ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SIMロックフリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

5Gミリ波対応の「Xperia PRO」が2月10日発売 約22万円でプロユースを想定
ソニーモバイルが、5Gミリ波に対応した「Xperia PRO」を2月10日に発売する。カメラ機材の外部モニターや、ライブ中継用のデバイスとして使うことを想定している。ミリ波を効率よくつかめるよう、ミリ波のアンテナを本体の上下左右4箇所に搭載した。(2021/1/27)

子どもが持ってうれしくなるモノを Hameeがキッズ向けスマホを開発する理由
見守り機能を備えた子ども向けのケータイやスマホは、SIMロックフリースマホやMVNOではまだ珍しい。そんな中、「iFace」などのスマートフォン向けケースでおなじみのHameeが、小学生をターゲットにしたスマートフォンを開発。OSにAndroid 9 Go Editionを採用していたり、組み込み型のチップSIMを採用していたりと、技術的にもチャレンジングな取り組みが多い。(2021/1/26)

Apple PayのQUICPayでiPhoneやAirPods Proを購入すると5000円割引 JCBがキャンペーン
ジェーシービーは、1月16日から「iPhoneとAirPods・AirPods Proセット購入キャンペーン」を開始。1月31日までに対象製品をApple PayのQUICPayでセット購入すると、税込価格から5000円割引される。(2021/1/15)

auの「povo(ポヴォ)」、気を付けるべき点は?
KDDIと沖縄セルラー電話が、新たな料金ブランド「povo(ポヴォ)」を発表した。まだ決定していないことを含めて、現時点で分かっていることを簡単にまとめた。(2021/1/13)

折り畳みディスプレイは弱点克服 次は「三つ折り」「ローラブル」?──モバイル端末の2021年を占う
2020年には初期のフォルダブルディスプレイの技術の弱点を補いつつ、さまざまな画面サイズや利用スタイルを採用したモバイル機器が登場した。「フォルダブル」の2020年を振り返りながら、モバイル端末を変えうる次の技術を占う。(2021/1/12)

KDDI、MNP転出手数料3000円を廃止へ
KDDIが、au、UQ mobileから電話番号はそのままで他社の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)3000円を4月1日に無料化する。(2021/1/12)

コンパクト頂上決戦「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」を徹底比較する
片手で使いやすい5G対応のコンパクトハイエンドスマホ「iPhone 12 mini」と、大画面での使いやすさを両立した「Xperia 5 II」を比較してみた。(2021/1/11)

楽天モバイル、実質0円でスマホ「Rakuten Hand」を販売
楽天モバイルがスマートフォン「Rakuten Hand」を実質0円で販売する。(2021/1/7)

Mobile Weekly Top10:
2020年を代表するスマートフォンたち/ドコモの「ミリ波5G」の実力
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2020年も行われました。今回は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」のそれぞれで選ぶことになりましたが、果たしてどのスマホが選ばれたのでしょうか……?(2021/1/6)

ムスビー、中古スマホ2020年12月&年間ランキング発表 1位は「iPhone 8」
ムスビーは、2020年の年間と2020年12月の中古携帯/スマホランキングを発表。それぞれ1位は「iPhone 8」で、12月のAndroid機種別ランキング1位は「Xperia XZ1 SOV36」となった。(2021/1/5)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(11月編): サブブランドの値下げは「羊頭狗肉」?
2020年11月はNTTドコモの新製品発表が注目を集めました。しかし、ある意味でそれを超えるインパクトを後々にもたらしたのは、武田良太総務省の「羊頭狗肉」発言でしょう。(2020/12/31)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(10月編):1カ月遅れでやってきたiPhone祭り(発表編)/iPhone 12シリーズは5G契約が必要?
新型コロナウイルスの影響で、2020年は新型iPhoneの発表が例年よりも1カ月ずれ込みました。その影響で、記事アクセス数的な意味でのiPhoneフィーバーも1カ月遅れで到来しました。(2020/12/30)

