.