初心者からフル活用したい人まで――SIMカード特集

スマートフォンの普及に伴い、MVNO(仮想移動体通信事業者)が通信キャリアの回線を借りて提供するデータ通信サービスが急増しており、通信料を抑える手段の1つとして注目を集めています。ここでは、SIMの基本情報や、MVNOが提供するSIMサービス、そしてSIMロックフリー端末などに関する記事をまとめました。

そもそもSIMとは? MVNOって何?

SIM通:

携帯電話の「SIMカード」とは、そもそも何なのでしょう。

(2014年6月19日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
SIM通:

携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。

(2014年7月2日)

格安SIMの料金と選び方

MVNO徹底比較:

スマートフォンの月額料金を安く抑えられる“格安SIM”。その複雑な料金プランを月額料金別に一覧でまとめてみた。1000円以下のプランも豊富に用意されている。

(2014年7月7日)
MVNO徹底比較:

“格安SIM”の中でも090/080番号で音声通話ができるサービスはまだ限られている。料金を抑えつつ通話もしたいという人向けに、音声通話に対応するサービスをまとめた。

(2014年7月9日)
MVNO徹底比較:

店頭で気軽に購入でき、簡単な手続きで利用できる先払い型のプリペイドSIMサービスをまとめてみた。購入後すぐに利用できるプランもあり、短期間で安くスマホを使いたい人におすすめだ。

(2014年7月14日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)

主な格安SIMサービス

SIMの基本

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:

2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。

(2014年7月25日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第13回:

パケット通信を利用するIP電話アプリは、通常の電話と比べて安く運用できるのがメリット。一方、デメリットがあることも理解しておきたい。

(2014年7月11日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第12回:

MVNOが提供する格安SIMは、以前はデータ通信専用のものが多かったが、最近は音声通話に対応したSIMも増えている。今回は、格安SIMで利用できる通話サービスについて解説しよう。

(2014年6月27日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第11回:

SIMロックフリースマホを持っていると、海外で入手したプリペイドSIMを挿して通信ができる。プリペイドSIMのメリットは、何と言っても料金が安いこと。今回は、海外でSIMカードを入手する方法を解説する。

(2014年6月13日)

レビュー

「mineo」の“ここ”が知りたい 第3回:

ケイ・オプティコムがauのネットワークを使って提供している通信サービス「mineo(マイネオ)」の“ここ”が知りたい第3回では、セットで販売されるスマートフォン「DIGNO M」についてレビューする。

(2014年6月17日)

LTEの高速通信とは正反対の規制後の低速通信は、どこまで使えるのだろうか? IIJ、OCN モバイル ONE、NTTドコモの3事業者のSIMを使って検証してみた。

(2014年6月13日)
「mineo」の“ここ”が知りたい 第2回:

auのネットワークを使ったMVNOサービス「mineo」ではデータ通信に3Gが利用できないが、問題なく通信できるのだろうか。また4G LTEの実効速度はほかのauスマホと比べてどうか? ネットワークの設定方法は?

(2014年6月13日)
「mineo」の“ここ”が知りたい 第1回:

au初のMVNOとして、ケイ・オプティコムが通信サービス「mineo」の提供を開始した。料金やデータ通信量、対応機種などの基本事項をおさらいした。

(2014年6月11日)

1カ月間、もしくは1日に限られた量だけ高速通信ができることをウリにした格安SIMが流行の兆しを見せている。キャリアで普通に契約したSIMと比較して、格安SIMで高速通信は快適にできるのか、試してみた。

(2014年2月20日)

SIM製品

MVNOに聞く:

MVNOの老舗ともいえる日本通信は、これまでにさまざまな通信サービスを提供してきた。現在は多数のMVNOが参入し、総務省がSIMロック解除の方針を打ち出すなど、日本通信の参入当初から状況が大きく変わってきている。日本通信は現在のMVNO市場をどうみているのだろうか。

(2014年7月25日)
広がる選択肢:

「mineo」は8月5日から、月間2Gバイトと3Gバイトの新プランの提供を開始する。また新端末としてCAやWiMAX 2+も利用できる「AQUOS SERIE」を追加した。

(2014年7月24日)

JCBとBIGLOBEは、訪日外国人向けに高速データ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」を5日間利用できるSIMカードを先着600人に無料配布する。

(2014年7月23日)

下り最大150MbpsのLTE高速データ通信サービス「PLAY SIM」に、Amazon.co.jp限定で1カ月当たり1.1Gバイトまで使えるプランを追加。

(2014年7月15日)

ソネットが、7月15日から関西国際空港到着便のPeach機内で「Prepaid LTE SIM」を販売する。訪日外国人でプリペイドSIMを利用したいというニーズに応える形でサービスを提供する。

(2014年7月7日)

フリービットのスマートフォンキャリア事業「freebit mobile」が、新たにオンラインでのMNP申し込みにも対応。まずは新規入会者を対象に受付を開始する。

(2014年7月4日)

ハイホーが運営するインターネットサービスプロバイダ「hi-ho」は、新コース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 【LTE】」をはじめ各種コースでの特典付きキャンペーンをスタート。

(2014年7月1日)

U-NEXTは、MVNOのモバイル通信サービス「U-mobile」に音声通話付きのSIMカードを追加した。MNPも可能で、「Ascend G6」などSIMフリースマホとのセット販売も行う。

(2014年7月1日)
ヨドバシカメラで販売:

