初心者からフル活用したい人まで――SIMカード特集

スマートフォンの普及に伴い、MVNO(仮想移動体通信事業者)が通信キャリアの回線を借りて提供するデータ通信サービスが急増しており、通信料を抑える手段の1つとして注目を集めています。ここでは、SIMの基本情報や、MVNOが提供するSIMサービス、そしてSIMロックフリー端末などに関する記事をまとめました。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
DMM mobile 1GB 660円 150Mbps 1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 150Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 150Mbps 30Mバイト/日
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 150Mbps 600Mバイト/月
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
SkyLinkMobile フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 150Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 150Mbps 200Mバイト/月
PLAY SIM プラン80M/day 880円 150Mbps 80Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
NifMo 2GBプラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
OCN モバイル ONE 70MB/日コース 900円 150Mbps 70Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 150Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 150Mbps 51Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 150Mbps 50Mバイト/日
hi-ho LTE ミニマムスタート 933円 150Mbps 2Gバイト/月
mineo シングルタイプ 980円 150Mbps 1Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 150Mbps 70Mバイト/日
freebit mobile 1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 150Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 150Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜1680円 150Mbps 3Gバイト/月

※2014年12月18日更新 ※freebit mobileは端末とのセット販売のみ

Special

おトク+αのうれしい特徴を備えた新MVNOサービス「NifMo」がニフティから誕生した。最新機種をお手軽に使えるのはもちろん、始めてスマホを使う人にもぴったりな「NifMo訪問レクチャー」サービスも利用できる。

(2014年11月27日)

そもそもSIMとは? MVNOって何?

SIM通:

携帯電話の「SIMカード」とは、そもそも何なのでしょう。

(2014年6月19日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
SIM通:

携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。

(2014年7月2日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

新しいMVNOサービス「freetel mobile」「NifMo」が登場し、各プランでの最安値が更新された。

(2014年12月3日)
格安SIM定点観測:

訪日外国人向け需要が高まるプリペイドSIMだが、国内ユーザー向けとして日本通信が「6ヶ月定額SIM」にnanoSIMを追加した。

(2014年12月5日)
格安SIM定点観測:

“業界最安”の座を狙う新しいモバイル通信サービス「楽天モバイル」「freetel mobile」「OCN モバイル ONE」が激しい価格競争を繰り広げている。

(2014年12月4日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

SIMの基本

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第6回:

格安SIMカードを販売しているMVNOは、ドコモから回線を借りていることが多く、SIMロックフリーでなくても、ドコモの多くのスマートフォンでSIMを使える。今回はそんなドコモ端末の買い方を紹介する。

(2014年4月4日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第8回:

MVNOが販売しているSIMカードは、ドコモ回線に対応したものがほとんどだ。ドコモのLTEスマホはテザリングが利用できるが、MVNOが提供するSIMカードでも同様に利用できるのだろうか。

(2014年5月2日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第9回:

格安SIMでは利用できるサービスには制限があるが、キャリアメールもその1つ。今回は格安SIMでメールを運用する方法を解説したい。

(2014年5月16日)

レビュー

NTTぷららとU-NEXTが提供する、容量無制限かつ定額でLTE通信を利用できるサービスが話題を集めている。実際のところ、どれだけ快適に通信できるのだろうか。複数スポットで調べてみた。

(2014年12月3日)
最新スマートフォン徹底比較:

MVNOサービスの増加に伴い、2014年夏ごろから、LTEに対応したSIMロックフリースマートフォンも増えてきた。本稿では2万〜4万円ほどで購入できるスマートフォン6機種を徹底比較する。まずは基本スペックと持ちやすさについて検証した。

(2014年11月27日)

MVNOのSIMを利用しつつ格安通話サービスを使って通話料を抑えようという企画の第3回目。今回は「楽天でんわ」「G-Call」「LINEでんわ」の3サービスをチェックする。

(2014年11月10日)
SIM通:

auのネットワークを利用した「mineo」は、データ通信ではLTEのみを利用します。auのLTEは都内では快適に利用できると言われていますが、地下ではどうでしょうか? 新宿駅と渋谷駅で試してみました。

