楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適(1/2 ページ)

» 2024年07月08日 10時54分 公開

 楽天グループは第27期株主優待として、楽天モバイルの「音声+データ30GB/月」プランを1年間無料で利用可能な回線(以降、株主優待専用回線)を配布しました。

 この株主優待専用回線は、2023年12月末日権利日に楽天グループの株主名簿に記載のある100株(1単元)以上を保有する株主を対象として、5月以降順次配布されているものです。届いた日からおよそ1年間の間、毎月30GBのデータ通信とRakuten Link Officeアプリ経由での無料電話が可能な楽天モバイルの回線となっています。

 今回、この株主優待専用回線を使い機会があったので、実際の使用感をレポートしていきます。

株主優待専用回線は法人プランをベースとした専用プラン

楽天モバイル 楽天モバイルの法人向けプラン「Rakuten最強プラン ビジネス」

 株主優待専用回線は楽天モバイルが法人向けに提供している「Rakuten最強プラン ビジネス」をカスタマイズしたものとなっております。

 特徴は以下の通りです。

  • 30GB/月まで利用可能(※パートナー回線含む)
  • 30GB超過時は追加チャージ不可で、国内では200kbps、海外では128kbpsの通信制限がかかる
  • my楽天モバイルやmy楽天モバイル Officeを利用した利用状況の確認に非対応
  • 通話は専用アプリ「Rakuten Link Office」経由なら無料
  • Rakuten Link Office非利用時やナビダイヤル利用時など、国内通話有料分は請求金額が確定した場合に別途案内あり
  • 海外利用は2GB/月まで無料で利用可能
  • 海外電話・SMSは利用不可能
  • eSIM→eSIM、eSIM→物理SIMなどの変更は問い合わせフォームにて対応(※ただし6月末時点で郵送まで最大2カ月かかるとのこと)
※太字部が通常の法人プランとの違い(よくあるお問い合わせより)

 株主優待専用回線はRakuten最強プラン ビジネスの音声+データ30GBプラン(3058円/月)をベースに、データチャージや海外通話などのオプション利用・変更ができないようなプランとなっています。

受取でトラブル発生、開通すれば快適だが……

楽天モバイル 株主様ご優待専用サイトからの申し込み

 株主優待専用回線は楽天グループ株式会社株主様ご優待専用サイトよりログインし、楽天IDをひも付けて先行申込に応募することで、5月頃に郵送され、それを受け取るだけで利用可能となります。なお、先行申し込みをしなかった場合は6月以降発送でネットか郵送によるKYCが別途必要です。

 マイナンバーなどの公的証書による本人確認が必要な本人受取限定郵便で佐川急便より配送されますが、ここでトラブルが発生。予定より早く4月下旬頃には届いたものの、株主名簿に片仮名で登録されていたためか、片仮名で届きました。

 株主優待専用回線は郵便受取でKYCも実施しているためか、名前が違うと受け取れません。今回、本人確認書類に一切片仮名が乗っていないため受け取れない事態となりました。

 余談ですが、こういった問題が多発しているのか、5月14日に総務省より「宛名が片仮名で表記されている本人限定受取郵便(特定事項伝達型)の本人確認方法に関する行政相談について」という題名の声明が発表されています。)

 株主優待専用のお問い合わせ先に電話し、名前を漢字に変更する依頼をしたところ、1カ月後の5月下旬頃にようやく受け取ることができました。

楽天モバイル 書類は簡素なもの、eSIMではなく物理SIM希望であれば加えてSIMカードが付く

 届いた資料はeSIMのQRコードとガイド類の2枚のみ。あとはQRコードを手持ちのスマホで読み込むだけで開通です。

 回線自体の使用感としては一般的な楽天モバイルと全く同じです。地下やエレベーター内、混雑しているところといったところは相変わらずつながりにくいものの、つながってさえいれば快適そのものです。2024年6月よりサービス開始の700MHzプラチナバンドサービスと、そのエリア拡大に期待です。

楽天モバイル iOSは統計情報のリセットが必要で不便

 株主優待専用回線特有の事情として、my楽天モバイルアプリで利用状況が見られないのはやはり不便です。もちろんAndroidであれば設定より利用状況の確認と通信制限が、iOSであれば月ごとに統計情報のリセットさえ忘れなければ利用状況の確認のみできますが、海外利用分は分からないですし、体験としてはイマイチに感じます。

 30GBは絶対に使い切れないのであれば問題ないですが、つながりにくいところもあると考えると、あくまでサブ回線として利用するのがいいでしょう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月25日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー