SIMカード

スマートフォンの普及に伴い、MVNO(仮想移動体通信事業者)が通信キャリアの回線を借りて提供するデータ通信サービスが急増しており、通信料を抑える手段の1つとして注目を集めています。ここでは、SIMの基本情報や、MVNOが提供するSIMサービス、そしてSIMロックフリー端末などに関する記事をまとめました。

SIMの基本

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第7回:

一部のMVNOは、SIMとSIMロックフリー端末をセットで販売している。回線契約と端末購入を同時に行えるのがメリットだ。端末代と通信費込みで月額2000円台と料金もリーズナブルだ。今回は3社のサービスを紹介しよう。

(2014年4月18日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第6回:

格安SIMカードを販売しているMVNOは、ドコモから回線を借りていることが多く、SIMロックフリーでなくても、ドコモの多くのスマートフォンでSIMを使える。今回はそんなドコモ端末の買い方を紹介する。

(2014年4月4日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第5回:

格安SIMを使うには、当然ながら対応するスマートフォンが必要になる。日本ではどんなSIMフリースマホを購入できるのだろうか。主なモデルをまとめてみた。

(2014年3月20日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第4回:

通信キャリアのスマートフォンを購入する場合と異なり、MVNOのSIMカードを使ってデータ通信を始めるまでの設定は、自分で行う必要がある。今回は適切なSIMカードの選び方や設定方法を解説したい。

(2014年3月7日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第3回:

1Gバイトまで980円というMVNOのサービスが増えているが、それ以外の料金体系を用意している会社もある。利用方法によってはもっと安く運用できることもあるので、今回は2段階制プランと低速プランについて紹介しよう。

(2014年2月21日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第2回:

1Gバイトまでフルスピードで980円という価格は、今、格安SIMを選ぶ上で1つの基準になりつつあるが、料金プランは各社で異なる。今回はMVNO大手のBIGLOBE、OCN、IIJ、そして日本通信の料金プランを紹介したい。

(2014年2月7日)
はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第1回:

通信事業者以外の会社が提供する「格安SIM」が注目を集めており、日常の中で「SIM」という単語を聞く機会も増えてきた。本連載では、格安SIMを初めて使う人に向けて、サービスや料金など運用のポイントから、SIMフリースマートフォン/タブレット、海外での活用方法までを解説する。

(2014年1月24日)
誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:

前回の連載記事では、長電話をする人向けに「通話料」を抑える方法をご紹介しましたが、今回はパケット通信費用を抑える方法の1つ、「格安SIMカード」を検証します。安いだけでなく、サービスの種類が豊富な点も魅力で、LTEの高速通信をリーズナブルなコストで利用できます。

(2013年9月20日)

スマートフォンを使う上でいろいろと複雑なのがSIMカード。形状やキャリア内での使い回し、SIMロック解除などはキャリアによって異なる。あらためて、SIMにまつわるさまざまな事項をまとめてみた。

(2012年4月11日)
ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:

2013年8月〜9月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。後編は「新型Nexus 7&Nexus 4について」「SIMフリー時代の本格的な到来」などを取り上げる。

(2013年10月2日)

レビュー

1カ月間、もしくは1日に限られた量だけ高速通信ができることをウリにした格安SIMが流行の兆しを見せている。キャリアで普通に契約したSIMと比較して、格安SIMで高速通信は快適にできるのか、試してみた。

(2014年2月20日)

7型タブレット「Nexus 7 2013(LTEモデル)」はLTEデータ通信対応で、さらにSIMロックフリーである。では「SIMカード」はどのサービスを選べばよいか。LTE対応タブレットを、できるだけ低価格に、お得に利用できるのはどれか。利用スタイル別に検証した。

(2013年10月29日)

SIM製品

アクセリアは、IP電話機能を備えたSIMカード「pointy」を発売。おトクなポイント制度や人気声優・福原香織によるアニメ調応答も用意している。

(2014年4月18日)

ビックカメラは、安価で利用できるSIMカード「BIC SIM」とSIMフリー端末のセット3種類を限定販売する。数量は全国合計1000セットで、月額料金は2830円から。

(2014年4月18日)

「楽天ブロードバンド LTE」の「エントリープラスプラン」と「ライトプラスプラン」でSMS機能を4月21日から提供開始。

(2014年4月18日)

