ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワイヤレスヘッドフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワイヤレスヘッドフォン」に関する情報が集まったページです。

Shokz、スポーツ利用にも向くBluetooth接続対応の骨伝導イヤフォン「OpenRun」に小型モデルを追加
Shokzは、ワイヤレス骨伝導イヤフォン「OpenRun」に短寸バンドを採用した小型モデル「OpenRun Mini」を追加した。(2022/5/24)

外音取り込み機能を搭載:
ソフトバンク、アクセサリーのような「ハート型イヤホン」を発売 価格は1万3536円
ソフトバンクとSB C&Sは共同で、アクセサリーのようなハート型の完全ワイヤレスイヤホン「HeartBuds(ハートバッズ)」を発売すると発表した。(2022/5/24)

IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ【5月】 スマホの値引きやオプション無料も
少しずつ夏が近づく5月では、MVNO各ブランドでも多数のキャンペーンを実施している。特に多いのがオプションの無料提供だ。今回はIIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルで4月に実施しているキャンペーンをまとめた。(2022/5/21)

魅力はスペックのみにあらず
ゲーム用だけではもったいない、ゲーミングスマートフォン「REDMAGIC 7」
Nubiaのゲーミングスマートフォン「REDMAGIC 7」は、こだわり抜いた冷却機構やゲームに特化した機能が特徴だ。もちろんゲームにも向いている。(2022/5/20)

ソニーの “常時装着”イヤフォン「LinkBuds S」は2万6000円前後(米国は199.9ドル)
常時装着を前提としたイヤフォン「LinkBuds」シリーズの新作「LinkBuds S」は2万6000円前後。米国価格は199.9ドル。(2022/5/19)

製造マネジメントニュース:
ソニーGはメタバースとモビリティへ成長領域展開、自動車は3つの対象分野を設定
ソニーグループは2022年5月18日、経営方針説明会を開催し、「人に近づく」を経営方針とした事業運営のここまでの成果を訴えるとともに、新たな成長領域として「メタバース」と「モビリティ」を位置付け、事業創出に取り組んでいく方針を示した。(2022/5/19)

ソニー、「LinkBuds S」を海外発表 ノイキャンに低遅延「LE Audio」サポート 199.99ドル
ソニーは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応の新型ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を海外発表した。国内価格は不明だが、米国法人は199ドルでアナウンスしている。(2022/5/19)

ソニーが「Auto Playアプリ」発表 スマホ触れずに音楽再生を実現
ソニーは5月19日、ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに、スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」を発表した。配信時期はAndroid向けが5月19日(LinkBuds S発表時)、iOS向けが6月上旬を予定。既発売のLinkBudsは5月31日に配信開始のファームウェア更新で対応する。(2022/5/19)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

富士経済が電池関連市場を調査:
LIBの世界市場、2025年には12兆3315億円規模へ
リチウムイオン二次電池(LIB)の世界市場規模は、xEV用の需要拡大などから、2021年見込みの10兆5126億円に対し、2025年は12兆3315億円規模に拡大する。富士経済が予測した。(2022/5/18)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

ソニー、ノイキャン性能を引き上げた「WH-1000XM5」 独自チップ2基とマイク8個 通話性能も向上
ソニーは、アクティブノイズキャンセリングに対応した新型ワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を発表した。ソニーストアでは4万9500円で販売。5月27日に発売予定だ。(2022/5/13)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

ソフトバンク、7月28日に「Pixel 6a」と「Pixel Buds Pro」を発売
ソフトバンクは、7月28日に5G対応スマートフォン「Google Pixel 6a」を発売。同日からソフトバンクショップなどでワイヤレスイヤフォン「Google Pixel Buds Pro」の取り扱いも開始する。(2022/5/12)

Google、待望のANC搭載ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds Pro」発表 2万3800円
米Googleは、同社の大型カンファンレス「Google I/O 2022」において、新型ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds Pro」を発表した。国内価格は2万3800円。(2022/5/12)

Google、アクティブノイキャン搭載「Pixel Buds Pro」今夏発売へ
Googleはワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」を発表した。今夏2万3800円で発売する。待望のアクティブノイズキャンセリング機能搭載だ。(2022/5/12)

Google製タブレット復活 「Pixel Tablet」、2023年に登場へ
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、タブレット端末「Pixel Tablet」の概要を発表した。(2022/5/12)

