格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO

選び方が分からない格安SIMを徹底比較。データ通信容量や音声通話の有無の比較から、SIMロックフリー端末の情報まで、用途に合わせてスマホ費用を節約するための選び方をまとめて紹介します。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
FREETEL SIM 〜100MB 299円 225Mbps 200Mバイト/月※以降、使った分だけ値上げ(上限2470円/10Gバイト)
ファンダムSIM 〜200MB 398円 225Mbps 200Mバイト/月※以降、使った分だけ値上げ(上限2040円/7Gバイト)
DMM mobile ライト 440円 200kbps 無制限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
b-mobile おかわりSIM 500円 225Mbps 1Gバイト/月※以降、使った分だけ値上げ(上限1500円/5Gバイト)
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps 無制限
NifMo 1.1GBプラン 640円 225Mbps 1.1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 225Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 225Mbps 600Mバイト/月
mineo シングルタイプ(auプラン) 700円 150Mbps 500Mバイト/月
mineo シングルタイプ(ドコモプラン) 700円 225Mbps 500Mバイト/月
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 225Mbps 30Mバイト/日
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
hi-ho LTE hi-ho LTE typeD エントリー 770円 225Mbps 2Gバイト/月
PLAY SIM プラン2G/month 780円 225Mbps 2Gバイト/月
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 225Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 225Mbps 200Mバイト/月
Wonderlink(パナソニック) I-3Gシングル 890円 225Mbps 3Gバイト/月
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 225Mbps 3Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ゲオスマホ 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 225Mbps 110Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 225Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 225Mbps 51Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 960円 225Mbps 2Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 225Mbps 140Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM a 3GB 980円 150Mbps 3Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 225Mbps 70Mバイト/日

TONE

1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 225Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 225Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜900円 225Mbps 3Gバイト/月

※2015年9月1日更新 ※TONEは端末とのセット販売のみ

SIMの基本

中古スマホで使う格安SIM:

ドコモ版「iPhone 5s」で「IIJmio」のSIMカードを使う方法をご紹介します。

(2015年8月6日)
ゼロから分かる格安SIM:

MVNOはさまざまな料金プランを提供していますが、どんなプランがあって、毎月どれくらいの料金がかかるのでしょうか? また格安SIMに乗り換えるべきタイミングはあるのでしょうか。

(2015年4月27日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMでは安くモバイル通信を利用できるけど、「できないこと」もけっこうあります。今回はそんなデメリットを解説します。

(2015年4月22日)
ゼロから分かる格安SIM:

SIMについては分かったけど、「格安SIM」ってなーに? 何が安いの? 何で安いの?

(2015年4月8日)
ゼロから分かる格安SIM:

「格安SIMに何となく興味があるけど、いまひとつよく分からない」という人たちへ贈る連載がスタート。第1回では「そもそもSIMとは?」というテーマを取り上げます。

(2015年3月24日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

iOS 8端末でデータ通信ができる“魔法”により、にわかに注目を集めるKDDI(au)系MVNO。その市場に、新しく2社が参入した。一方、ドコモ系MVNOでは、Wonderlinkのプランリニューアル、DMM mobileの“対抗値下げ”と新プランが話題となった。

(2015年8月4日)
格安SIM定点観測:

7月の音声対応格安SIMは、「IIJmio」のイオンにおけるMNP即日転入対応と端末直販の動き、「OCN モバイル ONE」の特定サービスにおける通信量“不算入”の動きに注目だ。

(2015年8月10日)
格安SIM定点観測:

NifMoが1.1Gバイトで640円(税別)のプロモーションプランを開始した。レギュラープランになるかどうか未定のプランであっても、最安値を更新されたとなれば、DMM mobileが対抗しないわけがなく――。

(2015年7月2日)
格安SIM定点観測:

データ通信用SIMカードにさまざまな動きがあった6月。一方の音声通話対応SIMは、データSIMと比べると“穏やか”なものの、注目すべき動きもいくつか見られた。

(2015年7月3日)

MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。

(2015年1月15日)

主な格安SIMサービス

レビュー

通信速度定点観測:

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。7月から始めた本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。8月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果は?