日本通信が提供する、プランを選べる格安SIMサービス「b-mobile X SIM」が4月25日からアップグレード。利用可能なデータ量や月額基本料をさらに使いやすく。

(2014年4月17日)

フリービットとドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、SIMサービス「ServersMan SIM LTE」のデータ通信速度アップや品質向上、iPhone完全対応といったバージョンアップを実施。

(2014年4月16日)

インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する個人向けデータ通信サービス「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」の「音声通話機能付きSIMカード」にて、MNPの転入が可能になった。

(2014年4月15日)

ソネットは、モバイル通信サービス向けにプリペイド式SIMカード「Prepaid LTE SIM」を提供開始。国際空港の自動販売機などで販売していく。

(2014年4月15日)

高速モバイル通信サービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」で「音声通話対応SIMカード」の提供がスタート。国内外への通話に加え、緊急電話なども利用できるという。

(2014年4月14日)

4月1日に社名を変更したばかりのビッグローブが事業方針を説明。VNO(バーチャルネットワーク事業者)として、光回線、モバイル、公衆無線LANを今後も提供していく。ウェアラブル端末を開発するなど、価格以外の強みも模索している。

(2014年4月8日)

ビッグローブが、「ほぼスマホ」のオプションサービスとして、通話サービスを7月に提供する予定。090などの番号を使えるほか、MNPにも対応する。

(2014年4月8日)

U-NEXTとヤマダ電機が業務提携を発表。NTTドコモのLTEに対応したモバイルデータ通信サービス「YAMADA SIM powered by U-mobile*d」の販売をスタートする。

(2014年3月25日)

NECビッグローブは、同社提供のモバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」エントリープランの料金改定を発表。4月1日より値下げ料金が適用される。

(2014年3月24日)

NTTコミュニケーションズが提供するモバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」がリニューアル。値下げと通信容量の拡大などを行う。

(2014年3月20日)
そこまでいっていいんですか:

「Androidのイベントですからリップサービス」といいつつ、刺激的なスライドとともに2014年における日本キャリアの動向を大胆に予想していたりする。

(2014年3月22日)
石野純也のMobile Eye(3月3日〜14日):

3月7日はIIJが音声通話対応のSIMカードを発表したほか、6日には総務省とテレコムサービス協会MVNO委員会が「MVNO2.0フォーラム」を開催した。今回は、これらMVNOが提供するSIMサービスの現状と課題をまとめた。

(2014年3月16日)
「通話の需要は依然強い」:

IIJは、データ通信専用で展開してきた個人向けSIMに音声通話対応のラインアップを追加した。最少価格プランでは月額2000円を切る(ただし通話料別)。

(2014年3月7日)

高速モバイル通信サービス「hi-ho LTE typeEM GL09」コースで、初期費用無料に加えて「Nexus 7(2012)(8GB Wi-Fi版)プレゼント」か「月額利用料金から2年間500円割引」を選べるキャンペーンがスタート。

(2014年3月4日)

ソネットが、月額2838円(税別)でLTE/3G通信ができるサービスの新プラン「ハイスピードM」を3月1日から提供している。「Nexus 7(2013)」の購入も必要となる。

(2014年3月3日)

ソフトバンクモバイルが、スマートフォンのプリペイドサービス「プリスマ」のSIMカードを、他社の携帯電話ユーザー向けに提供する。3月4日から受け付ける。

(2014年2月28日)

インターネットイニシアティブが、ビックカメラグループの店舗やオンラインショップで購入できる「IIJmioプリペイドパック for BIC SIM」を発売。3980円で500MバイトのLTE通信ができる。

(2014年2月21日)

NECビッグローブは、シャープ製Android端末「AQUOS PHONE SH90B」に同社製LTE通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」「Wi-Fiスポット」をセットにした「Wi-Fiほぼスマホ」を本日より提供する。

(2014年2月3日)

NTTコミュニケーションズは、モバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」において、新規契約ユーザーを対象にしたキャッシュバックキャンペーンを2月1日に開始。また、Bluetoothテザリングにより最大約24時間の長時間連続通信を実現した、クワッドバンドLTE対応のモバイルWi-Fiルーターを発売する。

(2014年1月31日)

フロンティアファクトリーは、海外での利用にも対応した低価格データSIMカード「GigSky」を発表した。

(2014年1月31日)

日本通信は、3種類の通信プランを手数料無料で変更可能としたSIMカード「b-mobile X SIM」を発表した。

(2014年1月24日)

ビックカメラは、LTE対応のデータ通信用SIMカード「BIC SIM」とSIMフリースマホ「freetel」の同時購入で、初期費用を半額にするなどのキャンペーンを開始した。

(2013年12月25日)

ドコモのLTE通信を利用できる「U-mobile*d」のnanoSIMカードが、Amazon限定で発売された。SIMフリーのiPhoneなどで利用できる。

(2013年12月25日)

日本通信は、月額945円で1か月の高速データ通信容量の上限が600Mバイトの「月額定額プランI」と、月額980円で1日の通信容量の上限が40Mバイトの「月額定額プランN」を、2014年1月1日から提供する。

(2013年12月24日)

テレコムスクエアは、「Wi-Ho」ブランドの海外用プリペイドSIMをヨドバシカメラで販売する。対象は米国、台湾、香港、中国の4地域。

(2013年12月18日)

U-NEXTが、LTE対応の高速モバイルデータ通信サービス「U-mobile*d」のSIMパッケージをAmazon.co.jpで販売開始。

(2013年12月17日)

フロンティアファクトリーは、「世界中で使える格安データ通信SIM」をうたう米GIG Sky(ギグ スカイ)のプリペイド式SIMカードを年内に発売する。

(2013年12月13日)

NTTコミュニケーションズが、3980円で1日30Mバイトまで、30日間利用できるプリペイドSIMを、ローソンで販売する。2980円で50日間延長できるパッケージも用意する。

(2013年12月13日)

NTTコミュニケーションズは、LTE対応モバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」でSMS機能付きSIMカードの提供を開始した。また、通信データ容量を複数のSIMカードでシェアできるデータシェア型SIMも合わせて提供する。

(2013年12月6日)
ポイントは無料Wi-Fi、月額3000円以下で使えるNexus 7/スマホセットも:

LTEデータ通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」に1Gバイト/980円の低価格な新プランが登場。同時にIGZOスマホとセットにした「Wi-Fiほぼスマホ」を通信費込み月額2950円で提供するサービスも始める。「1Gバイトでは足りない!」と感じるユーザー向けの施策を盛りこんだ。

(2013年12月2日)

ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が運営するLTE SIMサービス「ServersMan SIM LTE 100」で初のメジャーバージョンアップを実施。月額490円の料金据え置きで、通信速度を従来比1.5倍の最大150kbpsへと増速した。

(2013年11月25日)
フルスペックサービスはもういらない:

Nexus 5といったSIMロックフリーデバイスの登場と、1000円を切る“低価格低速SIM”の成功など、MVNO市場が拡大しつつある。その実情をIIJが説明した。

(2013年11月18日)

日本通信が、通話とSMSのみ利用できる「携帯電話SIM」を11月23日に発売する。月額1354円からのプランを用意する。

(2013年11月18日)

日本通信は、月額1638円で音声通話と最大200kbpsのデータ通信が利用できるSIMカード「スマホ電話SIM フリーData」を11月23日に発売する。

(2013年11月13日)

ソネットのモバイル通信サービス「So-net モバイル LTE」に、Nexus 7と組み合わせて使う「ハイスピードS」と、音声通話付きの「+Talk S」が登場した。

(2013年11月5日)

NTTコムは、モバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」の容量追加オプションのコースを拡大。また、SIMカードの販売チャネルや動作確認済み対応のラインアップも追加した。

(2013年11月5日)
じつはドコモ版iPhone 5sでも使える:

低価格SIMカードサービス「BIGLOBE LTE・3G」がサービスを改訂。2年縛りなし、月額料金値下げ+最大通信量の増加など、より導入しやすいサービスプランとなった。

(2013年11月1日)

フリービットとDTIは、ユーザー自身がモバイル料金プランを自由に組み立てられる「Semantic Switch」技術を開発したと発表した。

(2013年10月25日)

ソネットの高速モバイル通信サービス「So-net モバイル LTE」に、モバイルWi-Fiルーター「FS010W」の料金も含め月額1815円から利用できるエントリープランが登場。

