格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO

選び方が分からない格安SIMを徹底比較。データ通信容量や音声通話の有無の比較から、SIMロックフリー端末の情報まで、用途に合わせてスマホ費用を節約するための選び方をまとめて紹介します。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps 無制限
DMM mobile 1GB 660円 150Mbps 1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 150Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 150Mbps 30Mバイト/日
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 150Mbps 600Mバイト/月
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
hi-ho LTE hi-ho LTE typeD エントリー 770円 150Mbps 2Gバイト/月
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 150Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 150Mbps 200Mバイト/月
mineo シングルタイプ 850円 150Mbps 1Gバイト/月
PLAY SIM プラン140M/day 880円 150Mbps 140Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
NifMo 3GBプラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 150Mbps 2Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円 150Mbps 110Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 150Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 150Mbps 51Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 150Mbps 50Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 960円 150Mbps 2Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 150Mbps 70Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 3Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 150Mbps 70Mバイト/日
freebit mobile 1000円 500〜600kbps 無制限

TONE

1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 150Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 150Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜900円 150Mbps 3Gバイト/月

※2015年5月7日更新 ※freebit mobileとTONEは端末とのセット販売のみ

Special

ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMの基本は分かったけれど、どこで買えばいいの? 設定はどうするの? 今回は、au回線を利用できる数少ないMVNOサービス「UQ mobile」で詳細をチェックしていきましょう。

(2015年4月28日)

SIMの基本

ゼロから分かる格安SIM:

MVNOはさまざまな料金プランを提供していますが、どんなプランがあって、毎月どれくらいの料金がかかるのでしょうか? また格安SIMに乗り換えるべきタイミングはあるのでしょうか。

(2015年4月27日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMでは安くモバイル通信を利用できるけど、「できないこと」もけっこうあります。今回はそんなデメリットを解説します。

(2015年4月22日)
ゼロから分かる格安SIM:

SIMについては分かったけど、「格安SIM」ってなーに? 何が安いの? 何で安いの?

(2015年4月8日)
ゼロから分かる格安SIM:

「格安SIMに何となく興味があるけど、いまひとつよく分からない」という人たちへ贈る連載がスタート。第1回では「そもそもSIMとは?」というテーマを取り上げます。

(2015年3月24日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

春商戦に向けたプラン新設・料金改定がひと段落付いた4月の格安SIM戦線。しかし、au系格安SIMに5月・6月に向けた料金改定の動きが見られた。早速チェックしてみよう。

(2015年5月8日)
格安SIM定点観測:

維持費最安のデータSIMとして有名なワイヤレスゲートが音声通話に参戦。維持費最安値を実現した。その他、MNPの即日対応が可能な店舗販売に、拡大の動きが見られた。

(2015年5月11日)

MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。

(2015年1月15日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

レビュー

「iPhone 6 Plus対抗」を目指して開発されたHuaweiの「honor6 Plus」。基本スペックやカメラ機能を中心に、その特徴を見ていこう。

(2015年5月21日)
バッテリー持ちは?:

外観とUI・カメラに続き、今回のVAIO Phoneレビューは基本性能をチェックしてみた。ベンチマークアプリによる性能テストやバッテリー持ち、SIMカードの対応も確認している。

(2015年5月20日)
カスタマイズは自分で:

VAIO Phoneのレビュー2回目は、主にホーム画面などの使い勝手と、カメラについてチェックする。UIは素のAndroid 5.0そのものというシンプルなもので、メーカー独自のカスタマイズは最低限にとどまっている。

(2015年5月12日)
ZenFone 2レビュー(2):

ASUSの最新スマートフォン「ZenFone 2」をレビューしていく短期集中連載の第2回では、ホーム、アプリ、独自UIなどを調べた。

(2015年5月12日)
格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、NTTコミュニケーションズが提供するMVNO「OCN モバイル ONE」のSIMカードだ。

(2015年5月12日)
ZenFone 2レビュー(1):

発売間近の「ZenFone 2」をレビューする短期集中連載が開始。第1回では外観や持ちやすさ、片手での操作性をチェックした。

(2015年5月8日)

VAIOファンの大きな期待を背負って登場した「VAIO Phone」。“VAIO”ブランドであるが故に話題先行の面もあるが、今回は1台のスマートフォンとして冷静に見て行きたい。第1回は外観を中心にチェックする。

(2015年4月22日)
僕の知ってる「ARROWS」と違うけど、それがいい:

富士通の「ARROWS M01」は、SIMロックフリースマホの中でも数少ない国産機の1つ。家電量販店でも気軽に購入できるようになった同機を“ARROWSジャーナリスト”がレビューしていく。

(2015年3月26日)
格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、MVNOの老舗ともいえるIIJのSIMカードだ。

(2015年2月23日)

SIM製品

ニフティは、3年間の利用契約でAXGP/LTE/3Gが定額で利用できる新プラン「@nifty MOBILE(YM)4G 定額3年」を追加。併せて1万円キャッシュバックキャンペーンも行う。

