ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LTE(Long Term Evolution)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドコモの「LTE→5G転用」は2021年度後半から 決算説明会で吉澤社長
LTE用に割り当てられた周波数帯の5Gへの転用に消極的とされるNTTドコモ。10月29日に行われた報道関係者向けの決算説明会において、初めて転用開始時期の見通しが明らかとなった。あくまでも、新規周波数帯でのエリア整備を重視する姿勢には変わりがないという。(2020/10/29)

ドコモが「子育てサポート割引」を12月9日から提供 1人親世帯などの通信料金を最大で1700円引き
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた社会や経済情勢の変化を受けて、NTTドコモが新たな割引プログラムの提供を開始。児童扶養手当の受給を受けている人を対象に、通信料金を最大で1700円引きとする。(2020/10/29)

IIJ、KDDI回線の法人向け5Gサービスを提供 4Gと同価格で
IIJが法人向けのKDDI回線を利用したモバイルデータ通信サービスで、5G通信の対応を10月30日に始める。KDDI回線で5G通信を提供するのはMVNO初という。(2020/10/29)

IIJ、KDDI回線で法人向け5Gサービスを提供 10月30日から
IIJは、10月30日からKDDI回線を利用した法人向けモバイルデータ通信サービス「IIJモバイルサービス/タイプK」へau 5Gに対応した新たな回線種別「5G」を追加。4G LTEと同価格で提供する。(2020/10/29)

5Gビジネスの神髄に迫る:
市場拡大を見据え、ローカル5G関連の展示が急増した「CEATEC 2020 ONLINE」
新型コロナウイルスの影響で、2020年はオンラインでの開催となったCEATEC。今回は携帯大手の出展がなかったこともあり、ローカル5Gやそれに関連したデバイス、ソリューションなどの展示が目立っていた。富士通コンテクテッドテクノロジーズ、シャープ、京セラといった主要企業の取り組みを見てきた。(2020/10/29)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(47):
「iPhone」は半導体進化のバロメーターである
2020年10月に発売された「iPhone 12 Pro」を分解し、基本構造を探る。さらに、搭載されている主要チップの変遷をたどってみよう。そこからは、iPhoneが半導体の進化のバロメーターであることが見えてくる。(2020/10/29)

コロナ禍で企業のネットワーク活用に変化 5Gへの期待と不安――IDC調査
IDC Japanによると、新型コロナウイルス感染症の影響は企業ネットワークの導入/活用動向に変化を及ぼしていることが判明。クラウドシフトや5G、ワイヤレスファーストの導入/活用など、今後の企業ネットワークの在り方に影響する変化を推進する可能性が大きいという。(2020/10/27)

楽天モバイルも含めた4キャリアのモバイル回線、世界的に見て品質はどう?
Opensignalが、「2020年10月-日本のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンスについての分析報告書」を公開。2020年6月1日から9月末までに収集された日本の携帯電話事業者4社のデータを分析。スピードと遅延については、ダウンロードではドコモが1位だった。世界約100カ国との比較も紹介された。(2020/10/27)

「iPhone 12」で楽天モバイルのSIMは使える? 物理SIMとeSIMで試してみた
楽天モバイルのSIMは、iPhoneでも一部機種で利用できる。では、発売されたばかりの「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」ではどうか。手元にあるiPhone 12 Proで、物理SIMとeSIMを試してみた。(2020/10/27)

マウス、第10世代Core i7を採用した15.6型スタンダードノートPC
マウスコンピューターは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスタンダードノートPC「mouse B5」シリーズを発表した。(2020/10/26)

モトローラ、2万円台のミッドレンジ「moto g9 play」、3万円台でスタイラスペン付きの「moto g PRO」発表
モトローラ・モビリティ・ジャパンが、スマートフォンの新モデル「moto g9 play」と「moto g PRO」を10月30日に発売する。moto g9 playは、6.5型の大きなディスプレイやトリプルカメラを搭載しながら2万円台の価格を実現。ビジネス向けのmoto g PROは、本体に収納できるスタイラスペンが付属する。(2020/10/26)

製造業IoT:
日立がローカル5G実証環境を構築、エッジコンピューティング運用技術を重視
日立製作所は、中央研究所(東京都国分寺市)内にあるイノベーション創成を加速するための研究施設「協創の森」に、エッジコンピューティング運用技術を重視するローカル5G実証環境を構築したと発表した。(2020/10/26)