Google、「Pixel 7」を“チラ見せ” 次世代「Google Tensor」搭載 秋に登場予定
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、新型スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」の概要を発表した。(2022/5/12)

「Pixel Watch」正式発表 Google初のスマートウォッチ 2022年秋に登場
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」を発表した。(2022/5/12)

Google、「Pixel 6a」を正式発表 自社チップ搭載で5万3900円 7月28日発売【追記あり】
米Googleは、同社のテクノロジーカンファレンス「Google I/O 2022」において、新型スマートフォン「Google Pixel 6a」を発表した。国内価格は5万3900円。(2022/5/12)

ドコモ2022年夏モデル:
ドコモがXperia 3機種を6月上旬以降に発売 「Xperia 1 IV SO-51C」はeSIM対応
NTTドコモは、2022年夏モデルのソニー製スマートフォンとして「Xperia 1 IV SO-51C」と「Xperia 10 IV SO-52C」「Xperia Ace III SO-53C」の3機種を取り扱う。(2022/5/11)

1MORE、LDAC対応の完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE EVO」の国内販売を開始
1MORE INTERNATIONALは、同社フラグシップモデルとなるハイレゾ音源対応の完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE EVO」の国内販売を発表した。(2022/5/10)

タコに乗っ取られた人になれる……!? 耳からタコの触手が出る耳栓がすごいインパクトで話題に
クオリティーの高いガラス作品です。(2022/5/10)

かければ目の前に広がる巨大画面 スマートグラス「Nreal Air」を使ってみて分かったこと
スマートグラス「Nreal Air(エンリアルエアー)」(3万9800円)を入手した。NrealLightとの違いを簡単にチェックした。どんな使い道があるのか、あるいはどんな人に向いた製品なのかを探ってみた。(2022/5/11)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
これなら絶対忘れない……!(2022/5/8)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
ゲーム好きの漫画家がソニーのPS5専用ヘッドフォンからホリのネックスピーカーに乗り換えた話
ゲーム好き漫画家がソニーのワイヤレスヘッドフォン「PULSE 3D」からホリの「ワイヤードネックセット」に乗り換えた理由とは?(2022/5/7)

今、あえて「イヤフォンジャック」付きのスマホを選ぶべき理由
近年ではイヤフォンジャックのないスマートフォンが多く販売されている。一方で、XperiaやROG Phone 5など、イヤフォンジャックを備えたスマートフォンもある。有線イヤフォンを使うメリットは、高音質や長時間再生、動画やゲームなどでの音声遅延を抑えられることが挙げられる。(2022/5/3)

3歳児健診の待機中、ウロウロしてしまう息子にママが一言 楽しく順番を待てるアイデアに「発想力うらやましい」と称讃の声
発想の転換がすごい。(2022/4/30)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

ゼンハイザー、高音質再生を実現した完全ワイヤレスイヤフォン「MOMENTUM True Wireless 3」
ゼンハイザーは、ハイスペック仕様の完全ワイヤレスイヤフォン「MOMENTUM True Wireless 3」の発表を行った。(2022/4/26)

息子「ワイヤレスイヤホンが欲しい」→ママが試しに100均商品を与えてみると…… 予想通りの展開に全力の「ほらな!!」が出てしまう
意外と大人もやりがちな失敗。(2022/4/25)

Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得! Amazonが「タイムセール祭り」を4月26日まで開催
Amazonが4月26日午後11時59分まで「タイムセール祭り」を開催している。同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買えるチャンスだ。(2022/4/24)

さらに体験を重視した「ドスパラ富山本郷店」がオープン!
サードウェーブの新店舗「ドスパラ富山本郷店」(富山県富山市)が4月22日にオープンした。新店舗ならではの特徴を、オープン当日に見てきた。(2022/4/24)

IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ【4月】 激安スマホを見逃すな
新年度を迎えた4月では、MVNO各ブランドでも多数のキャンペーンを実施している。特に多いのがオプションの無料提供だ。今回はIIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルで4月に実施しているキャンペーンをまとめた。(2022/4/23)

5月16日まで:
PixelスマホやGoogle Nestなどがおトクに買える! Google Storeが「ゴールデンウィークセール」を開催
Google製デバイスのWeb直販サイト「Google Store」において「ゴールデンウィークセール」が開催されている。5月16日まで、、Pixelスマートフォンなどが通常価格よりも手頃に購入できる。(2022/4/22)