(2015年5月20日)
本当に各社横並び?:

各キャリアから2015年5月以降に発売される携帯電話端末は、原則としてSIMロックの解除に対応している。そこで、各キャリアにおけるSIMロック解除手続きの方法を簡単にまとめてみた。

(2015年5月19日)
IIJ決算会見:

IIJが2015年3月期の連結業績を説明。ドコモの接続料の低減率が想定を下回った影響でネットワーク原価が増し、14年度の営業利益は前期比で11.3%減となった。MVNO事業は好調を維持しており、「IIJmio」の契約数は計43万に達した。

(2015年5月16日)
ライフスタイル提案型の新しいモバイルサービスを提供:

CCCモバイルが、「TSUTAYA mobile」の展開を開始する。5月15日のTSUTAYA 桜新町店を皮切りに、7月末までに全国12店舗まで拡大する予定だ。

(2015年5月15日)
最短3日→即日に:

U-NEXTは、U-mobileの「MNPセンター」設置店舗を順次拡大する。オンラインでは最短で3日かかっているMNP手続きが、即日で完了できる。

(2015年5月12日)
MVNOに聞く:

ニフティがMVNOとして提供している「NifMo」は、当初からセット端末を販売し、ショッピングに応じて通信料に還元する「バリュープログラム」を提供。そして「3つのし放題」を打ち出すなど、独自色が目立つ。そんなNifMoの戦略を担当者に聞いた。

(2015年5月8日)

U-NEXTは、モバイルデータ通信サービス「YAMADA SIM powered by U-mobile」の専用カウンターをヤマダ電機LABIの池袋、渋谷、なんばの3店舗に設置。新規受付をはじめMNPの即日引き渡しも可能とする。

(2015年5月7日)
安いだけではダメ:

5月5日、「Tのスマホ」こと「TONE」が始動する。安さばかりに目を向けられがちなMVNO市場だが、TONEは日本のスマホ環境を取り巻く5つのことを“変える”ことで、差別化を図る。

(2015年5月1日)
Tのスマホ、ついに登場:

トーンモバイルが、新しいスマートフォン「TONE」を発表。「安心できないところがないスマホ」を目指し、端末からサービスまで垂直統合スタイルで提供する。

(2015年4月30日)
IIJmio meeting 7:

IIJは通話料が半額になる「みおふぉんダイアル」というサービスを提供しているが、このサービスを使ってVoLTEで発信すると、iPhoneではおかしな挙動が見られるという。

(2015年4月29日)
IIJmio meeting 7:

ここ最近、IIJmioの通信速度が遅くなりつつある。中の人はどのように感じているのか? 原因と対策は?

(2015年4月28日)

BOJは「ロボットレストラン」と提携し、ディナーコースプランや体験型プログラムをパッケージしたプランを提供開始。同時に最大7000円分の割引特典をセットにした「BOJ mobile Prepaid SIM」も販売する。

(2015年4月28日)

ようこそSIMは、台湾発・日本着のトランスアジア航空機内全便でプリペイドSIMの販売を開始する。

(2015年4月28日)

Googleが提携キャリア(SrpintとT-Mobile)のLTE網と100万以上のWi-Fiスポットをシームレスに利用できる月額20ドル+データ通信料のモバイル通信サービス「Project Fi」を立ち上げた。1つの電話番号でiPhoneやMacでも通話とメッセージングが可能だ。

(2015年4月23日)

ニフティは、提携ショッピングサイトでの買い物やおすすめアプリのダウンロードで毎月の利用料金を割引する「NifMo バリュープログラム」をiOS向けに提供開始した。

(2015年4月21日)

hi-hoの格安SIMサービスに、エントリーコースが追加される。月額770円から利用でき、SMS対応SIMや音声通話対応SIMも取りそろえる。

(2015年4月21日)

「ZenFone 2」の国内販売を受け、NifMoと楽天モバイルが取り扱いを開始した。販売価格、特典などに違いがある。

(2015年4月20日)

イオンスマホの誕生1周年記念企画として、「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプラン(音声通話オプション付)の新規契約者向けに高速データ通信容量を家族でシェアできる「シェアSIMカード追加オプション」を提供開始した。

(2015年4月17日)

KVEは、auネットワークを使う格安SIM「UQ mobile」の通信容量を5月1日から増量する。データ無制限プランについては増速をキャンペーンから恒久化する。

(2015年4月15日)

エックスモバイルは、5月20日に「Xperia Z3(SO-01G)」を発売。既に販売している「Xperia Z3 Compact」「Xperia Z3 Tablet Compact」を加えフルラインアップとなる。

(2015年5月20日)
新ブランド「MADOSMA」を立ち上げ:

マウスコンピューターは、現在開発中となるWindows Phone搭載スマートフォンの概要を発表した。ブランド名は「MADOSMA」だ。

(2015年5月20日)

Huaweiが新スマホ「honor6 Plus」を発表し、楽天市場のオンラインストア「Vモール」で6月中旬に発売する。両者が協業したねらいとは?