(2013年10月2日)

ニフティは、同社提供のLTEデータ通信サービス「@nifty do LTE」に新料金プラン計2タイプを追加。従来タイプを含め計3プランを用意する。

(2013年9月30日)

インターネットイニシアティブは、データ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」における一部プランの月額料金を10月1日に値下げする。また、SMS機能に対応したSIMも追加する。

(2013年9月26日)

日本通信は、Amazon.co.jpやヨドバシカメラ、自社で販売している「スマホ電話SIM for LTE」の料金プランに、音声通話のみ月額1080円から利用できるプランを追加する。

(2013年9月18日)

日本通信とイオンは、音声通話のみなら月額1080円で利用できる「スマホ電話SIM for LTE」を発表した。9月19日から本州と四国のイオンで販売する。

(2013年9月10日)

U-NEXTは、月額714円から利用できるLTE対応のモバイルデータ通信SIMカードの販売を開始した。

(2013年9月2日)

フュージョン・コミュニケーションズは、LTE対応データ通信サービス「楽天ブロードバンド LTEライトプラスプラン」の提供開始を発表した。

(2013年9月2日)
これまさかひょっとして“艦これ”対策?:

NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル エントリー d LTE 980」の利用プランを拡張した「OCN モバイル ONE」を8月29日に発表した。

(2013年8月29日)

楽天イー・モバイルが「利用で楽天ポイントがたまる」データ通信サービスにLTE+AXGP対応の新モデルを追加。「Nexus 7 2013」とのセットを割引販売するキャンペーンも実施する。

(2013年8月29日)

ハイホーは、LTE通信に対応した「Nexus 7(2013)」とSIMカードをセットにしたコース「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Nexus 7【LTE】」の申込受付を8月28日に開始する。

(2013年8月26日)

ドリーム・トレイン・インターネットは、同社提供通信サービス「ServersMan SIM 3G 100」のリニューアルを発表、LTEにも対応し「ServersMan SIM LTE 100」としてサービスを開始する。

(2013年7月22日)

SIMフリー端末

デュアルSIM対応:

コヴィアとコヴィアネットワークスが、ドコモの回線を利用できるSIMフリーの3Gスマートフォンを発表。1万9800円(税込)という低価格で購入できる。

(2014年2月28日)
500Mバイト分の3G通信付き:

8型“変形”タブレット「YOGA TABLET 8」に3G内蔵モデルが追加、プリペイドSIMカードサービスとセットで販売される。

(2014年1月28日)
5sは7万1800円から:

日本のApple StoreでSIMロックフリー版「iPhone 5s」「iPhone 5c」の販売が始まった。価格は5sが7万1800円から、5cが6万800円からとなっている。

(2013年11月22日)

Googleが「Android 4.4(コードネーム:KitKat)」を搭載する新Nexusスマートフォン「Nexus 5」を発売した。「LG G2」をベースにした5インチ端末で、価格は3万9800円から。

(2013年11月1日)

ASUSから3Gモジュール内蔵の7型タブレット「Fonepad 7」が登場。Atom Z2560搭載でOSはAndroid4.2.1。SIMロックフリー+FOMAプラスエリア対応にて、価格は3万4800円前後。ほどよい価格帯を実現する。

(2013年9月26日)

Nexus 7(2013)LTEモデルの日本発売日が決定。発売日は9月13日。価格は3万9800円前後。

(2013年9月11日)

国内外のSIMフリー携帯電話/スマートフォンなどの販売や、iPhoneの修理などを手がけるSIMフリー携帯専門店「Wasabee」が東京駅にオープン。9月4日より記念特典も提供する。

(2013年9月2日)
SIMロックフリー:

LGエレクトロニクスは、GoogleのAndroid 4.3搭載スマートフォン「Nexus 4」を8月30日に日本で発売すると発表した。

(2013年8月27日)

Nexus 7(2013)は、日本市場向けにもLTEモデルがラインアップされる。SIMロックフリーのため、国内通信事業者のLTEサービスも条件に合えば使用できるようだ。

(2013年8月26日)

「本来あり得ない理由で」出荷を一時停止した日本通信のLTE対応ルータ「b-mobile4G WiFi3」。本来の要件を満たした商品の準備が整ったため、出荷が再開される。

(2013年6月21日)
-PR-