格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO

選び方が分からない格安SIMを徹底比較。データ通信容量や音声通話の有無の比較から、SIMロックフリー端末の情報まで、用途に合わせてスマホ費用を節約するための選び方をまとめて紹介します。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
FREETEL SIM 100MB 299円 225Mbps 200Mバイト/月※以降、使った分だけ値上げ(上限2470円)
ファンダムSIM 398円 225Mbps 200Mバイト
DMM mobile ライト 440円 200kbps 無制限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
b-mobile おかわりSIM 500円 225Mbps 1Gバイト/月※以降、使った分だけ値上げ(上限1500円)
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps 無制限
NifMo 1.1GBプラン 640円 225Mbps 1.1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 225Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 225Mbps 600Mバイト/月
mineo シングルタイプ 700円 150Mbps 500Mバイト/月
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 225Mbps 30Mバイト/日
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
hi-ho LTE hi-ho LTE typeD エントリー 770円 225Mbps 2Gバイト/月
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 225Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 225Mbps 200Mバイト/月
PLAY SIM プラン140M/day 880円 225Mbps 140Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) I-3Gシングル 890円 225Mbps 3Gバイト/月
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 225Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 225Mbps 3Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ゲオスマホ 110MB/日コース 900円 225Mbps 110Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 225Mbps 110Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 225Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 225Mbps 51Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 960円 225Mbps 2Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 225Mbps 140Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM a 3GB 980円 150Mbps 3Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 225Mbps 70Mバイト/日

TONE

1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 225Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 225Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜900円 225Mbps 3Gバイト/月

※2015年7月22日更新 ※TONEは端末とのセット販売のみ

Special

ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMの基本は分かったけれど、どこで買えばいいの? 設定はどうするの? 今回は、au回線を利用できる数少ないMVNOサービス「UQ mobile」で詳細をチェックしていきましょう。

(2015年4月28日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMはオンラインで申し込むところが多いけど、申し込み方法は難しいの? 利用できるオプションサービスはどうなっている? 今回は、「楽天モバイル」で詳細をチェックしていきましょう。

(2015年5月28日)

SIMの基本

ゼロから分かる格安SIM:

MVNOはさまざまな料金プランを提供していますが、どんなプランがあって、毎月どれくらいの料金がかかるのでしょうか? また格安SIMに乗り換えるべきタイミングはあるのでしょうか。

(2015年4月27日)
ゼロから分かる格安SIM:

格安SIMでは安くモバイル通信を利用できるけど、「できないこと」もけっこうあります。今回はそんなデメリットを解説します。

(2015年4月22日)
ゼロから分かる格安SIM:

SIMについては分かったけど、「格安SIM」ってなーに? 何が安いの? 何で安いの?

(2015年4月8日)
ゼロから分かる格安SIM:

「格安SIMに何となく興味があるけど、いまひとつよく分からない」という人たちへ贈る連載がスタート。第1回では「そもそもSIMとは?」というテーマを取り上げます。

(2015年3月24日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

NifMoが1.1Gバイトで640円(税別)のプロモーションプランを開始した。レギュラープランになるかどうか未定のプランであっても、最安値を更新されたとなれば、DMM mobileが対抗しないわけがなく――。

(2015年7月2日)
格安SIM定点観測:

データ通信用SIMカードにさまざまな動きがあった6月。一方の音声通話対応SIMは、データSIMと比べると“穏やか”なものの、注目すべき動きもいくつか見られた。

(2015年7月3日)

MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。

(2015年1月15日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

レビュー

格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、DMM.comがMVNOとして提供している通信サービス「DMM mobile」だ。

(2015年7月24日)
目ヂカラアップ:

「HUAWEI P8lite」に搭載されている2つの美肌カメラ機能「ビューティーモード」と「パーフェクトセルフィー」。その違いを撮り比べてみた。

(2015年7月24日)
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

日本では「楽天モバイル」が独占的に取り扱っているHuaweiの「honor6 Plus」。メインの“ダブルカメラ”は、見かけ倒しではなくて、おもしろくてキレイな写真を作り出してくれるのだ。

(2015年7月23日)

製品名からも分かるとおり、Huaweiの「honor6 Plus」は、Appleの「iPhone 6 Plus」へのライバル意識が垣間見えるスマートフォンだ。ではiPhone 6 Plusと比べてどれほどのスペックと性能を持っているのだろうか?

