格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO

選び方が分からない格安SIMを徹底比較。データ通信容量や音声通話の有無の比較から、SIMロックフリー端末の情報まで、用途に合わせてスマホ費用を節約するための選び方をまとめて紹介します。

サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
DMM mobile 1GB 660円 150Mbps 1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 150Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 150Mbps 30Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 700円 150Mbps 2Gバイト/月
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 150Mbps 600Mバイト/月
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 150Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 150Mbps 200Mバイト/月
PLAY SIM プラン80M/day 880円 150Mbps 80Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
NifMo 2GBプラン 900円 150Mbps 2Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 150Mbps 2Gバイト/月
OCN モバイル ONE 70MB/日コース 900円 150Mbps 70Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 150Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 150Mbps 51Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 150Mbps 50Mバイト/日
hi-ho LTE ミニマムスタート 933円 150Mbps 2Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 150Mbps 70Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 2Gバイト/月
mineo シングルタイプ 980円 150Mbps 1Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 150Mbps 70Mバイト/日
freebit mobile 1000円 500〜600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0〜3600円 150Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362〜2362円 150Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680〜1680円 150Mbps 3Gバイト/月

※2015年2月23日更新 ※freebit mobileは端末とのセット販売のみ ※Wonderlinkの月額700円は、2015年3月31日11時までに申し込んだ場合

Special

疑問を解消:

下り最大150Mbpsの通信が可能なサービスで業界最安という格安SIM「DMM mobile」。本当に“使える”のか、スマホでよく使うサービスを実際に試してみた。

(2015年2月27日)

SIMの基本

ゼロから分かる格安SIM:

「格安SIMに何となく興味があるけど、いまひとつよく分からない」という人たちへ贈る連載がスタート。第1回では「そもそもSIMとは?」というテーマを取り上げます。

(2015年3月24日)
SIM通:

「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。

(2014年6月25日)
親でも分かる! 図解モバイル:

スマホの月額料金が安くなる“格安SIM”を支える「MVNO」という仕組みは、一体どのようなものなのでしょうか。

(2014年6月30日)
SIM通:

携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。

(2014年7月2日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第6回:

格安SIMカードを販売しているMVNOは、ドコモから回線を借りていることが多く、SIMロックフリーでなくても、ドコモの多くのスマートフォンでSIMを使える。今回はそんなドコモ端末の買い方を紹介する。

(2014年4月4日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第8回:

MVNOが販売しているSIMカードは、ドコモ回線に対応したものがほとんどだ。ドコモのLTEスマホはテザリングが利用できるが、MVNOが提供するSIMカードでも同様に利用できるのだろうか。

(2014年5月2日)

格安SIMの料金と選び方

格安SIM定点観測:

3月31日までの申し込みで業界最安となる月700円で2Gバイトのデータ通信を利用できるパナソニックの「Wonderlink」のほか、データ通信SIMの提供を開始する「楽天モバイル」に注目だ。

(2015年2月25日)
格安SIM定点観測:

データ通信と合わせて音声SIMの提供を発表した九州通信に、割引キャンペーンを実施するmineo。IIJmioも留守番電話や割り込み電話着信のオプションを追加した。

(2015年2月26日)

MVNOが提供している通信サービスは、1日か1カ月の通信容量がプランごとに定められているが、通信の公平性を担保するために“3日間の制限”も設けているところが多い。あらためて、各社のルールをまとめた。

(2015年1月15日)
MVNO徹底比較:

十数社が入り乱れ、日々その数を増やしている格安SIMサービス。どれを選んでいいか分からないという人向けに、目的別のおすすめプランを紹介したい。

(2014年7月18日)
SIM通:

データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。

(2014年7月29日)
SIM通:

格安SIMを買うときにサイズはどうしていますか? 購入したSIMのサイズと端末のSIMスロットのサイズが違う場合には、変換アダプタが便利です。

(2014年7月8日)
主流はネット通販:

何かと話題の“格安SIM”だが、一体どこで購入できるのだろうか。サービス別に販売場所をまとめた。販売場所が特殊なプリペイドSIMは別途カテゴリを分けて紹介する。

(2014年8月11日)

主な格安SIMサービス

レビュー

格安SIM徹底レビュー:

各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、MVNOの老舗ともいえるIIJのSIMカードだ。

(2015年2月23日)

NTTぷららの「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」と、U-NEXTの「U-mobile データ専用 LTE使い放題」のレビュー後編では、住宅地、乗換駅、ランチタイムのオフィスビルなどで速度を測ったほか、YouTubeやブラウジング利用時の体感速度も検証した。

(2015年1月14日)
最新スマートフォン徹底比較:

LTE対応のSIMロックフリースマートフォンの比較レビュー第2回では、バッテリーの持ち(YouTubeの連続再生と静止画の連続表示)を測るテストと、ベンチマークテストを実施した。

(2014年12月30日)

NTTぷららとU-NEXTが提供する、容量無制限かつ定額でLTE通信を利用できるサービスが話題を集めている。実際のところ、どれだけ快適に通信できるのだろうか。複数スポットで調べてみた。

(2014年12月3日)
最新スマートフォン徹底比較:

MVNOサービスの増加に伴い、2014年夏ごろから、LTEに対応したSIMロックフリースマートフォンも増えてきた。本稿では2万〜4万円ほどで購入できるスマートフォン6機種を徹底比較する。まずは基本スペックと持ちやすさについて検証した。

(2014年11月27日)

MVNOのSIMを利用しつつ格安通話サービスを使って通話料を抑えようという企画の第3回目。今回は「楽天でんわ」「G-Call」「LINEでんわ」の3サービスをチェックする。

(2014年11月10日)
SIM通:

auのネットワークを利用した「mineo」は、データ通信ではLTEのみを利用します。auのLTEは都内では快適に利用できると言われていますが、地下ではどうでしょうか? 新宿駅と渋谷駅で試してみました。

(2014年10月16日)
使える? 使えない? 速さは?:

SIMフリー版「iPhone 6」でiPhone 5sのSIMは利用できるのか? キャリア3社のiPhoneで使われていたSIMを装着してみた。

(2014年9月19日)

SIM製品

ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」で、データ通信容量の翌月繰り越しが可能になった。4月利用分より対応する。

(2015年3月24日)

ニフティが提供している「NifMo」でも、4月1日からデータ通信容量を増やす。月額900円の2Gバイト、月額1600円で5Gバイト、月額2800円で10Gバイトを利用できる。

(2015年3月20日)
MVNOに聞く:

パナソニックがMVNOに参入し、コンシューマー向けと法人向けの両方で通信サービスを提供している。パナソニックはMVNOで目指すのは、IoT時代の主役だという。その意図を聞いた。

(2015年3月20日)

こだわりは価格だけでない――。イオンが新たに投入する3機種のスマートフォンは、ユーザーの多様なニーズに応えたモデルだ。価格と中身のバランスの取れたラインアップで攻勢をかける。

(2015年3月19日)

「hi-ho LTE typeDシリーズ」の各コースへ付与されるバンドルチャージ量が、最大10Gバイトに増量となる。

(2015年3月18日)
App Town ユーティリティ:

BIGLOBEは電話番号をそのままに、国内通話料が従来の半額になる「BIGLOBEでんわ」サービスのiPhone版をリリースした。

(2015年3月18日)
500kbpsコースは月15Gバイトに:

NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」でも、4月1日からデータ通信量を増量する。あわせて、トライアルで提供しているWi-Fiスポットの提供期間を延長する。

(2015年3月18日)

ビッグローブが、「うれスマ」の新規申し込み時に3サービスの申し込みで、24カ月間の月額料金を800円割り引くWeb限定「あんしんセット割」をスタートした。

(2015年3月17日)

IIJが、格安SIM「IIJmio」の通話料金を半額にする「みおふぉんダイアル」と、同一名義の回線同士の通話料を20%割り引く「ファミリー通話割引」を4月1日から提供する。

