格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO

選び方が分からない格安SIMを徹底比較。データ通信容量や音声通話の有無の比較から、SIMロックフリー端末の情報まで、用途に合わせてスマホ費用を節約するための選び方をまとめて紹介します。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
DMM mobile ライト 440円 200kbps 無制限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps 無制限
NifMo 1.1GBプラン 640円 225Mbps 1.1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 225Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 225Mbps 600Mバイト/月
mineo シングルタイプ 700円 150Mbps 500Mバイト/月
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 225Mbps 30Mバイト/日
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
hi-ho LTE hi-ho LTE typeD エントリー 770円 225Mbps 2Gバイト/月
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 225Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 225Mbps 200Mバイト/月
PLAY SIM プラン140M/day 880円 225Mbps 140Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 225Mbps 3Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ゲオスマホ 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 225Mbps 110Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 225Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 225Mbps 51Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 960円 225Mbps 2Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 225Mbps 140Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 3Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 225Mbps 70Mバイト/日

TONE

1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 225Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 225Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜900円 225Mbps 3Gバイト/月

※2015年7月3日更新 ※TONEは端末とのセット販売のみ

Special

ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMの基本は分かったけれど、どこで買えばいいの? 設定はどうするの? 今回は、au回線を利用できる数少ないMVNOサービス「UQ mobile」で詳細をチェックしていきましょう。

(2015年4月28日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMはオンラインで申し込むところが多いけど、申し込み方法は難しいの? 利用できるオプションサービスはどうなっている? 今回は、「楽天モバイル」で詳細をチェックしていきましょう。

(2015年5月28日)

SIMの基本

ゼロから分かる格安SIM:

MVNOはさまざまな料金プランを提供していますが、どんなプランがあって、毎月どれくらいの料金がかかるのでしょうか? また格安SIMに乗り換えるべきタイミングはあるのでしょうか。

(2015年4月27日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMでは安くモバイル通信を利用できるけど、「できないこと」もけっこうあります。今回はそんなデメリットを解説します。

(2015年4月22日)
ゼロから分かる格安SIM:

SIMについては分かったけど、「格安SIM」ってなーに? 何が安いの? 何で安いの?

(2015年4月8日)
ゼロから分かる格安SIM:

「格安SIMに何となく興味があるけど、いまひとつよく分からない」という人たちへ贈る連載がスタート。第1回では「そもそもSIMとは?」というテーマを取り上げます。

(2015年3月24日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

ぷららモバイルLTEがプラン改定で、7Gプラン最安値を達成した。しかし、「業界最安値」をうたうDMM mobileが黙っているはずもなく――。

(2015年6月1日)
格安SIM定点観測:

音声通話対応格安SIMの“弱点”であるMNP時の通信途絶期間。それをゼロに近付けるため、MVNO各社は店頭窓口の設置を進めている。一方、DMM mobileの「業界最安値」に挑戦する動きも見られた。

(2015年6月2日)

MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。

(2015年1月15日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

レビュー

使わなきゃ損:

自撮りがもっと楽しく美しくなる「Zenfone 2」の「美人エフェクト」。インカメラだけでなくメインカメラでも使えるこの機能を試してみた。

(2015年7月2日)
ドコモやauの回線で使ってみたいあなたへ:

日本ではソフトバンクが独占的に扱うMicrosoftの「Surface 3」のLTEモデル。最初からSIMロックフリーと言われると、ドコモとauのSIMカードを差してみたくなりますよね……。差してみましたよ。

(2015年7月1日)
地図やOfficeの使い勝手は?:

無事に発売されたMADOSMAだが、Windows Phoneでは「中華フォント」を目にする機会が多い。レビュー第3回では、この中華フォント問題を始め、WebブラウザーやOffice、地図やIMEなど、Windows Phoneのアプリを中心に解説する。

(2015年7月1日)
「ZenFone 2」レビュー(3):

「ZenFone 2」のカメラではどんなことができるのか。基本機能や操作性を確認したほか、前モデルの「ZenFone 5」や、Xperia Z3/iPhone 6も交えて画質をチェックした。

(2015年6月26日)
格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、ビッグローブが提供する「BIGLOBE LTE・3G」だ。

(2015年6月24日)
新色の計画も:

いよいよ6月18日に発売されたWindows Phone 8.1端末「MADOSMA」。発売前日には、最新アップデート「Windows Phone 8.1 Update 2」が配信された。第2回はそのアップデート内容や通信機能を中心にレビューする。

(2015年6月23日)
先行レビュー:

国内では約4年ぶりとなるWindows Phone端末「MADOSMA Q501WH」が、いよいよ6月18日に発売される。MADOSMAとは、いったいどのような端末なのだろうか。全3回に渡ってレビューをお届けする。

(2015年6月15日)

「iPhone 6 Plus対抗」を目指して開発されたHuaweiの「honor6 Plus」。基本スペックやカメラ機能を中心に、その特徴を見ていこう。

(2015年5月21日)
バッテリー持ちは?:

外観とUI・カメラに続き、今回のVAIO Phoneレビューは基本性能をチェックしてみた。ベンチマークアプリによる性能テストやバッテリー持ち、SIMカードの対応も確認している。

(2015年5月20日)

SIM製品

もちろん「全プラン業界最安値」:

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」に3つのプランが追加された。通信速度を抑えることで安価な料金で利用できる「ライトプラン」と、より高速通信容量を増やした「15GBプラン」「20GBプラン」が加わり、既存のものを含めた全20プランで業界最安値を達成した。

(2015年7月2日)

バイドゥがテレビ朝日が主催する「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」と連携。中国人観光客を集客し、特製のドラえもんプリペイドSIMなどを実施する。

(2015年7月1日)

ソフトバンクがMVNO事業の推進を発表した。100%子会社のSBパートナーズが、パートナー企業にソフトバンクのモバイル回線を提供する。

(2015年6月30日)

ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」のサービスを拡充する。30秒8円のIP電話サービスを「SMARTalk」をプリインストールするほか、データ量を1日70Mバイトから140Mバイトに増量する。

(2015年6月30日)

TikiTikiインターネットが音声通話対応SIMサービス「Tikimo SIM」の提供を開始した。最大3枚のSIMカードで容量をシェアできるプランも用意している。

(2015年6月26日)

ビッグローブは、LTE対応モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」の即日受渡しカウンターを、イオンやヨドバシカメラなど4店舗に設置した。店舗は順次拡大する。

(2015年6月26日)

ニフティは、「NifMo」データ通信専用SIMカードのパッケージ販売を開始した。従来は申し込み手続き後にSIMを配送していたが、今後はSIM入りパッケージを購入してから開通手続きを行う。

(2015年6月25日)

DMM.comが、「DMM mobile」の1GBプランの料金を、7月2日から月額660円から630円に値下げする。

(2015年6月24日)
申し込みはキャンペーンサイトから:

ニフティのモバイル通信サービス「NifMo」に、月額640円で1.1Gバイトまで通信ができるプランが追加された。1Gバイトのプランでは、DMM mobileを抜いて最安だ。

(2015年6月23日)
"原則縛りなし”のSIMも:

プラスワン・マーケティングの「freetel」が、「FREETEL」にブランドを刷新する。新ブランドのもと、SIMフリー端末・通信(SIM)・店舗チャネルを統合した「SIMフリーキャリア」として、そして日本品質を世界に届ける端末メーカーとして、新たなる一歩を踏み出す。

(2015年6月22日)

ニフティが「NifMo」の新サービスとして提供を予定している「電話かけ放題」の開始時期を延期した。

(2015年6月22日)

「DMM mobile」の高速データ通信の残量確認やデータ量の追加購入などができるアプリのiOS版が提供された。

(2015年6月22日)

ボルトバンクは、自販機で販売している外国人旅行者向けのデータ通信専用プリペイドSIMの3000円キャッシュバックキャンペーンを実施。当選確率は10人に1人だ。

(2015年6月22日)
Windows 10 Mobileスマホも登場:

プラスワン・マーケティングが、新MVNOサービスと新端末を発表。7月15日からレイヤー2接続による通信サービスを提供し、月額299円〜のデータ通信サービスと、月額999円〜の音声通信サービスを開始する。Windows 10 Mobile端末やAndroid搭載フィーチャーフォンも発売する。

(2015年6月22日)

NTTコミュニケーションズが、MM総研の発表した「国内MVNO市場規模の推移」で2014年3月末の発表から3回連続でシェア1位を獲得した。

(2015年6月17日)
MVNOに聞く:

2014年に「楽天モバイル」の提供を開始した楽天とフュージョン・コミュニケーションズが、「1000万契約」を目標に掲げて話題を集めている。端末も幅広くそろえ、契約数も好調に伸びている同サービスの戦略を、楽天の平井康文副社長に聞いた。

(2015年6月17日)

ニフティのMVNOサービス「NifMo」が、使い切れなかったデータ通信量の翌月繰り越しサービスを7月利用分から開始する。8月からは、3G専用端末での利用も可能となる。

(2015年6月15日)
格安SIMをもっとおトクに:

大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。早速、チェックしてみましょう。

(2015年6月13日)
MVNOに聞く:

4月1日からデータ容量を増やし、通話料金が安くなるサービスを提供しているIIJ。こうした新たな“攻め”を見せる理由や、接続料の問題、auネットワークを使った個人向けサービスの可能性、端末セット売りなどについて、幅広く聞いた。

(2015年6月10日)
UQ mobileと事実上同一:

出雲ケーブルビジョンが、MVNOサービス「ICVモバイル」を6月16日に開始する。KDDIバリューイネイブラーのサービス基盤を利用しており、料金やサービスは「UQ mobile」に準じている。

(2015年6月9日)

NTTコミュニケーションズは、下り最大300MbpsのLTE-Advancedに対応したモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」の予約受付を開始する。

(2015年6月30日)

ゲオスマホに、ASUS製「ZenFone 2」、富士通製「ARROWS M01」、シャープ製「AQUOS SH-M01」の3機種が新登場した。

(2015年6月25日)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けSIMロックフリー端末販売サービス「IIJmioサプライサービス」を提供開始。第1弾としてファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI P8lite」を7月7日に発売する。

