ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイブリッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイブリッド」に関する情報が集まったページです。

それぞれのメリット・デメリットやコストの違いを解説
VMware Horizonはどこで運用? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較
「VMware Horizon」はオンプレミスやクラウドの他、ハイブリッドクラウドでも運用でき、運用方法によってメリットやデメリットが異なる。どの運用方法を選ぶべきなのか。(2020/1/15)

Versa Networksの共同創業者兼開発責任者に聞いた:
SD-WANの2020年はどうなる? 「米国でもハイブリッドWAN時代は終わり」
日本と異なり、米国ではSD-WANの普及が主に「ハイブリッドWAN」ニーズによって進んできたとされる。だが、Cisco SystemsやVersa Networksは、米国でもハイブリッドWANはもはや主なSD-WANの推進要因ではないと言う。Versa Networksの共同創業者の一人であるクマール・メータ氏に、主に米国でのSD-WANの市場動向と同社の対応を聞いた。(2020/1/10)

FAニュース:
アルミニウムと鋼板を接合できる溶接システム、ランニングコスト抑制に貢献
ダイヘンと古河電気工業は、アルミニウム合金と亜鉛メッキ鋼板の異材接合が可能なレーザー・アークハイブリッド溶接システムを共同開発した。現状の溶接ライン設備が流用でき、特殊な材料も不要なため、ランニングコストが抑えられる。(2019/12/27)

CES2020:
ロードノイズ遮音で4分の1の軽量化、次世代e-POWERを静かにする新技術
日産自動車は次世代の遮音材「音響メタマテリアル」の開発を進めている。シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」の搭載車を進化させる方法の1つという位置付けで、静粛性を高めることで電気自動車(EV)の乗り心地に近づける。(2019/12/26)

ベンダーごとに異なるハードウェアの管理も統合できる:
PR:増え続ける管理ツール地獄を劇的に改善――無料で、軽くて、操作がシンプルで、そしてハイブリッドクラウドの管理もできる新しいWindows Server管理ツール「Windows Admin Center」
2019年11月に米国フロリダ州オーランドで開催されたテクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」では「Windows Admin Center」の最新版が発表された。華々しい最新機能がラインアップされたクラウドの発表の陰に隠れているようにも見えるが、Windows Server管理者にとっての大きな進化がそこにはあったといわれている。そこで、Windows Admin Centerとはそもそも何か、どのようなメリットをユーザーにもたらすのか。日本マイクロソフトの高添修氏に話を聞いた。(2019/12/24)

Weekly Memo:
2019年を総括する4つのキーワード「DX」「ハイブリッドクラウド」「シェアリングサービス」「データ保護」を解説しよう
今回は年内最後のWeekly Memoなので、2019年のエンタープライズ/コマーシャルIT市場において印象に残ったトレンドとして4つのキーワードを挙げ、その理由やポイントを述べたい。(2019/12/23)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【前編】
GCPのIaC「Cloud Deployment Manager」とハイブリッドクラウド「Anthos」とは?
Googleは、GCPユーザー向けに便利なサービスを提供している。Infrastructure as Code(IaC)の「Deployment Manager」と、ハイブリッドクラウドを実現する「Anthos」について説明する。(2019/12/18)

基盤自動化とコンテナが描くマルチクラウドの世界観
レガシーとデジタルが共存する時代のハイブリッドクラウドアーキテクチャとは
デジタル変革の号令の下、企業ITのクラウドネイティブ化が進む。クラウドネイティブ化「しない」システムとの併存や全体の運用効率化はどう設計すべきだろうか。企業ITならではの問題の解決策を聞いた。(2020/1/14)

ニッチプレイヤーからメインストリームへ:
PR:マルチクラウド/ハイブリッドクラウド時代の要望に応えるオブジェクトストレージとは――Cloudian CEOが語る世界の動向と日本への期待
ハイブリッドクラウド化のトレンドから、エッジコンピューティング、オンプレミス回帰……さまざまなキーワードから、オブジェクトストレージを取り巻く現状について、CloudianのCEO、マイケル・ツォ氏に話を伺った。(2019/12/16)

省エネ型の車両も:
JR九州が新型車両を投入 2020年3月14日から
JR九州は2020年3月14日から新型車両を投入する。福岡・九州地区に821系電車。長崎地区にYC1系ハイブリッド車。(2019/12/13)

アンカー、87時間限定「Amazonサイバーマンデー」で45製品以上を最大51%オフに
アンカー・ジャパンは、12月6日9時〜12月9日23時59分に開催されている、87時間限定「Amazonサイバーマンデー」で45製品以上を最大51%オフで販売。ロボット掃除機「Eufy RoboVac L70 Hybrid」や完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 2 Pro」などが対象。(2019/12/6)