楽天モバイルの「auエリアローミング」が順次終了 東京都、大阪府、奈良県の一部で
KDDIと沖縄セルラー電話は、楽天モバイルに対してauの4G LTEネットワークを貸し出している。この貸し出しが、東京都、大阪府、奈良県の一部において順次終了することになった。楽天モバイルの自社エリアの整備が進んだ結果であると思われる。(2020/10/23)

「iPhone 12」シリーズは4GのSIMでも使える? 各社のSIMを試してみた
「iPhone 12」シリーズは5Gに対応したが、SIMの挙動が気になるところ。これまで使っていた4GのSIMは利用できるのだろうか。各社のSIMを実際に挿して通信できるか確認してみた。(2020/10/23)

iPhone 12/12 Proは格安SIM(MVNOサービス)で使える? 検証結果まとめ
iPhoneとしては初めて5Gに対応した「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」が発売された。LTE(4G)でサービスを提供するMVNOサービス(格安SIM)で通信できるのだろうか。各社が行った検証結果をまとめた。(2020/10/23)

全機種5G対応のiPhone 12シリーズ auで使うとどんなメリットが?――KDDI東海林副社長が解説
KDDIが「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」を開催、東海林崇副社長が登壇した。改めて、au 5GでiPhone 12シリーズを使うメリットをアピールした。(2020/10/23)

iPhone 12シリーズで大手キャリアの「5Gプラン」にすると月額料金はいくら変わる? 変わらない?
大手キャリアでAppleのiPhone 12シリーズを使う場合、事実上5G契約への移行が必須となります。月額料金はどうなるのでしょうか。(2020/10/23)

SIMフリー版ユーザーは必見:
iPhone 12シリーズは「5G契約」必須? 各キャリアに聞いてみた
AppleのiPhone 12シリーズは、iPhoneとしては初めて「5G」に対応します。そのことで気になる契約回りについて、大手キャリアの広報担当者に質問してみました。【追記】【訂正】(2020/10/23)

Apple Watchの「Series 6」と「SE」、どちらを選ぶ? 実際に使って分かった“違い”
前モデルから正統進化を遂げた「Apple Watch Series 6」と、価格を抑えた「Apple Watch SE」について、実際に両機を使ってみた印象を交えつつ、購入検討時にどんなところにチェックすればよいのかを紹介していこう。(2020/10/23)

船も「CASE」:
小さなヨットで取り組む自律“帆走”、漁業や海上タクシーへの貢献目指す
自律“帆走”技術の開発に挑むスタートアップ企業がある。野間恒毅氏がCEOを務めるエバーブルーテクノロジーズだ。現在、ラジコンヨットをベースにした全長1mのプロトタイプと、船型からオリジナルで開発した2m級のトリマラン「Type-A」を用いて、自律帆走の実証実験を重ねている。(2020/10/22)

Acerが新しいPCを一挙に発表 ポルシェデザインとのコラボモデルも
Acerが、オンラインイベントで新型PCを披露した。ドイツの「Porsche Design(ポルシェデザイン)」とコラボレーションしたモバイルノートPCを始めとする注目機種を紹介する。(2020/10/22)

初のSnapdragon搭載Chromebook、Acerの「Spin 513」が400ドルで登場
AcerがChromebookとしては初のQualcomm Snapdragon搭載ノート「Spin 513」を発表した。価格は399.99ドル(約4万2000円)からで、LTEモデルもある。米国での発売は来年2月。(2020/10/22)

本田雅一の時事想々:
新型iPhoneは、スマホ市場のマンネリを打破できるのか
毎年、新しいiPhoneが発売され続けてきた結果、以前ほど市場の反応は敏感ではなくなってきている。iPhone、さらにいえばスマホ市場が成熟している中で、アップルはどのように“マンネリ”に対抗するのか。新iPhoneから考えを読み解く。(2020/10/22)

エッジコンピューティング:
監視カメラ用途で提案、映像向け産業用IoTゲートウェイを開発
アムニモは2020年10月21日、新たな産業用IoTゲートウェイとして「Edge Gateway amnimo G シリーズ AG10」を発表し同日に販売を開始した。主に監視カメラ用映像ソリューションの一環としての提案を進める方針だ。(2020/10/22)

モノづくり最前線レポート:
2020年末にローカル5Gの周波数帯域が大幅拡大、非同期運用も検討が進む
「Local 5G Summit」の講演に、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)の事務局長を務める大村好則氏が登壇。ローカル5Gの普及促進に向けて、5GMFの地域利用推進委員会が進める取り組みや検討が進むユースケースなどについて紹介した。(2020/10/22)