(2015年8月28日)
最新スマートフォン徹底比較:

注目のSIMロックフリースマートフォンを比較するレビューの後編では、バッテリーの持ち(YouTubeの連続再生と静止画の連続表示)を測るテストと、ベンチマークテストを実施した。

(2015年8月21日)
格安SIM Q&A:

YouTubeを快適に見られるといいのですが……。

(2015年8月20日)
格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、ケイ・オプティコムが提供するMVNO「mineo」のSIMカードだ。

(2015年8月18日)
最新スマートフォン徹底比較:

2015年前半に発売されたLTE対応のスマートフォン6機種を比較していく。前編では、基本的なスペックや各機種の特徴、スペック表では読み取れない画面の視認性や持ちやすさをチェックした。

(2015年8月13日)
通信速度定点観測:

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回はドコモ回線に続きau系MVNOを使ったサービスの測定結果を紹介しよう。

(2015年7月31日)
通信速度定点観測:

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。まずはドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。

(2015年7月30日)
3大キャリア直接契約の回線で検証:

日本ではソフトバンクが独占的に扱うMicrosoftの「Surface 3」のLTEモデル。ソフトバンク(Y!mobile)に最適化されていると言われると、ドコモとauを含めた3キャリアで通信速度を比較したくなりますよね……。3キャリア公式のPC用接続サービスで比べましたよ。

(2015年7月29日)
格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、DMM.comがMVNOとして提供している通信サービス「DMM mobile」だ。

(2015年7月24日)

SIM製品

ヨドバシカメラではFREETEL SIM、ワイヤレスゲート、NifMoなど複数の格安SIMを扱っており、格安SIMとSIMフリースマホを扱う専用カウンターも用意した。ヨドバシカメラはどんな考えのもとに格安SIMを販売しているのか? 執行役員 事業本部長の渡辺哲也氏に聞いた。

(2015年8月27日)

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、9月1日からシングルコースの通話SIMプラン3Gバイトを1500円(税別)に値下げする。

(2015年8月25日)

パナソニックの格安SIMサービス「Wonderlink LTE I-3Gシングル」で、データ通信容量3Gバイトを月額700円(税別)で利用できるキャンペーンがスタートした。

(2015年8月21日)

9月からau網に加えてドコモ網でのMVNOを開始するmineo。マルチキャリア化のメリットとはなにか? また依然としてKDDI系MVNOで続いているiPhone問題の現状について説明した。

(2015年8月19日)

プラスワン・マーケティングのMVNOサービス「FREETEL SIM」が、8月19日から「回線増速マラソン」をスタート。現時点では1年以上、毎月増速する予定だ。

(2015年8月19日)
MVNOの深イイ話:

インターネットイニシアティブ(IIJ)の中の人が、MVNOについての“ちょっといい話”をする連載。今回はネットワーク本部 技術企画室 担当課長の佐々木太志氏が、SIMロック解除義務化についてお話しします。

(2015年8月19日)
海外用SIMも:

mineoがドコモ網を使った新料金の詳細を発表。従来のauプランと合わせて個人向けでは初の“マルチキャリアMVNO”サービスを9月から開始する。

(2015年8月18日)
MVNOに聞く:

「freetel」から「FREETEL」へブランドを一新したプラスワン・マーケティング。ドコモとの相互接続でサービスを提供している「FREETEL SIM」は、想定を超えた反響を得ているという。通信サービスから端末まで手広く手がける同社の戦略を、増田社長に聞いた。

(2015年8月17日)

ニフティが提供するMVNOサービス「NifMo」のオプションとして、スワイプ操作だけで簡単に注文できる写真プリントサービス「NifMo プリント」が追加。

(2015年8月13日)

エックスクエストは、日本で使える訪日外国人観光客向けプリペイドSIMカード「SUGOI SIM」のスマートフォンアプリ「SUGOI SIM App」を正式リリースした。

(2015年8月12日)
MVNOに聞く:

3Mbpsながら、LTE通信を使い放題のサービスを提供している「ぷららモバイルLTE」。開始から1年がたとうとしているが、ユーザーの反応や現状はどうなっているのか。担当者に話を聞いた。

(2015年8月12日)

NTTぷららの「ぷららモバイルLTE」が、データ専用SIMプラン間と音声通話付きSIMプラン間でのプラン変更に対応した。

(2015年8月11日)

専門ショップ「楽天モバイル 仙台駅前店」「楽天モバイル神戸三宮店」がオープン。開店から3日間、無料特典やプレゼントがもらえるキャンペーンを行う。

(2015年8月11日)
速度も出ます:

通話時間と回数の制限付きではあるが、MVNOとしては初めて通話定額サービスの提供を発表したエックスモバイル。今回の新プランの狙いは? そもそもMVNOに参入を決めた経緯やビジョンは? 木野社長が説明した。

(2015年8月11日)

ソネットの「PLAY SIM」で月間のデータ通信容量に合わせて選べる3つの新プランのほか、データ通信とSMSに対応した「データ+SMS対応プラン」がスタートした。

(2015年8月10日)

「U-mobile」にUSENが提供する音楽聴き放題サービス「スマホでUSEN」をセットにした「USEN MUSIC SIM」が追加された。

(2015年8月10日)

エックスモバイルが、MVNO初となる通話定額サービス「かけたい放題」を8月17日から提供する。無料通話分ごとに3種類のプランを用意する。

(2015年8月10日)
MVNOの深イイ話:

