ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通信」に関する情報が集まったページです。

アンテナの開口面積は1.8平方ミリ:
超小型アンテナで、テラヘルツ無線通信に成功
岐阜大学やソフトバンク、情報通信研究機構(NICT)らによる研究グループは、スマートフォン搭載のレンズよりも開口面積が小さい超小型アンテナを用いて、300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功した。(2021/1/15)

約0.09gの超小型Bluetooth通信モジュール、東芝が開発 「従来は考えられなかった分野にも利用」
約0.09gで指先に乗るサイズのBluetoothモジュールを東芝が開発。「従来は考えられなかった分野にも利用範囲を拡大できる」(同社)という。(2021/1/14)

CES 2021:
日本HP、5G通信モジュールも装備できるビジネス向け薄型軽量2in1ノートなど2製品を投入
日本HPは、薄型軽量設計の2in1ノートPC「HP Elite Dragonfly G2」など2製品の発表を行った。(2021/1/14)

UQ mobile、月3GB・1480円からの新料金 夏には5Gサービス提供へ
KDDIが、通信事業のサブブランド「UQ Mobile」で新料金プランを発表。月間3GB・15GB・25GBの3プランの提供を2月に始める。今夏から5Gサービスを始めることも明らかにした。(2021/1/13)

KDDI、月2480円で20GBの新プラン「povo」 5G通信も対応 「3キャリアで最安値目指した」
KDDIが、月間のデータ通信容量の上限が20GBの新プラン「povo」を発表。月額2480円(税別、以下同)で3月から提供を始める。(2021/1/13)

auが月額6580円の新プラン「使い放題MAX 5G/4G」発表 5Gは2070円の値下げ
KDDIと沖縄セルラーが1月13日、auのスマートフォン向け新料金プラン「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」を発表。2021年3月から提供する。使い放題MAX 5G/4Gでは、月額6580円(税別)でデータ通信が使い放題となる。(2021/1/13)

KDDI、MNP転出手数料3000円を廃止へ
KDDIが、au、UQ mobileから電話番号はそのままで他社の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)3000円を4月1日に無料化する。(2021/1/12)

映像データの品質はそのまま、転送サイズ10分の1に――自動運転の見守りAIに新技術
NECは、AIで車などの遠隔見守りの高度化に貢献する「学習型メディア送信制御技術」を開発した。車載カメラ映像をAIで最適化することで、無線通信帯域を最大10分の1に削減し、リアルタイムな遠隔運行管制や緊急時の遠隔操縦を支援する。(2021/1/12)

ソフトバンク元社員逮捕 5Gの営業秘密を転職先・楽天モバイルに持ち出しか
ソフトバンクの元社員が、不正競争防止法違反の疑いで逮捕。5G通信に関する機密情報を、転職先である楽天モバイルに不正に持ち出した可能性がある。(2021/1/12)

FAニュース:
最新型CNC搭載機を対象に、サポート提供総合サービスを標準化
ヤマザキマザックは、最新型CNC搭載機を対象に、2020年12月販売分より「Mazak iCONNECT」を標準化する。有償の専用通信機器を標準装備とし、Mazak iCONNECTのクラウドサービス機能を標準化する。(2021/1/12)

「注目領域」と「最適画質」を学習:
「AIに必要な画質」を維持しつつ、送信データ量を削減 NECが「学習型メディア送信制御技術」を開発
NECは、「学習型メディア送信制御技術」を開発した。車載カメラで撮影した映像のうち、信号機など注目すべき領域に絞って画質を高くして送信データ量を削減する。レーン検出などの精度を維持したまま、無線通信帯域を最大10分の1に削減可能だ。(2021/1/12)

CES 2021:
Snapdragon 8cx搭載の5G/LTE対応ファンレス2in1「HP Elite Folio」登場 米国では2月発売予定
Snapdragon 8cxを搭載する2in1 PCがHPから登場する。ファンレス設計で、モデルによって5G通信またはLTE通信にも対応する。(2021/1/11)

NEC、自動運転「レベル4」の公道実験 5G対応のバス運行
NECが、5G通信に対応した自動運転バスを公道で運行する実証実験を行う。車載カメラやセンサーが取得したデータを高速で処理・転送。自動運転の「レベル4」を実証する。(2021/1/8)