プレミアムコンテンツ:
ハイブリッドクラウドアセット管理製品導入戦略ガイド
ハイブリッドITは、ビジネスに幅広い可能性を開く。本PDFではそのインフラを管理する方法、コスト管理の重要性、クラウド管理問題に対応する際の主な検討課題を解説する。(2019/12/3)

Spigen、iPhone 11シリーズの「ミッドナイトグリーン」にピッタリなケースを発売
SpigenがiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの「ミッドナイトグリーン」の色味に合ったケースを発売。薄型軽量の「シン・フィット」、ハイブリッド構造の「ウルトラ・ハイブリッド」やカードを収納できる「スリム・アーマー CS」などの新色として登場する。(2019/12/2)

IIFES2019:
協働ロボット搭載AGV、自律走行でも磁気誘導でも対応可能なハイブリッド型
明電舎は「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)において、ファナックと共同開発した協働ロボット搭載無人搬送車(AGV)「RocoMo-V」をアピールした。(2019/12/2)

データ活用の常識を“破壊”せよ:
PR:クラウド、オンプレ、ハイブリッド――環境の移行に「一切左右されない」大規模データ活用基盤を実現した方法とは
クラウド化の波が、企業のデータ活用基盤にも迫ってきた。しかし、移行に際した細かい変更作業などに大量の手間とコストがかかるのではと危惧する企業は多い。「クラウドファースト」を唱えるテラデータのデータ活用基盤「Teradata Vantage」は、発表から1年で顧客の抱える大規模なデータのスムーズな移行や活用を実現してきたという。一体なぜなのか。(2019/12/2)

FAニュース:
三菱電機とNECが工場向け5Gで共同検証、“ハイブリッド5G”でスマート化を加速
三菱電機とNECは2019年11月19日、三菱電機が提案する工場向けのFA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」における第5世代移動通信方式(5G)活用に向けた共同検証を開始することを発表した。(2019/11/25)

蓄電・発電機器:
太陽光×ガス×蓄電池のハイブリッド発電システム、災害時の電力供給源に
エネテクは、LPガス発電機、太陽光発電設備、蓄電池を組み合わせて制御し、非常時の電源確保などを低コストで実現するハイブリッド発電システムを開発した。(2019/11/21)

ハイブリッドかつマルチクラウド環境のサイバー脅威に対応、「IBM Cloud Pak for Security」を提供開始
IBMは、ハイブリッドマルチクラウド環境のあらゆるデータについてセキュリティ情報を管理する「IBM Cloud Pak for Security」の提供を開始する。セキュリティインシデントにも迅速に対応できる。(2019/11/21)

EV航続距離は約62キロ:
トヨタ、「RAV4」にPHV投入 日本では2020年夏に発売
トヨタ自動車は「RAV4」のプラグインハイブリッド車(PHV)を発売すると発表した。米国で開催中のロサンゼルスオートショーで初公開する。日本と米国で2020年夏、欧州で20年後半に発売する。(2019/11/20)

三菱電機とNEC、製造業の5G活用に向けた共同検証
三菱電機とNEC(日本電気)は、製造業の5G活用に向けた共同検証について合意。工場内ではローカル5G、工場間・企業間の連携にはハイブリッド5Gを活用し、三菱電機のFA統合ソリューション「e-F@ctory」の実証実験を共同で行う。(2019/11/20)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
【新連載】これからの企業が求めるのはITとビジネスの本質を理解した「ハイブリッド型人材」
1951年の創業以来、さまざまなイノベーションで、顧客の支持を得てきたクレディセゾン。今後もDXにより、革新的なサービスやコンテンツを創造し、さらに50年先まで顧客に寄り添えるファイナンスカンパニーを目指している。(2019/11/20)

UNiCASEのゼロハリケースにiPhone 11/11 Pro対応版 手帳型ハイブリッドケース
UNiCASEとZERO HALLIBURTON(ゼロ・ハリバートン)のコラボレーションiPhoneケースに、iPhone Phone 11/11 Pro対応版が登場。今までにないフリップ付きの手帳型ケースとなっている。(2019/11/18)

従来の防御を回避する脅威も検知 クラウド環境を守る「Cloud Security Solution」――ファイア・アイが提供開始
サイバーセキュリティ企業のファイア・アイは、クラウドセキュリティに重点を置いた「FireEye Cloud Security Solution」を発表。従来の防御が見逃す脅威も高度に検知し、複雑化するハイブリッド/マルチクラウドを防御する。(2019/11/15)

UQ mobile、11月15日に「Galaxy A20」発売 2万3760円(税込み)
UQ mobileは、11月15日に「Galaxy A20」を発売する。約5.8型ディスプレイや3000mAhのバッテリーを搭載し、ホーム画面を見やすくする「かんたんモード」やハイブリッドラジオなどを採用している。販売価格は2万3760円(税込)。(2019/11/13)