5Gビジネスの神髄に迫る:
NTT東日本に聞く、ローカル5Gの取り組み 地方創生に向け産学連携で自治体をサポート
ローカル5Gにはさまざまな事業者が参入しているが、現在のところ規模の面で最大手といえるのはNTT東日本ではないだろうか。固定通信のイメージが強いNTT東日本だが、実はWi-Fiを用いた無線通信は以前から手掛けている。同社にとってローカル5Gは、企業のネットワークのエンドポイントとして利用する無線通信ソリューションの1つに位置付けられる。(2020/10/22)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 12シリーズ」祭りの1週間
日本時間の10月14日、iPhone 12シリーズが発表されました。そのこともあってか、今回のアクセス数ランキングのトップ10は、iPhone 12シリーズに関連する記事となりました。(2020/10/21)

「ZenFone 7/7 Pro」10月23日発売 5G対応、フリップカメラは3眼に 8万5800円から
ASUS JAPANが、「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」を10月23日に発売する。180度回転するフリップカメラは広角、超広角に加えて望遠のカメラも搭載。新たに5Gにも対応する。(2020/10/21)

人工知能ニュース:
「Jetson Xavier NX」搭載で屋外利用が可能な映像エッジAIデバイスを発売
EDGEMATRIXは、映像エッジAIデバイス「Edge AI Box」シリーズの最新機種として、組み込みAIボード「Jetson Xavier NX」搭載の屋外用「Edge AI Box - NX Outdoor」と屋内用「Edge AI Box - NX Indoor」を発売した。(2020/10/21)

モバイルパケットコアのプロジェクトも参加:
OpenStack FoundationがOpen Infrastructure Foundationに改称、活動を拡大へ
OpenStack Foundation(OSF)は2020年10月19日、「Open Infrastructure Foundation(OIF)」への改称を発表した。5Gやエッジコンピューティングなど、今後急速な成長が見込まれる分野を包括的にカバーするコミュニティーを作り上げていきたいとしている。(2020/10/20)

Nokiaイベント:
5Gミリ波、高精度測位が「第4の軸」に
Nokia(ノキア)は2020年10月15日、同社の製品や取り組みを説明するイベント「Connected Future 2020」(同年10月14〜16日)について、報道機関向けに説明会を開催した。【訂正あり】(2020/10/20)

実機写真を交えて紹介:
新型「FMV LIFEBOOK UH」は自ら最軽量モデルの世界記録を更新 直販では「5G」「32GBメモリ」も用意
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の軽量モバイルノートPCがモデルチェンジ。第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)搭載モデルと第3世代Ryzen Mobileプロセッサ搭載モデルが用意され、前者には世界最軽量を更新したものも用意したという。(2020/10/19)

NASA、月面4Gネットワーク敷設でNokiaに助成金
米航空宇宙局(NASA)が、月面に4Gネットワークを敷設する目的でNokia傘下のBell Labsに約15億円の助成金を提供する。まずは月面車の制御や高解像度の動画ストリーミングを実現させるのが目的。(2020/10/19)

製造業IoT:
富士通がローカル5G対応スマートデバイスを投入、Sub-6とSA方式にも対応
富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)は、ローカル5Gに対応したスマートデバイスを開発したと発表した。国内で進むローカル5Gのネットワーク検証や実証実験向けに2020年10月末から提供を開始する。(2020/10/19)

「iPhone 12」が流れを変えるか
スマートフォンの値下げが止まらない、新型コロナ以上に深刻な理由
低価格モデルの投入や発売直後の値下げなど、デバイスベンダーの間でスマートフォンの価格を下げる動きが広がっている。パンデミックによる影響は否定できないが、アナリストはより根本的な問題があるとみる。(2020/10/17)

KDDI、データ無制限プランで「auワイド学割」 対象を29歳以下に拡大 5Gプランも対象
KDDIが、データ容量に上限のない料金プランを対象に、基本使用料を最大1600円×6カ月割り引く「auワイド学割」を始めた。これまで「auの学割」は対象年齢は25歳以下としていたが、29歳以下に拡大する。(2020/10/16)

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 8」は何が違う? コンパクトなiPhoneを比べてみよう
11月に発売される「iPhone 12 mini」。その名の通り「iPhone 12」のコンパクトモデルという位置付けだが、従来からコンパクトとされてきた「iPhone SE(第2世代)」や、そのベースとなった「iPhone 8」と何が違うのか。簡単にまとめてみた。(2020/10/17)