(2014年10月16日)
使える? 使えない? 速さは?:

SIMフリー版「iPhone 6」でiPhone 5sのSIMは利用できるのか? キャリア3社のiPhoneで使われていたSIMを装着してみた。

(2014年9月19日)
おまえは今まで抜いたSIMの向きをおぼえているのか?:

格安SIMはどこで購入でき、実際に使えるようになるまでどのような開通手続きがいるのだろうか。一連の流れを見ていこう。

(2014年9月9日)
私が一番安くiPhoneを使えるんだ:

“格安SIM”という言葉は聞いたことあるけど、実際どうすれば使えるのか分からない人も多いだろう。編集部のiPhone 5sを実験台にして、どれだけ料金を節約できるか試していきたい。

(2014年9月2日)

SIM製品

フリービットは、子供がスマートフォンで利用できるアプリ、URL、電話番号、データなどを親が管理できるサービス「PandA KIDs」を12月24日から提供する。

(2014年12月17日)

DMM.comが、ドコモのネットワークを利用したモバイル通信サービス「DMM mobile」を12月17日から提供する。データSIMは月660円から、音声SIMは月1460円からのプランを用意した。

(2014年12月17日)

エックスモバイルは、もしもシークスのデータ通信専用「プリペイドSIM」と「SIMアダプターキット」を北海道と京都府のサークルKサンクス主要20店舗で発売した。

(2014年12月15日)

ソネットが、「So-net モバイル LTE」にて音声SIMとスマートフォン「Ascend Mate7」のセットを提供する。端末代と合わせて、1日360Mバイトの通信が月4980円で利用できる。

(2014年12月12日)

ソネットが、プリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を仙台空港内自動販売機で発売する。自動販売機には仙台の名所やオリジナルキャラ「むすび丸」などがデザインされたラッピングも。

(2014年12月11日)

キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネス市場向けの低価格なLTEデータ通信SIMの提供を開始。定額4プランを用意し、Wi-FiルーターやPCなどのセットモデルも提供する。

(2014年12月9日)
月々たったの1980円:

日本通信が、最大通信容量に制限がない使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額」を販売開始。月額料金は1980円。ライトプランや音声付きプランも用意している。

(2014年12月8日)

エヌディエスの「TikiTikiインターネット」で、データ通信と音声通話を組み合わせたSIMカード専用プラン「Tikiモバイル 通話SIM」が販売開始。事務手数料の無料キャンペーンも行う。

(2014年12月3日)

CCCが子会社「CCCモバイル」を設立。来秋にMVNOに参入し、オリジナルスマートフォンを発売する。

(2014年12月1日)

これまで「OCN モバイル ONE」でデータ通信対応SIMのみを提供してきたNTTコミュニケーションズが、12月1日から音声SIMを提供する。料金は月額1600円から。「050 plus」が月額無料で使えるほか、音声SIMの追加とデータ容量のシェアも可能だ。

(2014年12月1日)

ワイモバイルは、大手3キャリアに並ぶMNO(キャリア)だが、ソフトバンクのMVNOとしてSIMカード単体の販売も行っている。そこには、ワイモバイルが12月4日から提供する「シェアプラン」と大きなつながりがあった。詳細を寺尾洋幸氏に聞いた。

(2014年11月28日)
石川温のスマホ業界新聞:

MVNO事業開始より1周年を迎えたフリービット。今後は全国でフランチャイズ展開をすることを表明した。

(2014年11月28日)

ニフティが開始した「NifMo」は、従来の格安SIMや格安スマホとはちょっと違うというMVNOサービス。買い物でおトクなる仕組みや、老舗ISPならではの充実したサポートを備えている。

(2014年11月26日)

専用アプリから買い物をすると、数%が還元される「NifMo バリュープログラム」も用意した。

(2014年11月26日)

IIJのモバイルデータ通信サービスでデータ量をリチャージできる「IIJmioクーポンカード」が全国のローソンで販売を開始。ローソン限定のデータ増量キャンペーンも行う。

