レビュー
» 2017年03月30日 10時00分 公開

音楽・動画も快適サクサク! 「arrows M03」のネットワーク機能をチェックする(1/2 ページ)

富士通コネクテッドテクノロジーズのSIMロックフリースマートフォン「arrows M03」は、上位機種と同等のネットワーク機能を備えている。さっそくチェックしてみよう。

[井上翔ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows M03」は、機能を充実させつつも3万円弱〜4万円弱(税別)と比較的手頃な値段を実現した、国産SIMロックフリースマートフォンだ。

 M03はスペック的にはミドルレンジ(中位)だが、一般的なミドルレンジモデルでは省かれがちな便利なネットワーク機能を備えている。この記事では、それを見ていこう。

arrows M03 arrows M03

「安定×高速」を実現する「マルチコネクション」

 一般的なのAndroidスマートフォンでは、モバイル通信(LTE/3G)とWi-Fi(無線LAN)の両方につながっている場合、Wi-Fiでのみデータ通信を行う。この場合、Wi-Fiの電波が弱まったり切れたりするとモバイルデータ通信に切り変わる……のだが、この時にデータが「瞬断」する。

 アプリによっては、この瞬断でエラーが生じることがある。1回や2回程度であれば「まあ、もう一度……」ともなるが、何度も瞬断によるエラーが生じると、普段は温厚でも堪忍袋の緒が切れてしまう人もいるだろう。何より、何回もリトライすることによってモバイル通信のデータ量を「ムダ使い」してしまうことにもなる。

 このような「データ瞬断問題」への対策として、M03では「マルチコネクション」という技術を搭載している。この技術は、Wi-Fi接続中もモバイルデータ通信を待機させておき、Wi-Fi通信に問題が発生した際にシームレスに引き継げるというもので、データのダウンロードが長引いている時や動画の視聴時に威力を発揮する。

マルチコネクションの模式図 マルチコネクションの模式図(公式サイトから引用)

 このマルチコネクション機能はarrows(ARROWS)のハイエンドモデルを中心に搭載されてきたが、ミドルレンジモデルであるM03にも搭載されており、標準で「オン」となっている。富士通コネクテッドテクノロジーズとしてはイチオシの機能ということなのだろう。

 実際、地下鉄のように公衆Wi-Fiスポットが「圏内」「圏外」を繰り返すような場所や、無線LANルーターが無数にある場所では、マルチコネクションによる接続安定化効果はてきめんだ。よほどの事情(後述)がない限り、マルチコネクションはオンのままにすることをオススメしたい。

マルチコネクションは標準で「オン」 M03では、マルチコネクションは標準で「オン」となっている

 マルチコネクションは、通信を高速化する「高速ストリーミング&ダウンロード」機能も備えている。

 高速化の手法としては、モバイルデータ通信とWi-Fiデータ通信の「同時通信」と、データダウンロード時に使うセッション(通信数)を増やす「マルチセッション」の2つを併用している。高速ストリーミングは「YouTube」で、高速ダウンロードは原則として全てのアプリで利用可能だ。

 高速ストリーミング&ダウンロード機能を使いたい場合は、マルチコネクションの設定を「安定通信」から「ハイスピード」に切り替える必要がある。端末設定から「Wi-Fi・Bluetooth」→「マルチコネクション」と進み、「モード選択」画面で「フルスピード」を選択すればOKだ。ただし、ハイスピードモードにすると、Wi-Fi接続中でも積極的にモバイル通信を利用するため、バッテリー消費と、データ通信量の消費も若干増えることに注意が必要だ。

ハイスピードモードに設定 高速ストリーミング&ダウンロード機能を使いたい場合は、マルチコネクションの設定を「ハイスピード」モードに設定する必要がある

 なお、マルチコネクション機能のオン/オフは、通知パネルスイッチまたは端末設定のマルチコネクションから行える。一部アプリでは、マルチコネクションがオンだとうまく通信できないこともあるため、端末設定ではアプリ単位でのマルチコネクションの有効/無効も切り替えられるようにもなっている。

マルチコネクションはアプリ単位で有効/無効を切り替えられる マルチコネクションはアプリ単位で有効/無効を切り替えられる
動画も快適 動画のストリーミングサービスも快適に視聴できる

ストリーミングサービスにピッタリなSIMカード

 マルチコネクション(特に安定通信面)において、一番恩恵にあずかれるサービスは、音楽や動画のストリーミングサービスだ。

 SIMロックフリースマホであるarrows M03に、ストリーミングサービスのパケット通信料を「カウントフリー(無料)」とするMVNOサービスのSIMカードを組み合わせると、より快適な音楽・動画ライフを楽しめる。

 3月27日現在、ストリーミングサービスのカウントフリーサービスを提供しているMVNOサービスは以下の通り。

  • BIGLOGE SIM:YouTube、Google Play Music、Abema TV、Spotify、AWA
    ※6GB以上の容量プランで「エンタメフリー・オプション(月額480円または980円)」に加入する必要あり
  • LINEモバイル(MUSIC+プランのみ):LINE MUSIC
  • J:COM MOBILE:J:COMオンデマンド(アプリ経由での視聴時)
    ※ arrows M03の端末セットを購入する必要あり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月05日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判 (2023年12月04日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【12月4日最新版】 20%還元や全額還元のお得な施策多数 (2023年12月04日)
  10. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)

過去記事カレンダー