テレワーク:
Webミーティングサービスをビデオ会議に接続可能なゲートウェイ
総務省の資料によれば、2018年にテレワークを導入した企業は、全体の19.1%と前年から5.2%増加している。また、ビデオ会議市場はグローバルで全体として年率12.1%伸長しており、マーケットも成長傾向だ。こういった中、パナソニックは、ビデオ会議システムとWeb会議サービスを連携し、テレワークなどを円滑にする新製品「Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス」を発売する。(2019/11/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(93):
Azure仮想マシンの新規作成や管理、新サービス「Azure Arc」にも対応した「Windows Admin Center 1910」がリリース
2019年11月4日(米国時間)、HTML5ベースのサーバ管理アプリの最新バージョン「Windows Admin Center 1910」が正式リリースされました。新バージョンでは、Azure仮想マシンの直接的な管理やハイブリッド構成が大幅に強化されています。(2019/11/11)

PR:セキュリティとシームレスな使い勝手、そしてハイブリッドクラウドに注力――Synology Japan代表に聞く
ネットワークストレージで知られるSynology Japanが、現状の事業展開、2020年に向けた展望と今後の製品ロードマップなどを紹介するイベント「Synology 2020 Tokyo」を開催した。この記事では、今回のイベントをレポートする。(2019/11/8)

Spigen、スポーティーなiPhone 11ケース「カラーブリック」を発売
Spigenは、10月31日に新ブランド「Ciel」からiPhone 11シリーズ向けケース「カラーブリック」を発売。カラーボタンが特徴のスポーティーなデザインを採用し、ハイブリッド構造で端末を保護する。(2019/10/31)

Red Hatを買収したIBMの、新たなハイブリッド/マルチクラウド戦略とは?
Red HatでIBMは何を手に入れ、それをどのように展開してきたのか。そしてその先は? キーパースンに聞いた。(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
「C-HR」のEVにeAxle採用のアイシン、ドライバーモニターでの“おもてなし”も
アイシングループは、「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ハイブリッド車向けの電動システムをはじめとするさまざまな電動技術を披露。また、コンセプトカーの「i-mobility TYPE-C」は、ドライバーモニターの技術を活用した“おもてなし”を体験できる。(2019/10/30)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「ハイブリッド10倍」の望遠撮影が超強力! 「HUAWEI P30 Pro」のカメラを試す
「HUAWEI P30 Pro」は135mm相当の望遠カメラを搭載しており、10倍までのハイブリッドズームが可能。P30 Proの望遠性能を中心に見ていく。月の撮影も試してみた。(2019/10/30)

東京モーターショー2019:
新型「フィット」搭載のハイブリッドシステムはなぜ「e:HEV」なのか
ホンダは、「第46回東京モーターショー2019」において、4代目となる新型「フィット」を発表した。2020年2月発売予定であり、2013年9月発売の3代目から約6年半ぶりの新モデル投入となる。(2019/10/24)

転換期のハイブリッドクラウド【第4回】
「Anthos」などマネージド「Kubernetes」をハイブリッドクラウドに使う意味は
ハイブリッドクラウドの構築に「Kubernetes」を活用しようとする動きがある。Kubernetesを用いる利点と、関連する製品/サービスを紹介する。(2019/10/18)

東京モーターショー2019:
電動キャリパーブレーキ向けに循環しないボールねじ、ばねで回転を継続
ジェイテクトは2019年10月8日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)など向け電動キャリパーブレーキ用の非循環ボールねじを開発したと発表した。(2019/10/10)

メルセデス・ベンツ、Eクラス クーペ/カブリオレに新モデル マイルドハイブリッド「BSG」搭載車を拡充
スポーティーなクーペ、シャレオツなカブリオレにもBSG。(2019/10/9)

自動運転に対する取り組みは、メーカーによって二極化:
果たして自動運転レベル3は、ドライバーにとって優しいのか?
人間不要の自動運転はレベル4、レベル5と呼ばれる。しかし、現状は機械とドライバーのハイブリッドであるレベル2とレベル3が射程に入ってきたところだ。しかし、このレベル3はさまざまな問題を抱えている。そのため、実用化についてもメーカーによって方針は大きく異る。(2019/10/2)

「コンテナプラットフォーム」の次は?:
IBMによるRed Hatの買収は、OpenShiftの製品戦略に影響を与えるのか
IBMによるRed Hatの買収は、ハイブリッドクラウドに向けたRed Hatが有する資産の中核といえる、「Red Hat OpenShift Container Platform」の製品戦略に影響を与えるのか、与えないのか。同製品の今後と合わせ、レッドハットのクラウドプラットフォームビジネスユニット製品担当バイスプレジデントであるジョー・フェルナンデス氏と、同クラウドプラットフォームビジネスユニットの製品担当、マリア・ブラッチョ氏に聞いた。(2019/10/2)