(2015年3月17日)

「楽天モバイル」が4月から3つの料金プランでデータ通信容量を増加する。最安プランでは、月900円で3.1Gバイト利用できるようになる。

(2015年3月16日)

IIJが「IIJmio」のすべての料金プランでデータ通信容量を増加する。ミニマムスタートプランは、月900円で3Gバイト利用できるようになる。

(2015年3月10日)

ニフティは、主に音声通話利用者に向けた「ヨドバシカメラ限定 NifMo音声通話対応SIMカード スタートプラン」を3月18日に発売。月額1180円(税別)で利用可能だ。

(2015年3月9日)

「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のファミリーシェアプランで、追加するSIMカードのMNP転入に対応。また、抽選で200人に「LG G2 mini」をプレゼントするキャンペーンも行う。

(2015年3月5日)

ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」の「mineoプリペイドパック」を発売。初期費用3200円(税別)だけで高速データ通信を利用でき、残った容量は月額サービスへ引き継ぎ可能だ。

(2015年2月27日)
二子玉川と仙台にも出店:

楽天モバイルがデータSIMの提供を開始し、対応スマホに「ARROWS M01」をラインアップした。MNPがその場でできる実店舗を二子玉川と仙台にも拡大し、ポイントサービスの拡充なども図る。

(2015年2月24日)
沢尻さん出演の新CM完成:

ニフティは「NifMo」の対応端末に富士通製「ARROWS M01」を追加した。3月に発売する。また6月から通話定額プランを開始することも予告した。大手キャリアの約半額にするという。

(2015年2月23日)
MVNOに聞く:

早いタイミングでMVNO事業に参入し、スマートフォンとのセット販売も積極的に仕掛けてきたビッグローブ。今後はSIMロックフリーのウェアラブル端末の投入も予定している。そんなビッグローブに、MVNO事業の戦略を聞いた。

(2015年2月23日)

NTTぷららは、光コラボレーションモデルを活用した「ぷらら光」の提供を開始。「ひかりTV」「ぷららモバイルLTE」ユーザー向けのセット割引も行う。

(2015年2月20日)

フリービットがCCCグループと提携し、「freebit mobile」とCCCが持つカルチュア・インフラを統合したモバイル通信サービスを提供する。両社が提携した背景とは? フリービット石田会長とCCC増田社長が語った。

(2015年2月19日)

ハイホーが、NTT東西の光回線を利用した「hi-ho ひかり」を3月2日から提供開始。各種オプションサービスや「hi-ho スマート割」も実施する。

(2015年2月17日)

SIMロックフリースマートフォン「freetel priori2」に新色のパールホワイトが追加される。発売は3月21日。

(2015年3月20日)

「DMM mobile」が端末ラインアップにHuawei製スマホ「Ascend G620S」を追加した。一括価格は2万2200円。

(2015年3月19日)
SIMロックフリー? おサイフは?:

4.3型のHD液晶にGレンズ付きの2070万画素カメラを搭載したコンパクトなスマートフォン「Xperia J1 Compact」を、ソネット、ソニーモバイル、イオンが4月20日に発売する。ソネットの「PLAY SIM」とのセット販売となる。

(2015年3月19日)

富士通は、SIMロックフリースマホ「ARROWS M01」の販路を拡大し、3月21日より全国の家電量販店などで発売すると発表した。

(2015年3月19日)

イオンが格安スマホ「イオンスマホ」の新モデルを発表。「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」のほか、京セラ製の高耐久端末が投入される。

(2015年3月19日)

日本通信とVAIOがVAIOブランドのスマートフォン「VAIO Phone」を3月13日に発売する。端末価格は5万1000円で、月2980円からの音声通話付きSIMの料金プランを用意する(端末代含む)。

(2015年3月12日)
販売停止は継続:

Apple Storeでの「iPhone 6/6 Plus」販売価格が全モデルで1万1000円アップした。販売停止の状態も継続中だ。

(2015年3月11日)

SIMフリースマートフォン「freetel priori2」のLTE版が発売。テザリングやデュアルSIMにも対応し、1万7800円(税込)。

(2015年3月5日)

SIMロックフリースマホブランドの「freetel」にWindows Phone 8.1搭載モデルが登場する。2015年夏までに国内で発売する予定だ。

(2015年2月27日)
日本メーカーからWindows 10スマホ登場か?:

マウスコンピューターは、Windows Phoneベースのデバイス開発について契約を締結、同OS搭載機の開発に着手した。

(2015年2月23日)

Android 4.4を搭載し、通話やデータ通信にも対応したSIMロックフリースマートウォッチフォン「SmartGear49」の正式販売が2月16日に決定した。

(2015年2月18日)
生活防水に対応:

アレスが、Android 4.0を搭載したSIMロックフリーの腕時計型スマートフォン「ARES EC309」の防水モデルを発売した。

(2015年2月5日)
ブックオフで販売:

エイサーが日本で初めてSIMロックフリースマートフォンを1月28日にブックオフで発売する。ブックオフのオリジナルデータ通信用プランとセットで利用する。

(2015年1月27日)
IIJmio meeting 6:

MVNOのSIMカードが使えるSIMロックフリースマホは、どんな機種を選べばいいのだろうか? IIJの堂前氏がIIJmio meetingで解説した。重要なのは、CPUとメモリ、対応周波数帯だ。

(2015年1月26日)

NTTレゾナントが運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」で、4980円のSIMフリースマートフォンが販売開始。

(2015年1月23日)

「freetel」のSIMフリースマートフォン「freetel priori2」のホワイトカラーが登場。1月8日発売。

(2015年1月6日)

日本通信とVAIOが協業し、2015年1月にVAIOブランドのスマートフォンを投入する。

(2014年12月25日)
SIMロックフリースマホメーカーに聞く:

ASUSが日本で初めて投入したLTEスマートフォン「ZenFone 5」が大きな話題を集めている。自社のSIMカードとセットで販売するMVNOも多く、2万円台後半という安さも魅力だ。ZenFone 5導入の背景や価格設定の秘密などを、ASUS JAPANに聞いた。

(2014年12月18日)

LaVie Tab Sでも格安SIMでデータ通信をビシバシ使えるようになる! 

(2014年12月16日)

イオンの「イオンモバイル」から月額1680円のモバイルWi-Fiルーターが発売。LTEに対応し、通信容量は3Gバイト、5Gバイト、8Gバイトの選べる3プランを用意している。

(2014年12月11日)

auのネットワークを利用したデータ通信サービス「mineo」向けに、モバイルWi-Fiルーター「Aterm(MR03LE)」が発売された。また、データSIMの「シングルタイプ」にもSMSオプションが提供される。

(2014年12月10日)

10月29日にサービスを開始してから「想定以上に契約が増えている」という「楽天モバイル」。12月には2つの新機種を発表し、分割払いや楽天カフェでの契約も可能になった。バランスのよい3モデルがそろい、年末商戦に向けて攻勢をかける。

(2014年12月5日)
楽天カフェに実機を展示:

フュージョン・コミュニケーションズが展開している「楽天モバイル」に、スマートフォン2機種が追加された。Huaweiの「Ascend Mate7」が12月11日、シャープの「AQUOS SH-M01」が12月17日に発売される。

(2014年12月5日)
「Ascend Mate7」「Ascend G620S」発売:

HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」が12月12日に発売される。価格は税別で4万9800円。スペックを考えると「格安」だが、「安かろう悪かろう」にならない製品を投入し、日本のSIMロックフリー市場をさらに攻めていく構えだ。

(2014年12月4日)
Ascend Mate7は4万9800円:

HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」が12月12日に発売される。全国の家電量販店やオンラインショップなどで取り扱う。

(2014年12月4日)
-PR-