(2015年7月21日)
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

SIMロックフリースマホの中でも人気上位なASUSの「ZenFone 2」。自らを“性能怪獣”と称するこのスマホのカメラ機能は、“美人”がキーワード。さっそくチェックしてみましょうか。

(2015年7月16日)
使わなきゃ損:

自撮りがもっと楽しく美しくなる「Zenfone 2」の「美人エフェクト」。インカメラだけでなくメインカメラでも使えるこの機能を試してみた。

(2015年7月2日)
ドコモやauの回線で使ってみたいあなたへ:

日本ではソフトバンクが独占的に扱うMicrosoftの「Surface 3」のLTEモデル。最初からSIMロックフリーと言われると、ドコモとauのSIMカードを差してみたくなりますよね……。差してみましたよ。

(2015年7月1日)
地図やOfficeの使い勝手は?:

無事に発売されたMADOSMAだが、Windows Phoneでは「中華フォント」を目にする機会が多い。レビュー第3回では、この中華フォント問題を始め、WebブラウザーやOffice、地図やIMEなど、Windows Phoneのアプリを中心に解説する。

(2015年7月1日)
「ZenFone 2」レビュー(3):

「ZenFone 2」のカメラではどんなことができるのか。基本機能や操作性を確認したほか、前モデルの「ZenFone 5」や、Xperia Z3/iPhone 6も交えて画質をチェックした。

(2015年6月26日)

SIM製品

KDDIバリューイネイブラーの「UQ mobile」を活用し、auの4G LTEに対応したMVNOサービス「ハピネスモバイル」がスタートした。

(2015年7月23日)

DMM.comが、MVNOサービス「DMM mobile」の7GBプランを改定。データSIMは月額1860円、通話SIMは2560円とする。

(2015年7月22日)

パナソニックがMVNOとして提供している「Wonderlink」をリニューアル。3Gバイト、5Gバイト、7GバイトのLTE通信ができるプランや、700kbpsで使い放題のプランなどを提供する。

(2015年7月21日)

7月17日から、イオン209店舗でIIJの「みおふぉん」へのMNP契約が、即日可能になる。

(2015年7月17日)
スマホやモバイルルーターも販売:

NTTコミュニケーションズは7月24日、訪日外国人向けプリペイドSIM自動販売機を成田国際空港に設置する。プリペイドSIMのほか、スマートフォン、モバイルルーターやスマホアクセサリーなども販売する。

(2015年7月17日)

ビックカメラは、光コラボを活用した光回線サービス「ビック光」を提供開始。最大速度は上下1Gbpsで、MVNOサービス「BIC SIM」とのセット割も用意している。

(2015年7月16日)

アイツーは、「ミニガイドブック付き 海外トラベルSIMシリーズ」を発売する。同社の「トラベルSIM」シリーズにA5サイズのミニガイドブックを同梱した製品で、価格は1900円(税別)からとなる。

(2015年7月16日)

総合モバイル専門店「ゲオモバイル」52店舗で、格安SIMサービス「UQ mobile」の取り扱いがスタートした。8店舗では即日対応も可能だ。

(2015年7月15日)

プラスワン・マーケティングが、データ通信SIMが月額299円、音声対応SIMが月額999円からのSIMサービス「FREETEL」をヨドバシカメラほかで販売開始した。

(2015年7月15日)

現在、iOS 8以降の端末ではKDDI系のMVNOサービスは利用できないが、変更したAPN構成プロファイルを適用することで、この問題が一部改善されたという。詳細をIIJが「てくろぐ」で紹介している。

(2015年7月14日)
3Gバイト980円〜:

九州通信ネットワークが、auネットワークを利用した「BBIQスマホSIM a」を8月3日に開始。3Gバイトと5Gバイトの料金プランを用意する。

(2015年7月14日)

MMD研究所の「格安SIMに関する利用動向調査」によると、格安SIM利用者のうち5割はフィーチャーフォンと2台持ちしており、タブレットの利用も5割を超えていることが分かった。

(2015年7月13日)
格安SIMをもっとおトクに:

大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。7月に実施中のキャンペーンを、早速チェックしてみましょう。

(2015年7月11日)

NTTレゾナントが、「gooのスマホ」向けにシンプルデザインのホームアプリ「gooのやさしいスマホ」の提供を開始した。

(2015年7月10日)
ランチタイムは下り1Mbps未満も:

格安SIMサービス「IIJmio」の通信速度が遅くなったという声が最近よく聞かれる。特にランチタイムでは1Mbpsを割ることもある。5月下旬に予定通り設備増強は完了したというが……。

(2015年7月9日)

アイストリームが、利益の一部をNPO法人へ寄付する「ファンダム支援SIM」を提供開始。月200Mバイトの通信量が含まれる398円(税別)から利用でき、最大19枚のSIMカードでデータシェアが可能だ。

(2015年7月8日)

「MNO間の競争が十分であり、多様かつ競争的な料金が実現するのなら、中間事業者のMVNOは存在しない方が合理的」と話すIIJの佐々木氏。では、MVNOがサービスを提供する意義はどこにあるのだろうか?