ワイヤレスゲートは、ドコモのLTE網を利用できるSIMカード「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」を発表した。全国4万カ所のWi-Fiスポットも利用できる。発売は9月。

(2014年7月1日)
ほぼスマホが“うれスマ”に進化:

ビッグローブは、LTE通信と音声通話、そして端末がセットになった「BIGLOBEスマホ」を7月から販売する。月額料金は3476円。月1Gバイトまで速度制限なしで利用できる。

(2014年6月30日)

スマホを安心・安全に使えるように見守りサービスの提供を開始したフリービット。PandAユーザーは無料で利用できる同サービスの特徴について、同社の石田社長が語った。

(2014年6月27日)

hi-hoの「hi-ho LTE typeD」シリーズで提供している音声通話対応SIMの月額利用料金を300円値下げする。

(2014年6月27日)

個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」で、音声通話機能付きSIMの利用者を対象に、月額利用料金を300円割り引くキャンペーンが7月1日からスタート。

(2014年6月26日)

U-NEXTは、モバイル通信サービス「U-mobile」の新ラインアップとして、プリペイド式SIMカード「U-mobile プリペイド 1.5GB/3.0GB」を提供開始。

(2014年6月26日)

NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE プリペイド」に、20日間の期間型と1Gバイト容量型、訪日旅行者・ビジネスマンに向けた14日間期間型の3タイプが登場。

(2014年6月25日)

SIMロックフリー端末

SIMフリースマートフォンの新製品「freetel Priori」「freetel LTE XM」「freetel nico」が登場。8月2日から順次発売。

(2014年7月25日)
8月1日から:

日本通信は、8月1日からAmazonでLGスマホ「LG G2 mini」と「スマホ電話SIMフリーData」を組み合わせて販売する。端末代金と通信料合わせて月額2980円。

(2014年7月24日)
広がる選択肢:

「mineo」は8月5日から、月間2Gバイトと3Gバイトの新プランの提供を開始する。また新端末としてCAやWiMAX 2+も利用できる「AQUOS SERIE」を追加した。

(2014年7月24日)

iPad AirやiPad mini Retinaディスプレイモデルなど、iPad 4モデルのSIMロックフリー版がオンライストアで販売されている。

(2014年7月1日)

通話とデータ通信を利用できる日本通信の「スマホ電話SIMフリーData」と、格安SIMロックフリースマホが、7月10日からヨドバシカメラでセット販売される。

(2014年7月1日)
下り最大14.4Mbpsを月1Gバイトまで:

イオンが、格安スマホの第2弾となる「イオンのスマホ」を7月4日に発売する。基本使用料と端末代を合わせて月額1980円という安さを実現。毎月1Gバイトまで下り最大14.4Mbpsの通信を利用できる。

(2014年7月1日)

LGエレクトロニクスは、4.7型液晶を搭載したコンパクトサイズのグローバルスマホ「LG G2 mini」を国内展開すると発表した。9月に「BIGLOBEスマホ」のラインアップに追加される。

(2014年6月30日)

プラスワン・マーケティングのSIMロックフリースマートフォン「freetel」シリーズの「freetel nico」がスペックを変更して9月上旬に発売される。

(2014年6月26日)

ファーウェイ・ジャパンは、日本市場向けのSIMロックフリースマートフォン「Ascend G6」を発売。大容量データも気軽に楽しめるLTE対応モデルだ。

(2014年6月26日)

Huaweiが6月下旬に発売を予定しているSIMロックフリースマホの「Ascend G6」の価格は2万9800円(税別)で、キャリアが販売する端末よりもはるかに安い。ファーウェイ・ジャパンの担当者が、SIMフリー市場参入の背景を説明した。

(2014年6月18日)

マザーコンシェルジュは、もしもの時の「緊急通報」や「安否確認」機能を備えたSIMフリー端末「見守りフォン3.0」を発売。

(2014年6月18日)

ビックカメラで、6月13日からSIMロックフリーの3Gスマートフォン「StarQ Q5001」が販売される。5型のHD液晶を備えるデュアルSIM仕様となっている。

(2014年6月11日)
国語算数理科スマホ!:

メガハウスが発表した“JS”向けスマホ「Fairisia」は、専用の通信サービスとIP電話、チャットアプリが利用できる本格派の端末。アプリや利用時間を制限できる保護者モードも備えている。

(2014年6月10日)

シネックスインフォテックは、SIMロックフリースマートフォン「LINEAGE」を7月2日に発売。SIMカードを2枚まで挿入できるDual SIMスロットを内蔵し、800MHz帯のFOMAプラスエリアに対応した3G回線を利用する。

(2014年6月10日)

プラスワン・マーケティングが8月中旬〜下旬に発売を予定しているSIMフリースマートフォン「freetel LTE XM」の詳細が明らかになった。

(2014年6月3日)
IIJやU-NEXTも取扱開始:

ファーウェイ・ジャパンが、海外で発売されているSIMロックフリーのスマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末を日本に導入する。第1弾として、スリムなLTEスマートフォン「Ascend G6」をMVNOに供給する。

(2014年5月30日)

プラスワン・マーケティングのSIMフリースマートフォン「freetel」に、高品質かつ低価格を実現した3モデルが登場。またフィーチャーフォンやWi-Fiルーター、タブレットもラインアップする。

(2014年5月14日)
通話も可能/SIMフリー:

ASUSは、SIMロックフリー採用のLTE対応7型Androidタブレット端末「Fonepad 7 LTE」を発売する。

(2014年5月13日)
-PR-