石野純也のMobile Eye:
政府主導で進んだ料金値下げ/静かな船出も普及の兆しを見せた5G――2020年のモバイル業界を総括
コロナ以上にモバイル業界を振り回したのが、政府主導の「官製値下げ」だ。2020年は1年を通じて料金が話題を集めた。3月にMNOが3社そろって5Gのサービスを開始したのも、モバイル業界にとって大きな転換点だった。AndroidのミドルレンジモデルやiPhone 12シリーズの登場を機に、普及の勢いに弾みをつけている。(2020/12/30)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(8月編):SIMフリーXperiaが拡充/消えた「フォートナイト」
2020年8月のアクセス数トップ10を紹介。1位は9月のスマホ決済キャンペーンのまとめ。3位は、9月に発表された「Xperia 5 II」の予告に関する記事がランクイン。(2020/12/28)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020:審査員が選ぶ「2020年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月中旬、2020年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」の審査会を開催しました。審査の対象となるのは、2019年12月17日から2020年12月7日までに発売したスマートフォン。今回は、審査員が推薦した5機種とその理由を紹介します。(2020/12/25)

「プラチナバンドがなければ競争は困難」 楽天モバイルが既存周波数の再編を訴える
総務省が12月23日に開催した「デジタル変革時代の電波政策懇親会」にて、楽天モバイルがプラチナバンドの再編を訴えた。楽天モバイルに現在割り当てられている周波数は、LTEは1.7GHz帯の40MHz幅のみで、700MHz〜900MHz帯のプラチナバンドは割り当てられていない。新規参入事業者に対しても、既存周波数の再配分も含めて機会の平等を実現してほしいと訴える。(2020/12/24)

シャープ、SIMフリーAQUOS向け「モバイル補償パック」提供開始
シャープは、SIMロックフリー「AQUOS」向けに「モバイル補償パック」を提供開始。故障や水没などの各種トラブル発生時には同機種と交換し、加入期間中の自然故障はメーカー保証期間(1年間)を超えても無償修理する。(2020/12/22)

「料金プラン見直して」──総務省、携帯電話契約のポータルサイトを公開
総務省が、携帯電話の料金プランを確認するよう国民に呼び掛ける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公開した。(2020/12/21)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone 12(64GB・SIMフリー)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/12/18)

早くも「OneMix 4」の情報が飛び出したTiger Lake搭載の超小型PC「OneGx1 Pro」発表会
超小型のゲーミングPCで話題を集めた「OneGx1」に、ついにTiger Lake搭載の上位モデル「OneGX1 Pro」が加わった。1月31日の発売に先駆けて開かれた、製品発表会の模様をお届けする。(2020/12/16)

シャープ、「AQUOS sense4 plus」のSIMフリーモデルを発売 12月25日から順次
シャープは、12月25日から「AQUOS sense4 plus」を順次発売。スマートフォンAQUOSとして過去最大の約6.7型フルHD+ディスプレイを搭載している。価格(税別)は4万円台後半。(2020/12/15)

ドコモとソフトバンクはいまだ「スマホ向けeSIM」に消極的 KDDIは一歩前進
総務省が12月8日、第2回の「スイッチング円滑化タスクフォース」を開催した。第2回では、eSIMの促進について、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに対してヒアリングを行った。eSIMを提供する上での課題として「セキュリティ上の懸念」「ユーザーの利便性を損なう恐れ」が挙がっている。(2020/12/11)

FeliCa搭載、eSIM対応で2万円 楽天、小型・軽量スマホ「Rakuten Hand」発売
楽天モバイルが手のひらサイズのSIMロックフリースマートフォン「Rakuten Hand」を発売。FeliCaを搭載し、契約情報を電子的に書き換えられる「eSIM」に対応。価格は税込み2万円。(2020/12/8)

IoT家電を取り扱う+Styleが“とがったSIMフリースマホ”を販売する狙い
世界各国のIoTガジェットや、自社ブランドのスマート家電など、ネットにつながる家電製品を取り扱う+Styleが、SIMロックフリースマートフォンのコーナーを新設した。ラインアップも大幅に拡充し、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」を独占的に先行販売。同社の主力はIoTガジェットやスマート家電だが、なぜSIMロックフリースマホの販売を強化するのか。(2020/12/8)

ふぉーんなハナシ(ロング版):
ドコモの「データプラス」を電話で「5Gデータプラス」にするまでのドキュメント
NTTドコモが、FOMA/Xi契約から5G契約への契約変更を電話でも受け付け始めました。早速、電話で手続きしてみました。(2020/12/7)

PR:iPhoneユーザー必見、先着3000人限定! アンケートに答えてIIJmioのeSIMを体験してみよう
発売されたばかりのiPhone 12シリーズを購入した人、または購入を検討している人は多いだろう。iPhone XS以降のiPhoneは「eSIM」に対応しており、これを活用することで、通信費がよりお得になる。IIJmioの「お試しeSIMサービス」では先着3000人にeSIMを配布しているので、ぜひ試してほしい。(2020/12/3)