(2015年5月20日)

Huaweiは、SIMフリーのグローバルスマホ「honor6 Plus」を国内展開する。直販サイト「Vモール」をオープンし、7型タブレットの「Media Pad T1 7.0」、スマホで使えるNAS「honor cube」も販売する。【画像追加】

(2015年5月20日)

hi-hoはの「hi-hoスマホ」第3弾にASUSのSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2」が登場。SIMカードのセットコース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with ZenFone 2」も併せて6月1日から提供開始する。

(2015年5月14日)

LTEに対応したSIMロックフリーのスマートフォン19機種をチェックしている本記事。第2回では、OS、プロセッサ(CPU)、バッテリー容量、カメラの画素数を比較した。

(2015年5月12日)

多数のSIMロックフリースマートフォンが登場し、選択肢が広がってきた。そこで、LTEに対応するSIMロックフリースマホのスペックを比較する。まずはディスプレイ、本体サイズ、重さをまとめた。

(2015年5月4日)

DMM mobileは、5月1日からASUS MeMoPad 7の販売を開始。5月15日からはASUS ZenFone 2の申込みも受け付ける。

(2015年5月1日)

ASUSがフラッグシップスマートフォン「ZenFone 2」を5月に日本で投入する。ASUSはどのような戦略でスマートフォン、そしてZenFone 2を売っていくのか。ジョニー・シー会長に聞いた。

(2015年4月30日)
箱も見せられません:

2015年の春夏モデルとして、スマホ2機種/タブレット3機種を取りそろえた楽天モバイル。実はもう1機種、楽天ならではの革新的なスマホを準備中だという。

(2015年4月23日)
楽天Edyが使える:

楽天モバイルが新たに「Xperia J1 Compact」の取り扱いを開始する。おサイフケータイ対応で「楽天Edy」に対応した。またLTE通信が利用可能なタブレット3機種も販売する。

(2015年4月23日)

NTTレゾナントが2015年度の事業戦略を説明。ポータルサービスの知見を結集した「gooのスマホ」投入も発表した。

(2015年4月22日)
ZTE BLADEがベース:

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、Android 5.0搭載のSIMフリー端末「gooのスマホ」3機種を発表した。

(2015年4月22日)
「禅太郎」初お目見え:

ASUSの「ZenFone 2」がいよいよ日本に上陸する。SIMロックフリースマホの“頂点”に君臨するZenFoneの新モデルは、ユーザーに5つの“体験”をもたらすという。

(2015年4月20日)
“性能怪獣”日本上陸:

ASUS JAPANは、SIMフリースマホ「ZenFone 2」の国内販売を発表した。32Gバイトモデルは2Gバイト/4Gバイトメモリとも5月16日に発売する。価格は3万5800円から。

(2015年4月20日)

ソニーモバイルコミュニケーションズはオリジナル壁紙や映画の特別映像、人気楽曲をプリインストールした「Xperia J1 Compact SNOOPY モデル」を発売。スヌーピーデザインのストア限定アクセサリーも用意している。

(2015年3月27日)

SIMロックフリースマートフォン「freetel priori2」に新色のパールホワイトが追加される。発売は3月21日。

(2015年3月20日)

「DMM mobile」が端末ラインアップにHuawei製スマホ「Ascend G620S」を追加した。一括価格は2万2200円。

(2015年3月19日)
SIMロックフリー? おサイフは?:

4.3型のHD液晶にGレンズ付きの2070万画素カメラを搭載したコンパクトなスマートフォン「Xperia J1 Compact」を、ソネット、ソニーモバイル、イオンが4月20日に発売する。ソネットの「PLAY SIM」とのセット販売となる。

(2015年3月19日)

富士通は、SIMロックフリースマホ「ARROWS M01」の販路を拡大し、3月21日より全国の家電量販店などで発売すると発表した。

(2015年3月19日)

イオンが格安スマホ「イオンスマホ」の新モデルを発表。「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」のほか、京セラ製の高耐久端末が投入される。

(2015年3月19日)

日本通信とVAIOがVAIOブランドのスマートフォン「VAIO Phone」を3月13日に発売する。端末価格は5万1000円で、月2980円からの音声通話付きSIMの料金プランを用意する(端末代含む)。

(2015年3月12日)
販売停止は継続:

Apple Storeでの「iPhone 6/6 Plus」販売価格が全モデルで1万1000円アップした。販売停止の状態も継続中だ。

(2015年3月11日)

SIMフリースマートフォン「freetel priori2」のLTE版が発売。テザリングやデュアルSIMにも対応し、1万7800円(税込)。

(2015年3月5日)
-PR-