インターネットイニシアティブ(IIJ)の中の人が、MVNOについての“ちょっといい話”をする連載がスタート。第1回では公式ブログ「てくろぐ」の管理人でもおなじみ、堂前清隆氏が「格安SIM」と「iPhone」の関係についてお話しします。

(2015年8月10日)
IIJ決算会見:

IIJが、2015年度第1四半期の決算を発表。モバイルサービスの「IIJmio」は15年3月末から3カ月で9.7万契約の純増を記録し、好調を維持している。4月1日から実施したデータ通信の増量が功を奏したようだ。

(2015年8月8日)
格安SIMをもっとおトクに:

大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。8月に実施中のキャンペーンを、早速チェックしてみましょう。

(2015年8月8日)
9月30日に:

Huaweiは、9月30日にSIMロックフリースマートフォン「honor6 Plus」のソフトウェアアップデートを実施。OSアップグレードのほか、カメラに機能を追加する。

(2015年8月27日)

NTTレゾナントが運営するSIM関連の通販サイト 「goo Simseller」で、SIMロックフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の販売受付がスタート。価格は3万9800円(税別)

(2015年8月27日)
ハイエンド機も2015年内に発売予定:

デザイン性の高いスマートフォンが評価されている中国メーカー「Smartisan(錘子科技)」が2015年秋に日本市場に参入する。第1弾として、若者向けのミドルスペックスマホを発売し、年内にはハイエンドスマホの投入を予定している。

(2015年8月27日)

プラスワン・マーケティングは、SIMフリーのフィーチャーフォン「Simple」を発売する。通話とSMSに特化した手のひらサイズのシンプルな端末だ。

(2015年8月24日)
まずハイエンドから:

TCLコミュニケーションのスマホブランド「ALCATEL ONETOUCH(アルカテル・ワンタッチ)」の最新ハイスペックモデル「IDOL 3」が日本市場に投入される。IDOL 3を足がかりに、ALCATEL ONETOUCHブランドの日本市場への浸透と、ラインアップ拡大を図る。

(2015年8月21日)
業界初のシンメトリック設計:

デュアルフロントスピーカーにJBLの「Clari-Fi」、オリジナルのDJアプリをプリセットするなど、サウンド面にも力が入っている。

(2015年8月21日)

フュージョンが、「楽天モバイル」にてHuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend G620S」の販売を開始した。

(2015年8月21日)

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、スマートフォン「HUAWEI Ascend G620S」の値下げを実施した。

(2015年8月20日)

イッツ・コミュニケーションズは、ASUS製のSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」を提供開始。同時に提供を開始する5Gバイト&7Gバイトプランいずれかとのセット販売になる。

(2015年8月20日)

ソニーストアで、人気ゲーム「METAL GEAR SOLID V :THE PHANTOM PAIN」とコラボレーションしたスマートフォンなどを数量限定で販売開始した。

(2015年8月19日)

IIJが、個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」でASUS製スマートフォン「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」を販売開始。購入者にはmicroSDプレゼントなどの特典も用意する。

(2015年8月18日)

NTTレゾナントが運営するSIM関連の通販サイト 「goo Simseller」で、ASUSのSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2 Laser」の販売受付が開始した。

(2015年8月18日)

DMM.comは、レンタルサービス「DMM.comいろいろレンタル」でSIMロックフリー端末のレンタルを開始。「ZenFone 2」「AQUOS SH-M01」など7機種から選べる。

(2015年8月17日)
国内最安:

秋葉原に誕生したUPQ(アップ・キュー)は、カシオ出身の中澤社長が設立した家電ブランド。お披露目された新製品の中から、国内最安をうたうスマホと関連グッズをチェックする。

(2015年8月10日)

プラスワン・マーケティングの「FREETEL」ブランドで発売されているSIMロックフリースマートフォン「priori2 3G」が、Android 5.0へアップデート可能になった。

(2015年8月7日)

楽天市場の販売価格を税込み2万3544円から1万9224円に。

(2015年8月6日)

ASUS JAPANは、1024段階の筆圧検知機能を備えた高機能Androidタブレット「ZenPad」シリーズの日本国内販売を発表した。

(2015年8月6日)

8月から、ヨドバシカメラマルチメディア博多、新宿西口本店、マルチメディア川崎ルフロンで受付を開始。

(2015年8月5日)

コヴィアは、SIMフリースマートフォンのブランド「FLEAZ」から「FLEAZ POP」を9月上旬に発売する。4型の小型サイズで、FOMAプラス/LTEエリアにも対応している。

(2015年8月5日)

モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」のBIGLOBEスマホに「AQUOS SH-M01」と「ZenFone 2」が登場。月額3100円からの「12ギガプラン」も提供開始する。

(2015年8月3日)