CES 2021:
Lenovoがコンシューマー向けPC/タブレットの新製品を発表 バッテリー駆動20時間以上の5G通信対応モデルも登場
Lenovoが、コンシューマー市場向けの新製品を発表した。Qualcomm製のプロセッサを搭載する5G対応ノートPCなど、豊富なラインアップを用意している。(2021/1/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiの動きに注目 2021年に中国メーカーの勢力図はどう変わるのか?
2020年は、米国と中国の貿易戦争に通信業界が巻き込まれた1年だった。中国メーカーのパワーバランスもこの歴史的な大きな2つの出来事により大きく変わろうとしている。中国大手4社の2020年の動きを振り返りながら、2021年の展望を予想してみた。(2021/1/8)

FAニュース:
設置するだけで計測とデータ送信、35MPaの圧力測定に対応するIoT無線圧力センサー
横河電機は、産業用IoT向け無線ソリューション「Sushi Sensor」の新製品として、35MPaまでの圧力測定に対応する高圧レンジの無線圧力センサーを発売した。無線通信モジュールと圧力測定モジュールを組み合わせることで動作する。(2021/1/8)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス患者の生体情報を隔離域外から確認するシステムを発売
コニカミノルタは、新型コロナウイルス感染症入院患者のSpO2などの測定値を、ベッドサイドからSub-GHz無線通信で送信し、隔離域外で一括管理する「生体情報モニタリングシステムVS1」を発売する。(2021/1/7)

エリクソンが最新レポートを発行:
5Gは確かに高速だが「いまだに4Gにつながる方が多い」
エリクソン・ジャパンは2020年12月17日にオンライン記者説明会を開催し、同年11月にEricssonが発行した、世界の移動通信市場に関する調査報告書「エリクソンモビリティレポート」の最新版について概要を紹介した。(2021/1/6)

5G:
熊谷組とNECが“ローカル5G”活用で、VR遠隔操作の無人化施工に成功
熊谷組とNECは、ローカル5Gを活用し、4K映像と建機の傾きなどといった動きの情報伝送、VRでの遠隔操作を組み合わせた無人化施工の実証実験を行った。低遅延で大容量な通信を可能にするローカル5Gを活用することで、ネットワークの帯域不足といった従来の課題を解決し、4K映像や動きなど多様な情報をリアルタイムに伝送することで、実際に建機に搭乗したときに近い環境を構築することを目指す。(2021/1/6)

GPS/GNSSの弱さをカバー:
PR:光ネットワークで実現、5Gにおける超高精度時刻同期
5Gネットワークは時刻情報の途絶に対して弱い。正確な時刻情報が得られなくなると、システムが完全に停止してしまう可能性がある。ただ、新しいテクノロジを採用することで、通信事業者はこれらの脅威からネットワークを保護できる。(2021/1/6)

「ネット」とともに生きてきて思うこと 願っていたのはこんな世界なのか?
パソコン通信から現在のSNSへと、何がどう変わってきたか、小寺信良さんが述懐する。(2021/1/5)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの年頭所感 激変する通信業界でどう攻める?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの社長が2021年の年頭所感を発表した。生活環境が一変した2020年には、5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスがスタートした一方で、政府の強い要請によって各キャリアは料金値下げも敢行。こうした大きな動きの中、各キャリアはどのような戦略で2021年に通信サービスを展開していくのか。(2021/1/5)

通信機器で優位性確立へ:
SamsungとIntel、5G SAコア性能で305Gbpsを達成
Samsung Electronics(以下、Samsung)とIntelが、5G(第5世代移動通信)スタンドアロン(SA)コアのデータ処理性能において、飛躍的な向上を実現した。両社によると、商用ネットワークの構成において、サーバ1台当たり305Gビット/秒(bps)を達成したという。(2021/1/5)

日本通信とドコモの「音声通話卸役務」の料金協議が指定期日内に終了せず 日本通信はどうする?
6月30日付で日本通信とNTTドコモに行われた総務大臣裁定について、両社による「音声通話卸役務」の料金協議が裁定に定めた期日までに終わらなかった。年明けに、何らかの動きがあるかもしれない。(2020/12/30)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「Galaxy Note20 Ultra 5G」でドコモの「ミリ波5G」の実力を確認/ドコモが「国内完全無制限」の5Gプランを発表
NTTドコモのミリ波対応5Gスマートフォンでソフトウェア更新が相次いで行われ、ミリ波の5G通信を利用できるようになりました。その実力をチェックしてみましょう。(2020/12/29)

