初心者からフル活用したい人まで――SIMカード特集

スマートフォンの普及に伴い、MVNO(仮想移動体通信事業者)が通信キャリアの回線を借りて提供するデータ通信サービスが急増しており、通信料を抑える手段の1つとして注目を集めています。ここでは、SIMの基本情報や、MVNOが提供するSIMサービス、そしてSIMロックフリー端末などに関する記事をまとめました。

そもそもSIMとは? MVNOって何?

SIM通:

携帯電話の「SIMカード」とは、そもそも何なのでしょう。

(2014年6月19日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
SIM通:

携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。

(2014年7月2日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

日々話題の絶えない格安SIMにまつわる主なトピックを月ごとに振り返っていきたい。データ通信用SIMは、基本プランの容量増設が相次いでいる。

(2014年10月23日)
格安SIM定点観測:

各社が格安SIMの通信容量を無料で増設する中、一部のプランでは音声通話付きSIMもその恩恵を受けている。また、ワイモバイルがMVNO市場に参入したことも注目だ。

(2014年10月24日)
格安SIM定点観測:

簡単な手続きでお手軽に格安SIMを使える、先払い型のプリペイドSIMのトピックを振り返ってみたい。ソネットが10月30日から2.2Gバイトまで通信できる新プランを提供する。

(2014年10月24日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

SIMの基本

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第15回:

MVNOが提供する通信サービスの料金プランは、めまぐるしく変更している。最近はスマホとセットで販売するMVNOも増えている。連載の最終回では、格安SIMの料金や販売形態などのトレンドを紹介したい。

(2014年8月8日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:

2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。

(2014年7月25日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第13回:

パケット通信を利用するIP電話アプリは、通常の電話と比べて安く運用できるのがメリット。一方、デメリットがあることも理解しておきたい。

(2014年7月11日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第12回:

MVNOが提供する格安SIMは、以前はデータ通信専用のものが多かったが、最近は音声通話に対応したSIMも増えている。今回は、格安SIMで利用できる通話サービスについて解説しよう。

(2014年6月27日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第11回:

SIMロックフリースマホを持っていると、海外で入手したプリペイドSIMを挿して通信ができる。プリペイドSIMのメリットは、何と言っても料金が安いこと。今回は、海外でSIMカードを入手する方法を解説する。

(2014年6月13日)

レビュー

SIM通:

auのネットワークを利用した「mineo」は、データ通信ではLTEのみを利用します。auのLTEは都内では快適に利用できると言われていますが、地下ではどうでしょうか? 新宿駅と渋谷駅で試してみました。

(2014年10月16日)
使える? 使えない? 速さは?:

SIMフリー版「iPhone 6」でiPhone 5sのSIMは利用できるのか? キャリア3社のiPhoneで使われていたSIMを装着してみた。

(2014年9月19日)
おまえは今まで抜いたSIMの向きをおぼえているのか?:

格安SIMはどこで購入でき、実際に使えるようになるまでどのような開通手続きがいるのだろうか。一連の流れを見ていこう。

(2014年9月9日)
私が一番安くiPhoneを使えるんだ:

“格安SIM”という言葉は聞いたことあるけど、実際どうすれば使えるのか分からない人も多いだろう。編集部のiPhone 5sを実験台にして、どれだけ料金を節約できるか試していきたい。

(2014年9月2日)

大画面スマホと格安SIMのセットで“買ってすぐ”利用でき、音声通話に対応。3Gのみの対応ながら通信容量の制限がなく、テザリングやいざというときの高速化も可能。加えてサポートも充実している――そんな“スマホを変えるスマホ”は、はたして仕事用スマホとして使えるのだろうか。

(2014年9月1日)

MVNOが提供している格安SIMカードを利用すれば、毎月の利用料金を安く抑えらるが、音声通話料を安く抑えるには一工夫がいる。本特集ではスマートフォンで利用できる通話アプリを紹介する。今回は無料のVoIPアプリ6つをピックアップした。

(2014年8月28日)
SIM通:

スマホのゲームは格安SIMでどれだけ通信できるのでしょうか? 代表的な4タイトルで調べてみました。

(2014年8月14日)
SIM通:

auのMVNOとして注目を集めているサービス「mineo」と、auの新料金プランはどちらがお得なのでしょうか?