(2014年11月18日)

サービス開始から1周年を迎えた「freebit mobile」。既存サービスを大幅にアップデートするほか、全国の非スマホユーザーにリーチするため、フランチャイズ展開も行う。

(2014年11月17日)

「freebit mobile」の通信速度と高速通信チケットの内容が大幅に改定された。

(2014年11月17日)

SIMロックフリースマホブランド「freetel」を展開するプラスワン・マーケティングは、月670円から利用できる格安SIMを11月13日に発売する。LTE通信と音声通話が利用できる。

(2014年11月12日)
MVNOに聞く:

Wi-Fiスポットの提供を主力サービスとしていたワイヤレスゲートは、それを補完するためにMVNOとなり、ドコモのネットワークを利用したSIMカードの提供を開始した。月480円で250Kbpsという価格のインパクトが大きいが、同社がMVNOを始めた理由をあらためて聞いた。

(2014年11月7日)
MVNOに聞く:

「OCN モバイル ONE」でデータ通信サービスを提供しているNTTコミュニケーションズが、10月1日から4つのプランでデータ通信量を増量したほか、3日で366Mバイト通信した場合の速度規制を撤廃した。こうした改定の狙いと今後の展開について、NTTコムに聞いた。

(2014年11月4日)

ケイ・オプティコムが、通信サービス「mineo」の利用者と、新たに契約した人を対象に、1Gバイト分のデータ容量を増量する。

(2014年10月31日)

フュージョンは、データ専用SIM「楽天ブロードバンド LTE」の4プランで通信容量を増設。11月から利用できる。

(2014年10月31日)

U-mobileは、速度制限も通信料制限も設けない格安SIMサービス「LTE使い放題プラン」を発表した。11月から提供を開始する。月額2480円。

(2014年10月31日)

U-NEXTは、音声通話機能付きSIMカード「U-mobile」のMNP転入における当日対応をU-NEXTストアで開始。

(2014年10月30日)

日本通信が、6カ月間SIMカードを使い続けられるプリペイドSIM「6ヶ月定額SIM」に、nanoSIMを追加した。

(2014年10月29日)
競合他社と比べてどれだけ安い?:

「キーワードは3分の1」――。楽天の三木谷社長がそう語る「楽天モバイル」。携帯電話サービスの提供は後発ということもあり、あらゆるプランで「業界最安」になるようこだわり、通信キャリアのプランと比べて料金を3分の1に抑えることを目指す。

(2014年10月29日)
ZenFone 5のセット販売も:

楽天グループが携帯電話事業に参入する。MVNOとして新しい格安通話サービス「楽天モバイル」を発表した。月額1250円から利用できる。【10/29 13:12更新】

(2014年10月29日)

日本通信のiPhoneやiPad向け大容量SIMカードが、10月30日に発売される。

(2014年10月24日)

「BB.exciteモバイルLTE」が、「LTE 1GBコース(SIM 1枚)」ほか4コースの月額利用料金を値下げ。また「LTE 500MBコース(SIM 1枚)」と「LTE 500MBコース(SIM 3枚)」は受付終了に伴い新規申し込みを停止する。

(2014年10月24日)

SIMロックフリー端末

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:

ASUSが日本で初めて投入したLTEスマートフォン「ZenFone 5」が大きな話題を集めている。自社のSIMカードとセットで販売するMVNOも多く、2万円台後半という安さも魅力だ。ZenFone 5導入の背景や価格設定の秘密などを、ASUS JAPANに聞いた。

(2014年12月18日)

LaVie Tab Sでも格安SIMでデータ通信をビシバシ使えるようになる! 