軽トラの荷台がオフィスに 通信環境も完備 ドコモらと妙高市が“雪山ワーケーション車両”の実験
荷台を簡易オフィスにした軽トラックを貸し出す実証実験を、NTTドコモらが新潟県妙高市で行う。荷台にはソファとモニターを搭載し、通信環境も用意。ワーケーションの場としてスキー・スノーボード愛好家などに提供する。(2020/12/25)

「マスク」ツイート、団結→怒りに風向き変化 新型コロナのトレンド分析、Twitter Japanが公開
JX通信社が「マスク」とともにツイートされたハッシュタグをハッシュタグを分析。当初の団結ムードからいら立ちや怒りの声が増えてきたとの結果を、Twitter Japanのブログ上で公開した。(2020/12/25)

LTE帯域を転用:
auが3.5GHz帯を使った5G通信サービスを順次開始 東名阪エリアの主要都市などで提供
au(KDDIと沖縄セルラー電話)が3.5GHz帯の5G通信サービスを東名阪エリアで順次開始した。従来4G LTEサービスで利用していた帯域を転用したもので、既存端末での利用にはソフトウェア更新が必要となる。(2020/12/25)

石川温のスマホ業界新聞:
国際競争力強化を狙うBeyond 5G推進コンソーシアム――日本企業にはない「中国と韓国企業の強さ」とは
12月18日、総務省が主導する「Beyond 5G推進コンソーシアム」の設立総会が開かれた。キャリアに対して値下げを迫る中、5Gの先を目指した研究開発を通して国際競争力を強化しろ、というのは無理筋ではなかろうか。中国や韓国の通信機器メーカーがなぜ、世界でシェアを高めたのか、しっかりと見据える必要がある。(2020/12/25)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(4月編):ついに登場した「iPhone SE(第2世代)」/クラウドSIMでトラブル
ITmedia Mobileの2020年4月のアクセスランキングを紹介。1位は「iPhone SE(第2世代)」の速報記事。約4年ぶりの後継機ということもあり、大きな注目を集めました。クラウドSIMを用いたサービスの通信障害が起きたのも4月でした。(2020/12/24)

製造マネジメントニュース:
通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップ構築
KDDIとSUBARUは、通信を活用した安心、安全なクルマづくりのためのパートナーシップを構築した。クルマとコールセンターを24時間365日接続する先進事故自動通報やSOSコール機能などを提供する。(2020/12/24)

サーバ仮想化製品の5大課題【中編】
仮想マシンがフリーズした場合の対処法と、ネットワーク遅延の解消法
仮想マシンがフリーズしたり、データの処理や通信に遅延が発生したりすることがある。その原因と解決策を説明する。(2020/12/24)

LINEフル活用で「ahamo」に対抗 ソフトバンクの「20GB・2980円」プランの戦略とは?
ソフトバンクが、月額料金が税別2980円で月間データ通信容量が20GBの新プランを発表。この数字はNTTドコモの新プラン「ahamo」と同じだ。では、どのようにahamoと差別化を図るのか。(2020/12/22)

ワイモバが5G対応 月間3GB・10GB・20GBの3プラン 期間限定の割引も撤廃
ソフトバンクが、「Y!mobile」で5G通信を提供すると発表。5G通信に対応した新プランとして、月20GBで3780円の「シンプルL」など3プランを2021年2月から提供する。(2020/12/22)

ソフトバンク、データ使い放題で月額6580円の新プラン 4G・5G通信に対応
ソフトバンクがデータ使い放題の新プラン「メリハリ無制限」を2021年3月から月額6580円で提供する。月間データ容量が50GBの既存プランから900円以上値下げした。(2020/12/22)

LINEモバイルは新規受付停止へ 今後は「SoftBank on LINE」に一本化
ソフトバンクは、「SoftBank on LINE」の提供に合わせて「LINEモバイル」の新規受付を停止する。具体的な停止時期は未定だが、今後、LINEを軸にした通信サービスは「SoftBank on LINE」に一本化していく。(2020/12/22)

ソフトバンクも月額2980円プラン発表 月間20GBでLINEはカウントフリー
ソフトバンクは月額2980円の新プランを2021年3月から提供する。5Gに対応し、月間のデータ通信は20GB。コミュニケーションアプリ「LINE」の通信はカウントしない。(2020/12/22)