「auワイド学割」を10月16日開始 29歳以下なら月額1000円か1600円×6カ月割引
KDDIと沖縄セルラーが、29歳以下のユーザーの月額料金を最大6カ月間割り引く「auワイド学割」を10月16日から提供する。auの学割は対象年齢を25歳以下だったが、今回は29歳以下に拡大する。5Gと4Gのプランどちらも対象となる。(2020/10/16)

富士通、Android搭載のローカル5G対応スマートデバイスを開発
富士通コネクテッドテクノロジーズは、ネットワーク検証や実証実験に対応したローカル5G対応スマートデバイスを開発。ミリ波とSub-6、NSA方式とSA方式の両構成に対応したスマートフォンタイプの端末で、Android OSを搭載する。(2020/10/16)

7つに増えたiPhone、後悔しない選択のポイント 5GよりSoCやメモリに注目
新しいiPhoneシリーズは、メモリの容量をそろえて価格を比較すると価格のグラフがほぼ一直線になる。予算に合わせて選べるといえばその通りだが、気をつけたいポイントもいくつかある。(2020/10/16)

石野純也のMobile Eye:
iPhone 12シリーズは5G普及の起爆剤になるか 日本市場へのインパクトを読み解く
iPhone 12シリーズは、「iPhone X」の登場以降、初めてベースのデザインを大きく変えたフルモデルチェンジの端末になる。特に大きなトピックが、5Gへの対応だ。AppleのCEO、ティム・クック氏が「新しい時代のiPhoneの幕開け」と語っていたことが、その期待感の大きさを表している。(2020/10/16)

PR:テレワークでさらに注目度がアップ! いつでもどこでもビジネスがはかどる新型「レッツノート」の魅力
パナソニックの「レッツノート」といえば、長年親しまれている日本を代表するモバイルパソコンだ。2020年はテレワークの全国的な普及に伴って、これまでとは違った角度でレッツノートに注目が集まっている。その新モデルの魅力に迫る。(2020/10/16)

魅力のディテールを整理:
「映像美」を再定義するiPhone 12シリーズの新たな可能性
Appleが10月13日(現地時間)に行ったスペシャルイベントで、新型iPhoneとHomePod miniが発表された。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/15)

5G目当てにiPhone 12を買うのはアリ? 5Gは今どこで使える? 国内事情を徹底チェック
iPhoneで初となる5G対応のiPhone 12シリーズが発表された。5G目当てで新しいiPhoneを選ぶという行為に意味はあるのだろうか。日本での5G関連の動向を踏まえ考えてみる。(2020/10/14)

iPhone 12、楽天モバイルの取り扱いは「現時点で予定なし」
iPhone 12シリーズは、国内ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが扱う。気になるのが楽天モバイルの動きだが、現時点でiPhone 12シリーズを販売する予定はないという。(2020/10/14)

「iPhone 12/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? 11シリーズ+SE 2との比較まとめ
Appleが「iPhone 12」シリーズ4機種を発表。従来モデルの「iPhone 11」シリーズや第2世代「iPhone SE」と比べながら、新機能や注目ポイントを紹介していく。(2020/10/14)

5Gに対応した「iPhone 12」シリーズ、どのキャリアとバンドで使える?
「iPhone 12」シリーズがついに5Gに対応した。日本ではドコモ、au、ソフトバンクが扱うことが決まっており、これら3キャリアの5Gネットワークが利用できる。具体的な対応バンドを確認した。(2020/10/14)

5G対応の最上位モデル「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」発表 デザイン刷新、カメラ機能を強化
カメラ性能に注力した最上位モデル「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」が登場した。(2020/10/14)

5G対応の「iPhone 12」登場 アルミニウムフレームに新アンテナを採用 5色から選べて8万5800円から
Appleが10月13日(米国太平洋夏時間)に開催したスペシャルイベントで「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」を発表した。日本における販売価格は8万5800円(税別)からとなる。【更新】(2020/10/14)

Japan Drone2020:
1回のフライトで50キロ飛べるドローン、数百haの測量が1回の飛行で
エアロセンスは、50キロの長距離飛行が行える垂直離着型の固定翼ドローン「AEROBO Wing(AS-VT01)」を開発した。AEROBO Wingであれば、県域をまたぐ広範囲なエリアの測量を少ない回数の飛行で完了できる。(2020/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。