(2014年12月16日)

イオンの「イオンモバイル」から月額1680円のモバイルWi-Fiルーターが発売。LTEに対応し、通信容量は3Gバイト、5Gバイト、8Gバイトの選べる3プランを用意している。

(2014年12月11日)

auのネットワークを利用したデータ通信サービス「mineo」向けに、モバイルWi-Fiルーター「Aterm(MR03LE)」が発売された。また、データSIMの「シングルタイプ」にもSMSオプションが提供される。

(2014年12月10日)

10月29日にサービスを開始してから「想定以上に契約が増えている」という「楽天モバイル」。12月には2つの新機種を発表し、分割払いや楽天カフェでの契約も可能になった。バランスのよい3モデルがそろい、年末商戦に向けて攻勢をかける。

(2014年12月5日)
楽天カフェに実機を展示:

フュージョン・コミュニケーションズが展開している「楽天モバイル」に、スマートフォン2機種が追加された。Huaweiの「Ascend Mate7」が12月11日、シャープの「AQUOS SH-M01」が12月17日に発売される。

(2014年12月5日)
「Ascend Mate7」「Ascend G620S」発売:

HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」が12月12日に発売される。価格は税別で4万9800円。スペックを考えると「格安」だが、「安かろう悪かろう」にならない製品を投入し、日本のSIMロックフリー市場をさらに攻めていく構えだ。

(2014年12月4日)
Ascend Mate7は4万9800円:

HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」が12月12日に発売される。全国の家電量販店やオンラインショップなどで取り扱う。

(2014年12月4日)
フィーチャーフォンも:

「freetel」ブランドのSIMロックフリースマートフォンの新モデル「priori2」が12月下旬、フィーチャーフォンが1月下旬に発売される。「freetel LTE XM」の新色ホワイトも登場する。

(2014年11月28日)

富士通は、SIMロックフリーのAndroidスマホ「ARROWS M01」を12月5日から全国のイオンで発売する。

(2014年11月27日)
スマホと時計が合体:

単体で3G通信ができるSIMロックフリーのスマートウォッチフォン「SmartGear49」の予約が開始された。Android 4.4を搭載しており、GPSやカメラも備えている。2015年1月下旬に出荷予定。

(2014年11月14日)

円安の影響を受け、Apple Storeでの「iPhone 6/6 Plus」販売価格が8000円〜1万2000円アップした。

(2014年11月14日)

コヴィアは、SIMフリースマートフォン「FLEAZ F4s」を発売。コンパクトなボディにクアッドコアプロセッサ 1.2GHzを搭載し、機能を厳選したことで低価格を実現している。

(2014年11月11日)

Motorola製のAndroid 5.0搭載スマートフォン「Nexus 6」の価格がGoogle Playで案内されている。近日中に発売される予定だ。

(2014年11月10日)
2万2000円前後:

ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォンの新モデル「Ascend G620S」を12月中旬に発売する。5型のHD液晶、下り最大150MbpsのLTEに対応するミドルレンジのスペックを有している。

(2014年11月7日)

ASUSが日本で初めて投入するSIMロックフリーのスマホ「ZenFone 5」。持ちやすいボディ、LTE対応で5型HDのIPS液晶、独自技術を盛り込んだ800万画素カメラなど、価格を抑えながらデザインとスペックにこだわったモデルだ。その注目点をまとめた。

(2014年10月29日)

ASUS JAPANが、5型HD液晶を備えるSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 5」を11月8日に発売する。価格は16Gバイトモデルが2万6800円、32Gバイトモデルが2万9800円。

(2014年10月28日)

NTTレゾナントから、格安スマホ第2弾となるLTE対応のZTE製「Blade Vec 4G」が登場。

(2014年10月22日)
CAは非対応:

Appleは「iPad Air 2」「iPad mini 3」のSIMロックフリー版を10月18日に発売する。ドコモ、au、ソフトバンクのNano SIMが利用できる。

(2014年10月17日)
HTC製で399ドルから:

Google初の8.9型タブレット「Nexus 9」を発表。新OSのAndroid 5.0 Lを採用し、2048×1536ピクセル表示の高精細ディスプレイ、64ビットTegra K1を搭載する。

(2014年10月16日)

1440×2560ピクセル(493ppi)の超高精細ディスプレイに、光学式手ブレ補正付き1300万画素カメラを搭載。OSは最新のAndroid 5.0 L(Lollipop)。

(2014年10月16日)
-PR-