SIMフリーのiPhone 8や7が上位に ムスビーの11月中古スマホランキング
ムスビーは、2020年11月中古携帯/スマホランキングを発表。総合ランキングは上位7機種がSIMロックフリー版のiPhoneシリーズとなり、Androidランキングではauの「Xperia XZ1 SOV36」が1位となった。(2020/12/2)

第11世代Core搭載ポータブルゲーミングPC「OneGx1 Pro」ティーザーサイトがオープン
テックワンは、One-Netbook Technology製ポータブルゲーミングPC「OneGx1 Pro」の日本語ティーザーサイトを開設した。(2020/12/2)

オリコンのMVNO満足度ランキング SIM単体はBIGLOBEモバイル、端末セットはイオンモバイルが1位
oricon MEは、格安SIM/スマホ満足度調査の結果を発表。格安SIMの総合1位はBIGLOBEモバイル、格安スマホの総合1位はイオンモバイルとなった。(2020/12/2)

SIMフリー5Gスマホユーザーに朗報:
ドコモが「5G」への契約変更を電話でも受け付け 12月1日から
NTTドコモが、端末購入を伴わない5Gへの契約変更を12月1日から電話でも受け付ける。SIMロックフリーの5G対応iPhoneやAndroidスマートフォンを使いたいユーザーには朗報だ。(2020/11/30)

eSIM開放やキャリアメール持ち運びの課題は? 総務省が「スイッチング円滑化タスクフォース」で論点整理
総務省が第1回「スイッチング円滑化タスクフォース」を11月26日に開催した。主な検討事項は、eSIMの促進、SIMロック解除の一層の推進、キャリアメールの持ち運びに向けた検討、MNP手続きのさらなる円滑化に向けた検討など。eSIMの提供は、セキュリティ上の懸念があるとキャリアから意見が挙がっている。(2020/11/27)

携帯料金「むしろ高いほうに誘導」 武田総務相が痛烈批判
武田良太総務相は27日の閣議後会見で、携帯電話料金の値下げをめぐり「料金が高い主力ブランドへの囲い込み策が存在している」と指摘し、「むしろ安い方から高い方に誘導している感じがある」と携帯大手を痛烈に批判した。(2020/11/27)

「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」が最も安いのはどこ? キャリアとAppleで比較
「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」の価格を3キャリアとAppleで比較。一括価格はAppleが最も安いが、割引施策を加味すると、ドコモやauが安くなる。Appleはキャリア契約付きで購入すると、8000円の割引を受けられる。(2020/11/25)

総務省、5G周波数に1.7GHz帯(東名阪以外)を追加割り当て
総務省が11月20日、東名阪以外の1.7GHz帯を5Gの追加周波数として割り当てる計画を発表した。追加割り当ての対象事業者は1社。5Gのエリア展開やアクション・プランを踏まえた取り組みがあるかどうかなどを審査する。(2020/11/20)

SIMロックフリーの「AQUOS sense4」が11月27日に発売 DSDV対応、3万円台後半
シャープは、SIMロックフリースマートフォン「AQUOS sense4(SH-M15)」を11月27日に発売する。SIMロックフリーならではの特徴として、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している。実売想定価格は税別で3万円台後半。(2020/11/19)

Mobile Weekly Top10:
11月11日は「ポテトの日」だった?/Apple Storeでキャリア契約付き「iPhone 12 mini」を買う
11月11日はいろいろな「記念日」に指定されているようです。楽天ポイントとマクドナルドでは「ポテトの日」と称し、楽天ポイントの還元率を引き上げるキャンペーンを実施しました。(2020/11/16)

石野純也のMobile Eye:
「エリア拡大」「ZERO宣言」でユーザー増も、課題山積の楽天モバイル 有料化までに解消できるか
楽天モバイルの申し込み件数が160万を突破し、徐々にユーザー数が拡大している。自社回線エリアの拡大と各種手数料を無料化した「ZERO宣言」がじわじわと効いている印象だ。エリアについても前倒しで進めているが、不安がゼロになったわけではない。(2020/11/14)

ふぉーんなハナシ:
Apple Storeでキャリア契約とひも付いた「iPhone 12 mini」を買うことにした件(購入編)
Apple Storeで大手キャリア(NTTドコモ)回線からの契約変更で「iPhone 12 mini」を買うことにした筆者。今回は、実際に購入するまでの軌跡を追います。【追記】(2020/11/13)