(2015年6月23日)

NTTレゾナントはドスパラ、ヨドバシカメラに続き、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をビックカメラ8店舗でも販売開始。

(2015年6月23日)

NTTレゾナントは、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をヨドバシカメラで順次販売する。

(2015年6月22日)

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」で、SIMフリースマートフォン「ASUS ZenFone 2」と「HUAWEI P8lite」の販売を開始する。

(2015年6月19日)

日本では約4年ぶりとなるWindows Phoneが発売される。マウスコンピューターの「MADOSMA」は、今、買うべきスマートフォンなのだろうか? いくつかのポイントから考察したい。

(2015年6月18日)
自撮り機能も充実:

ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」の国内販売を発表した。価格は3万円以下からと手頃だが、8コアプロセッサと1300万画素カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。

(2015年6月17日)
「Talk Band B2」も:

ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォンとタブレット、スマートバンドを6月中旬から順次発売する。

(2015年6月17日)

LTEに対応した「今買えるSIMロックフリーのスマートフォン」のスペックを比較する本記事。第3回では、SIMのサイズ、ストレージ、メインメモリ、外部メモリ、LTEの下り最大通信速度、対応バンドを調べた。

(2015年6月15日)

エックスモバイルは、Xperia Z3 Compactが2万9800円、Xperia Z3が3万7800円になるキャンペーン「もしもシークス 初夏のXperiaフェスティバル」を開催する。

(2015年6月11日)

フュージョン・コミュニケーションズが、スマートフォン「honor6 Plus」と楽天モバイルのSIMカードとのセット販売を開始。もれなく純正レザーカバーをプレゼントするキャンペーンも行う。

(2015年6月10日)

ネットギアジャパンは、4G LTEとmicroSIMに対応したモバイルWi-Fiルーター「AirCard AC785」を6月下旬に発売する。

(2015年6月10日)
6月18日出荷:

6月2日0時1分より各量販店で順次予約販売開始。出荷は6月18日。

(2015年6月2日)

ASUSは、延期を発表していたSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2」(ZE551ML/ブラック)を5月30日に発売する。

(2015年5月28日)

NTTレゾナントが発表した3機種「gooのスマホ」。それの供給を手がけ、国内のSIMフリー市場に本格参入を果たしたのがZTEだ。同社のキーマンに、日本のSIMフリー市場に注目した理由を聞いた。

(2015年5月27日)

マウスコンピューターが発表した初のスマートフォン「MADOSMA」が、開発者イベント「de:code 2015」で展示されていた。外観は? ソフトウェアは? 対応ネットワークは? いろいろチェックしてきた。

(2015年5月27日)

エックスモバイルは、5月20日に「Xperia Z3(SO-01G)」を発売。既に販売している「Xperia Z3 Compact」「Xperia Z3 Tablet Compact」を加えフルラインアップとなる。

(2015年5月20日)
新ブランド「MADOSMA」を立ち上げ:

マウスコンピューターは、現在開発中となるWindows Phone搭載スマートフォンの概要を発表した。ブランド名は「MADOSMA」だ。

(2015年5月20日)

Huaweiが新スマホ「honor6 Plus」を発表し、楽天市場のオンラインストア「Vモール」で6月中旬に発売する。両者が協業したねらいとは?

(2015年5月20日)

Huaweiは、SIMフリーのグローバルスマホ「honor6 Plus」を国内展開する。直販サイト「Vモール」をオープンし、7型タブレットの「Media Pad T1 7.0」、スマホで使えるNAS「honor cube」も販売する。【画像追加】

(2015年5月20日)

hi-hoはの「hi-hoスマホ」第3弾にASUSのSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2」が登場。SIMカードのセットコース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with ZenFone 2」も併せて6月1日から提供開始する。

(2015年5月14日)

LTEに対応したSIMロックフリーのスマートフォン19機種をチェックしている本記事。第2回では、OS、プロセッサ(CPU)、バッテリー容量、カメラの画素数を比較した。

(2015年5月12日)

多数のSIMロックフリースマートフォンが登場し、選択肢が広がってきた。そこで、LTEに対応するSIMロックフリースマホのスペックを比較する。まずはディスプレイ、本体サイズ、重さをまとめた。

(2015年5月4日)

DMM mobileは、5月1日からASUS MeMoPad 7の販売を開始。5月15日からはASUS ZenFone 2の申込みも受け付ける。

(2015年5月1日)

ASUSがフラッグシップスマートフォン「ZenFone 2」を5月に日本で投入する。ASUSはどのような戦略でスマートフォン、そしてZenFone 2を売っていくのか。ジョニー・シー会長に聞いた。

(2015年4月30日)
箱も見せられません:

2015年の春夏モデルとして、スマホ2機種/タブレット3機種を取りそろえた楽天モバイル。実はもう1機種、楽天ならではの革新的なスマホを準備中だという。

(2015年4月23日)
-PR-