ゼンハイザー、シーンに応じてイヤーピースの使い分けができるスポーツ向け完全ワイヤレスイヤフォン
ゼンハイザーは、スポーツ向けをうたった完全ワイヤレスイヤフォン「SPORT True Wireless」を発表した。(2022/4/21)

Bang & OlufsenがIP57対応の完全ワイヤレスモデル「Beoplay EX」を投入
Bang & Olufsenは、同社初となるアダブティブ・アクティブノイズキャンセリング機構を搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォンの5世代目となる新モデル「Beoplay EX」を発表した。(2022/4/15)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「スマホ不振、ソリューション好調」のHuaweiが繰り出す次の一手は?
Huaweiは2021年のアニュアルレポートを発表した。アメリカ政府の制裁の影響により事業全体が困難な道を歩んでいるが、18年ぶりの減収となりながらも利益は増加した結果になった。(2022/4/15)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【4月】 スマホをお得に手に入れよう
新年度になり、新しくスマホを持つ家族が増えたり、機種変更を行う人は多いだろう。キャリア変更を行うこともある。では、4月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/4/14)

CIOがモバイルバッテリーやワイヤレス充電器のセール 楽天市場の「お買い物マラソン」にて
CIOが、4月9日20時〜4月16日1時59分に開催される楽天市場「お買い物マラソン」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを割引価格で販売する。(2022/4/8)

本体でAIノイズ低減するピンマイク「Razer Seiren BT」がすごい
Bluetoothピンマイクの「Razer Seiren BT」を購入した西田宗千佳さんがお気に入りのポイントを解説。(2022/4/4)

ソニーのワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を試す 穴あき構造は“ながら聴き”に向くのか
ソニーが2月25日に発売した「LinkBuds」を入手した。振動板の中心部がくりぬかれたドライバーユニットと「ソニー史上最小、最軽量」をうたうボディーが特徴だ。さまざまなシーンや音で聞き比べてみた。(2022/4/5)

組み込み開発ニュース:
第3世代MEMSセンサーを発表、FA機器やモバイル機器向け
STマイクロエレクトロニクスは、同社の第3世代MEMSセンサー4製品を発表した。大気圧センサー2種と3軸加速度センサー、6軸モーションセンサー各1種は高精度かつ低消費電力で、FA機器やモバイル機器などの機能向上に寄与する。(2022/4/1)

「iPhone SE(第3世代)」と5万円台前後のAndroidスマホを比較 どれだけ違う?
3月18日に発売された「iPhone SE(第3世代)」と、同じ価格帯のAndroidスマートフォンを比較。本体サイズはiPhone SE(第3世代)が最も小さい。最上位プロセッサを搭載していることも強みといえる。(2022/3/29)

「Xperia 5 III」のSIMフリーモデルが4月22日発売 デュアルSIM対応で約11.4万円
ソニーが、「Xperia 5 III」のSIMロックフリーモデル(XQ-BQ42)を4月22日に発売する。市場推定価格は11万5000円前後(税込み)。キャリア向けモデルとの違いは、本体カラーとストレージ、デュアルSIM対応など。(2022/3/23)

iPhone Tips:
iPhoneのバッテリー残量をスワイプせずに「パーセント表示」で見る方法
iPhoneのバッテリー情報は「コントロールセンター」でパーセント表示できるが、それをもっと見やすく、ホーム画面でも見られるようにしたい。そんなときは「バッテリー」のウィジェットを追加しよう。Bluetoothで接続したデバイスの情報も見られる。(2022/3/23)

ノイキャン対応のワイヤレスイヤフォン「Xiaomi Buds 3T Pro」を発売 2万3800円
Xiaomiが完全ワイヤレスイヤフォン「Xiaomi Buds 3T Pro」を発売。最大40dBのアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載。DLCコーティングを施した10mmデュアルマグネット・ダイナミックドライバーとLHDC4.0コーデック対応により、高い音質を実現したという。(2022/3/18)

JBL、用途に応じて指向性の切り替えができるゲーミングUSBマイク
ハーマンインターナショナルは、ゲーミングオーディオデバイス「JBL Quantum」シリーズからゲーミングUSBマイク「JBL Quantum STREAM」を発売する。(2022/3/17)

製造業IoT:
進む製造業のDX、ソニー、リコー、コマツ産機、旭化成の取り組み
日本マイクロソフトは2022年3月15日、製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援への取り組みを説明すると共に、ソニーやリコー、コマツ産機、旭化成と共同で取り組むDXの事例を紹介した。(2022/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。