中古市場で最も大きな課題は「ネットワーク利用制限」 RMJ粟津理事長が提言
中古端末事業者向けに制定した「リユースモバイル事業者認証制度」で、日本テレホン、携帯市場、ソフマップ、ブックオフコーポレーションが認証を受けた。リユースモバイル・ジャパンの粟津理事長は、現在の中古市場で最も大きな課題はネットワーク利用制限だと言う。総務省に対して改善を求めていく。(2020/11/13)

「Pixel 5」徹底レビュー 星空も撮影できるカメラ、4キャリアの5G+eSIM対応が魅力
Googleからミッドレンジの5G対応Android 11スマホ「Pixel 5」が発売された。星空撮影や超解像ズームなどGoogleの画像処理技術が注ぎ込まれたカメラを利用できる本機について、カメラ機能を中心にレビューしていく。(2020/11/13)

ゲオの中古スマホ10月ランキング 買い取りで「iPhone 8」が伸びる
ゲオは、11月11日に「ゲオ中古スマートフォン10月月間ランキング」を発表。販売ランキングは3キャリアとも1位は引き続き「iPhone 7」で、買い取りランキングでは「iPhone 8」がランクアップ。(2020/11/12)

ふぉーんなハナシ:
Apple Storeでキャリア契約とひも付いた「iPhone 12 mini」を買うことにした件(予約編)
リアルのApple Storeでは、回線契約とひも付かない(SIMロックフリー版)iPhoneだけではなく、大手キャリアの契約とひも付いたiPhoneも購入できます。大手キャリアの契約とひも付いたiPhoneを購入すべく、Webで予約をしてみることにしました。(2020/11/11)

楽天モバイル、「AQUOS sense4 lite/Plus」「OPPO A73」を発売
楽天モバイルは、楽天モバイル限定モデルの「AQUOS sense4 lite」を11月12日から発売。購入者の中から抽選で3000人「楽天ポイント」を2000ポイント還元する。また、11月下旬以降に「AQUOS sense4 plus」、12月1日に「OPPO A73」を発売する。(2020/11/10)

SIMフリー「OPPO A73」登場 4眼カメラやeSIM+nanoSIM搭載、税込み約3万円
オウガ・ジャパンが11月10日、OPPO製のSIMロックフリースマートフォン「OPPO A73」を11月20日から順次発売する。レザー超に仕上げた背面やスリムなボディーが特徴的で、カラーはネービーブルーとダイナミックオレンジの2色で展開する。(2020/11/10)

月額490円からの中古スマホレンタルサービス「みんなのスマホ」 iPhoneやiPadも
携帯市場は、中古スマホ・タブレットのサブスクリプションレンタルサービス「みんなのスマホ」を提供開始。月額490円(税別)からでSIMロックフリー端末のみ提供し、バッテリーは残量が良好なものを使用している。利用期間は最短30日。(2020/11/6)

「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」のスペックを比較 大画面ハイエンド5Gスマホの特徴は?
2020年の冬商戦で大画面のハイエンドスマートフォンを買いたいけれど、どれがいいのか迷っている――そんな人もいると思います。そこで、5Gに対応する「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」の3機種の主な特徴を横並びで比べてみました。(2020/11/5)

小型かつハイスペック 「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」を比較する
「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」は、小型でありながらスペックが高いモデル。2機種のスペックを比較する。最も大きな差は価格かもしれない。(2020/11/4)

「iPhone 11 Pro」から「iPhone 12 Pro」に乗り換えて満足した/微妙だったこと
「iPhone 11 Pro」から「iPhone 12 Pro」に乗り換えた筆者。スクエアなデザインやカメラ、使い放題の5Gにも満足している。iPhone 12にすべきか12 Proにするかで悩んだが、決め手になったポイントは?(2020/11/4)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 12シリーズに5G契約は必要?/5G対応の「ZenFone 7」が日本でも
大手キャリアはiPhone 12シリーズの利用には5G契約が必須としています。ただし、一部キャリアはLTE(4G)契約でも一応は通信できるようです。同様に、LTE回線を利用するMVNOサービスも、構成プロファイルを入れればiPhone 12シリーズで利用できます。(2020/10/30)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「スマホが売れないのは改正法のせい」と噛みつく――総務省は「5G端末を特例扱いはしない」と一蹴
総務省がまとめた「競争ルールの検証に関する報告書2020」に対するパブリックコメントが公表された。注目すべきは、米Qualcommが提出した「端末販売の減少は、改正電気通信事業法が施行された直後から始まっている」という意見。総務省はこれを事実上無視した。(2020/10/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。