(2015年7月7日)

IIJは、個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」の利用者を対象に、端末補償オプション2カ月無料やウェアラブル端末が当たるキャペーンを実施する。

(2015年7月6日)

IIJは、訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Japan Travel SIM」に1Gバイト/30日間をラインアップ。リチャージ専用クーポンカードを使用したデータ通信量の追加も可能となる。

(2015年7月3日)
もちろん「全プラン業界最安値」:

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」に3つのプランが追加された。通信速度を抑えることで安価な料金で利用できる「ライトプラン」と、より高速通信容量を増やした「15GBプラン」「20GBプラン」が加わり、既存のものを含めた全20プランで業界最安値を達成した。

(2015年7月2日)
SIMロックフリースマホメーカーに聞く:

HuaweiがSIMロックフリースマホを本格展開してから1年がたったが、同社は今の市場をどのように捉えているのか。同社の最新戦略を、日本で端末事業を統括するデバイス・プレジテントの呉波(ゴハ)氏に聞いた。

(2015年7月22日)

販売価格は、AQUOS SH-M01が一括5万544円(税込)、Aterm MR03LNが一括2万3760円(税込)。

(2015年7月17日)

ASUS JAPANは、SIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2」の4Gバイトメモリとストレージ128Gバイトモデルを公式ショップで限定発売。先着128人にプレゼントも実施する。

(2015年7月16日)

エヴァンゲリオン20周年特別企画として、新型のエヴァンゲリオンスマートフォンの開発が決定。ドコモ網に対応したSIMフリー端末として、年内に発売される。

(2015年7月13日)

ファーウェイのロックフリースマートフォン「HUAWEI P8lite」にゴールドが登場。7月24日から全3色で展開する。

(2015年7月13日)

Huaweiの軽量・コンパクトなWi-Fiタブレット「MediaPad T1 7.0」が発売。価格は9980円(税別)で、公式オンラインストアのみの限定販売となっている。

(2015年7月6日)

NTTコミュニケーションズは、下り最大300MbpsのLTE-Advancedに対応したモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」の予約受付を開始する。

(2015年6月30日)

ゲオスマホに、ASUS製「ZenFone 2」、富士通製「ARROWS M01」、シャープ製「AQUOS SH-M01」の3機種が新登場した。

(2015年6月25日)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けSIMロックフリー端末販売サービス「IIJmioサプライサービス」を提供開始。第1弾としてファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI P8lite」を7月7日に発売する。

(2015年6月23日)

NTTレゾナントはドスパラ、ヨドバシカメラに続き、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をビックカメラ8店舗でも販売開始。

(2015年6月23日)

NTTレゾナントは、SIMロックフリースマートフォン「gooのスマホ」をヨドバシカメラで順次販売する。

(2015年6月22日)

DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」で、SIMフリースマートフォン「ASUS ZenFone 2」と「HUAWEI P8lite」の販売を開始する。

(2015年6月19日)

日本では約4年ぶりとなるWindows Phoneが発売される。マウスコンピューターの「MADOSMA」は、今、買うべきスマートフォンなのだろうか? いくつかのポイントから考察したい。

(2015年6月18日)
自撮り機能も充実:

ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」の国内販売を発表した。価格は3万円以下からと手頃だが、8コアプロセッサと1300万画素カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。

(2015年6月17日)
「Talk Band B2」も:

ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォンとタブレット、スマートバンドを6月中旬から順次発売する。

(2015年6月17日)

LTEに対応した「今買えるSIMロックフリーのスマートフォン」のスペックを比較する本記事。第3回では、SIMのサイズ、ストレージ、メインメモリ、外部メモリ、LTEの下り最大通信速度、対応バンドを調べた。

(2015年6月15日)

エックスモバイルは、Xperia Z3 Compactが2万9800円、Xperia Z3が3万7800円になるキャンペーン「もしもシークス 初夏のXperiaフェスティバル」を開催する。

(2015年6月11日)

フュージョン・コミュニケーションズが、スマートフォン「honor6 Plus」と楽天モバイルのSIMカードとのセット販売を開始。もれなく純正レザーカバーをプレゼントするキャンペーンも行う。

(2015年6月10日)

ネットギアジャパンは、4G LTEとmicroSIMに対応したモバイルWi-Fiルーター「AirCard AC785」を6月下旬に発売する。

(2015年6月10日)
6月18日出荷:

6月2日0時1分より各量販店で順次予約販売開始。出荷は6月18日。

(2015年6月2日)
-PR-