(2014年8月5日)
SIM通:

IP電話アプリの先駆けともいえる「050 plus」。アプリの新バージョンでは通話品質がどれだけ改善されているのでしょうか? 新旧アプリを比較してみました。

(2014年8月1日)
その月額料金、払いすぎていませんか?:

最近よく聞く“格安SIM”は、本当に使えるものなのか? MVNOサービスを利用しているユーザーにその使い勝手や月額料金がどれだけ安くなったかを聞いてみた。

(2014年7月30日)

SIM製品

日本通信のiPhoneやiPad向け大容量SIMカードが、10月30日に発売される。

(2014年10月24日)

「BB.exciteモバイルLTE」が、「LTE 1GBコース(SIM 1枚)」ほか4コースの月額利用料金を値下げ。また「LTE 500MBコース(SIM 1枚)」と「LTE 500MBコース(SIM 3枚)」は受付終了に伴い新規申し込みを停止する。

(2014年10月24日)
MVNOに聞く:

ケイ・オプティコムの「mineo」は、現時点で唯一KDDIの回線を利用したサービスだ。au向けスマホをベースにした端末も調達し、音声サービスも当初から提供している。同社がKDDI回線を選んだ理由や、端末へのこだわり、そして“iOS 8問題”などを聞いた。

(2014年10月24日)

10月21日にiOS 8.1がリリースされた。MVNO各社の格安SIMはiOS 8.1でも使えるのだろうか。主要MVNOの対応状況をまとめてみた。

(2014年10月23日)

ビッグローブが、「BIGLOBE LTE・3G」の4プランで、月間データ通信容量を11月から増量する。

(2014年10月23日)

ソネットが提供するプリペイド式SIMカード「Prepaid LTE SIM」に新プランが登場。また、既存プランも料金はそのままにデータ容量がアップする。

(2014年10月22日)

auの4G LTE通信を利用できるサービス「mineo」が、iOS 8.1でも利用できないことが判明した。今後の対応予定もないとのことだが、ケイ・オプティコムは、引き続きAppleへ要望を出していくという。

(2014年10月21日)
MVNOに聞く:

2段階制の独自の料金プランを提供し、渋谷区の外苑前にリアル店舗もオープンするなど、MVNOとして存在感を高めているU-NEXT。オフィシャルキャラクターに“天使すぎるアイドル”の橋本環奈さんを起用したことも話題を集めた。そんな同社の戦略を聞いた。

(2014年10月17日)
MVNOに聞く:

MVNOの老舗としてモバイル通信サービスを提供しているIIJ。最近は3つの料金プランで、フルスピードのLTEが使える「クーポン」を倍増したことが話題を集めている。そんなIIJが目指すのは「既存の通信キャリアに並ぶ存在」だ。詳しい戦略を聞いた。

(2014年10月10日)

U-NEXTのモバイル通信サービス「U-mobile 通話プラス」で「大容量お試しキャンペーン」がスタート。最大2カ月間、1Gバイトプランの料金で月間3Gバイト〜5Gバイトが利用できる。

(2014年10月3日)

ソネットの月額制SIMパッケージ販売サービス「PLAY SIM」「PLAY SIM for Amazon.co.jp」「Smart G-SIM/Smart G-SIM for Wi-Fi by So-net」がスペックを改定。料金据え置きでデータ容量を増量した。

(2014年10月1日)

訪日外国人向けのプリペイド型SIMカード入りパッケージ「Japan Travel SIM powered by IIJmio」が10月2日に発売。ブラステルのIP電話サービスと併用すれば国内・国際電話の発信も可能だ。

(2014年9月30日)
青山通りと外苑西通りの交差点にあります:

MVNOサービス「U-mobile」を展開するU-NEXTは、都内の一等地にショップを開店した。

(2014年9月30日)
4Gバイトで月1450円:

10月1日から、モバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」の4コースで通信量を増量する。あわせて、Androidアプリでは自宅のWi-Fiへ自動で切り替える機能も提供する。

(2014年9月30日)

hi-hoの「hi-ho LTE typeDシリーズ」の月間高速通信量が10月1日から増える。追加チャージ料金の値下げも実施する。

(2014年9月25日)

データ通信サービス「IIJmio」で利用できるバンドルクーポンが、10月1日から3プランすべてで増量される。

(2014年9月18日)

日本通信が、プリペイドSIMの新たなラインアップとして、「3GB定額」を9月23日に発売する。

(2014年9月16日)
MVNOに聞く:

「日本のケータイ料金を1/3にする」――そんなスローガンを掲げてサービス、端末、回線を提供しているMVNOのフリービット。「ATELIER」と呼ぶ店舗を開設したことも話題を集めている。今回は同社の戦略を、代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏に聞いた。

(2014年9月12日)

日本通信が、月3980円で8Gバイトまで使えるiPhone向けSIMを発売すると発表。LTE通信と音声通話を利用できる。

(2014年9月12日)

ワイモバイルが、音声SIMを単体で提供している。9月1日からは、オンラインストアでMNP契約すると、1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施している。

(2014年9月2日)

SIMロックフリー端末

NTTレゾナントから、格安スマホ第2弾となるLTE対応のZTE製「Blade Vec 4G」が登場。

(2014年10月22日)
CAは非対応:

Appleは「iPad Air 2」「iPad mini 3」のSIMロックフリー版を10月18日に発売する。ドコモ、au、ソフトバンクのNano SIMが利用できる。

(2014年10月17日)
HTC製で399ドルから:

Google初の8.9型タブレット「Nexus 9」を発表。新OSのAndroid 5.0 Lを採用し、2048×1536ピクセル表示の高精細ディスプレイ、64ビットTegra K1を搭載する。

(2014年10月16日)

1440×2560ピクセル(493ppi)の超高精細ディスプレイに、光学式手ブレ補正付き1300万画素カメラを搭載。OSは最新のAndroid 5.0 L(Lollipop)。

(2014年10月16日)
Wi-Fiモデルは2万円台から:

ASUS JAPANは、WUXGA表示の7型Androidタブレット「ASUS MeMO Pad 7」新モデルを発表した。SIMロックフリーLTEに対応する。

(2014年10月15日)
2014年タブレット秋冬モデル:

Androidタブレット「LaVie Tab S」が携帯しやすい8型ディスプレイ搭載モデルに集約。上位構成ではSIMロックフリーに対応してMVMOの格安LTEが利用できる。

(2014年10月15日)

ZTE製のLTEスマートフォン「ZTE Blade Vec 4G」の新色が10月に発売される。

(2014年10月9日)
下り最大300Mbps:

ファーウェイ・ジャパンが、6型フルHDディスプレイにオクタコアを搭載したハイスペックなスマートフォン「Ascend Mate7」を、12月に発売する。

(2014年10月6日)
Ascend G6は想定以上に売れた:

日本のSIMロックフリー市場に参入し、自社ブランドのスマートフォンやタブレットを続々と投入している中国のHuawei。ファーウェイ・ジャパンの副社長に、端末事業の戦略や、日本のSIMフリースマホ第1弾「Ascend G6」の反響を聞いた。

(2014年10月3日)

BLUEDOTからW-CDMA方式とGSM方式のカードスロットを備えたSIMフリースマートフォン「BNP-500」が登場。

(2014年9月17日)

SIMフリースマートフォン「Blade Vec 4G」と、格安SIM「IIJmio データ通信専用 SIM ミニマムスタートプラン」が月額1972円で利用できるセットプランが登場。

(2014年9月11日)

発表されたばかりの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のSIMロックフリーモデルも発売される。9月12日から予約を受け付ける。

(2014年9月10日)

日本通信は、モバイルWiFiルーター「b-mobile4G WiFi3」と月7Gバイトまでの高速通信が可能なSIMカードをセットにした月額3218円のプランを発売。ドコモのXi/FOMAネットワークを使ったデータ通信を利用できる。

(2014年9月8日)

モバイル通信サービス「So-net モバイル LTE」で、端末代込みで月額2480円のセット販売を開始。ZTE製のスマートフォン「Blade Vec 4G」を提供する。音声通話機能も利用可能だ。

(2014年9月1日)
11月3日まで:

ビッグローブは、LGの4.7型スマホ「LG G2 mini」を9月1日に発売した。11月3日まで、音声通話付きプランを月2980円で提供するという。

(2014年9月1日)

「イオンスマホ」第3弾はLTEに対応――。イオンが、「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプランの月額1650円にLTEスマホ「IDOL 2 S」をセットにした「イオンスマホLTE」を提供する。

(2014年9月1日)

ファーウェイ・ジャパンが、日本市場向けに発売するフラッグシップの「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を明らかにした。

(2014年8月22日)
-PR-