ソフトバンクが大容量プランを900〜1900円値下げ 月額6580円でデータ無制限に
ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ無制限」を発表。2021年3月から提供する。月額6580円(税別)で無制限のデータ通信を利用できる。月間のデータ容量が3GB以下だと1500円が割り引かれる。(2020/12/22)

既存プランも5G対応:
Y!mobleが5G通信サービスを開始 2021年2月から 料金プランも刷新
Y!mobileが、2020年2月から5G通信サービスを対応する。それに合わせて4G LTEと5Gで共通の料金プランを設定するが、既存の「スマホベーシックプラン」ユーザーも同月から順次5Gに対応するという。(2020/12/22)

ソフトバンクがオンライン専用の新ブランド発表 月額2980円で20GB+LINE使い放題
ソフトバンクが12月22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を立ち上げた。月額2980円(税別、以下同)で20GBのデータ通信を利用でき、LINEアプリがデータ容量を消費せずに使い放題となる。(2020/12/22)

ソフトバンク、ドコモ追従の2980円 LINEモバイルを吸収合併し新プラン発表へ
 ソフトバンクが来年3月にもデータ容量20ギガバイトで月額2980円(税別)の新プランの導入を検討していることが21日、分かった。傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)のLINEモバイル(東京・新宿)を吸収合併して、サービスを開始。実店舗を持たず、店舗オンライン手続きに特化して、コストを抑える。(2020/12/22)

組み込み開発ニュース:
生産現場のネットワーク通信を高速、低遅延で無線化するコンバーター
コンテックは、NECと共同開発した汎用メディアコンバーターを発表した。コンテックの端末技術とNECの無線通信技術「ExpEther無線IPコア」を融合させたもので、複数の電波を用いた独自の符号化方式により、高速、低遅延で安定した通信ができる。(2020/12/22)

第1弾は地方公共団体の持つCOVID-19関連データが対象:
オープンデータをWeb API化 内閣官房のIT総合戦略室が「APIプラットフォームサイト」を開設
内閣官房の情報通信技術総合戦略室は、オープンデータの横断的活用の機能を備えた「APIプラットフォームサイト」を開設した。第1弾として地方公共団体が公開している新型コロナウイルス感染症関連のデータをWeb API化した。(2020/12/22)

産業動向:
通信設備の維持管理業務向け「Smart Infra プラットフォーム」始動
NTTインフラネットは、NTTグループの通信設備(基盤設備)に関する維持管理業務において、ICTを活用し、業務のスマート化を実現する「Smart Infra プラットフォーム」を構築し、運用を開始する。(2020/12/21)

6Gの産官学連携組織発足 オールジャパンで巻き返しへ
今春に国内で商用サービスが始まった第5世代移動通信システムで日本は欧米や中国、韓国などに後れをとったが、6Gではオールジャパンで中核技術の開発などに先手を打ち、巻き返しを図る。(2020/12/21)

インパクトは:
ドコモ5G 1000円値下げ 「想定内」の声
NTTドコモは18日、第5世代(5G)移動通信システムに対応した大容量プランを来年4月1日から1000円値下げすると発表した。ただ、実質的には半年間限定だった値下げキャンペーンを恒久化しただけという見方も……。(2020/12/19)

ドコモ、既存プラン値下げ報道に「当社が発表したものではない」
ドコモが5G通信に対応した既存の大容量プランを1000円程度値下げする方針を固めたと、時事通信社などが報道。12月18日中にも正式発表するという。ドコモは「さまざまな検討をしているのは事実だが、決定したものはない」とコメント。(2020/12/18)

ドコモ、5G大容量プランで1000円値下げへ
NTTドコモが第5世代(5G)移動通信システムの大容量プランを千円程度値下げする方向で最終調整に入ったことが分かった。(2020/12/18)

ソフトバンクが産業向けドローンを開発 LTE内蔵で高度測位サービスに対応
ソフトバンクと双葉電子工業は、共同開発していた産業向けドローンのプロトタイプ製作について発表。LTE対応の通信モジュールを搭載している他、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」に対応する。(2020/12/17)

LPWA:
NECソリューションイノベータが「Sigfox」とIoTで建機の稼働状況を見える化、鹿島道路へ提供
NECソリューションイノベータは、鹿島道路が建機の稼働状況を知るため報告書を基に手作業で集計していた非効率な環境を解消するため、IoTやLPWA通信を組み合わせたシステムを開発した。(2020/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。