ズドォォンと迫りくる存在感 ベントレー初の高級PHV「ベンテイガ ハイブリッド」欧州で発売 気になるお値段は?
らぐじゅありーです。(2019/9/30)

PR:スマホカメラでここまでデキル! 「HUAWEI P30 Pro」で新次元のカメラ体験を
Huaweiの最新スマートフォン「HUAWEI P30 Pro」が、ついに登場。ハイブリッド10倍ズーム対応の望遠カメラを搭載したフラグシップモデルだ。カメラだけでなく、セキュリティやバッテリーなどでも最先端の技術が詰め込まれている。そんなHUAWEI P30 Proの実力を徹底チェックした。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/27)

福田昭のデバイス通信(201) 2019年度版実装技術ロードマップ(12):
電動化した自動車の種類と構造
今回から、ロードマップの「モビリティー」のうち「電動化」について紹介していく。まずはハイブリッド自動車と電気自動車、燃料電池自動車の違いと、電動化した自動車の構成要素を取り上げよう。(2019/9/18)

トヨタ、新型「カローラ」発表 デザイン洗練、価格も「求めやすく」190万円台から【画像113枚】
ハイブリッド4WDや6MTなどの熱い仕様も!(2019/9/17)

シンプル&インテリジェントなセキュリティ運用を実現:
PR:ここで使える Azure Sentinel――クラウド時代のセキュリティ管理のハブに!
間もなく一般提供が予定されている Microsoft の SIEM ソリューション「Azure Sentinel」。SaaS/PaaS/IaaS/オンプレミスと企業のシステムがハイブリッド/マルチクラウド化していく中、情報を統合しインテリジェントに分析・対処を自動化するためのプラットフォームを提供します。本稿では、Azure Sentinel の便利な使い方をご紹介します。(2019/9/13)

電子書籍で“回し読み”サービス!? ハイブリッド型総合書店「honto」で実証実験スタート
もし友達がその本を購入したら、ポイントが入るそうです。(2019/9/12)

ディーフ、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース4種を9月20日に発売
ディーフは、9月20日にiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けケース4種を発売。PUレザーケースやハイブリッドケース、一体成型ケース、ケブラー素材を使用したケースを取りそろえる。(2019/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
EVにマツダが後発で打って出る勝算
マツダが打ち出したEVの考え方は、コンポーネンツを組み替えることによって、ひとつのシステムから、EV、PHV(プラグインハイブリッド)、レンジエクステンダーEV、シリーズ型ハイブリッドなどに発展できるものだ。そして試乗したプロトタイプは、「EVである」ことを特徴とするのではなく、マツダらしさを盛ったスーパーハンドリングEVだった。(2019/9/9)

電気自動車:
ボッシュがCATLと長期的協力、新車の20%に増える48Vハイブリッドに備える
Robert Bosch(ボッシュ)は2019年9月5日、中国の大手リチウムイオン電池メーカーである寧徳時代新能源科技(CATL)と長期的な戦略的協力協定を締結したと発表した。48Vハイブリッドシステムの需要拡大に備える。(2019/9/6)

ランボルギーニ、過激なハイブリッド特別車「シアン」発表 ド派手キンキラカラーで「稲妻」表現【写真17枚】
荒ぶるV12+電動の激烈パワー。(2019/9/5)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(13):
6人で仮想サーバ850台、150VLANのプライベートクラウド運用からハイブリッド化へ――東レシステムセンターが直面した課題と解決策
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。東レシステムセンターの事例では、ハイブリッドクラウド化のポイントを中心にお届けする。(2019/8/29)

「HCIのメリット」を確実に提供:
PR:“Nutanixならではの利便性”を、経験とノウハウをサービス化しNutanixをフル活用する日立のサポートケイパビリティ
複雑化、大規模化したインフラの運用管理負荷増大に悩む企業が多い中、急速に導入企業数が伸び続けているハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)。中でも、マルチハイパーバイザー対応、各種自動化機能など、パブリッククラウドとのハイブリッド化も見据えた数々の特長を持つNutanixは、HCI市場をけん引する製品の一つだ。だが簡単、シンプルを特長とするHCIとはいえ、単に導入するだけで期待する効果を享受できるわけではない。では、SIerとしての顔も持ち、国内企業のニーズや課題を知り尽くしている日立製作所はNutanixをどう届けるのか。詳細を探った。(2019/8/30)

ルネサス ISL78714:
14セル対応のリチウムイオンバッテリーIC
ルネサス エレクトロニクスは、第4世代のリチウムイオンバッテリーマネジメントIC「ISL78714」を発売した。14セルに対応し、高精度なセル電圧監視と広範囲なシステム診断により、ハイブリッド車などの電池寿命と航続距離を最大化する。(2019/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。