ニュース
» 2019年05月14日 06時00分 公開

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売

富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。

[金子麟太郎,ITmedia]

 富士通コネクテッドテクノロジーズは、arrowsブランドを冠したマルチ通訳機「arrows hello(アローズ ハロー)AT01」を発売する。本体カラーは墨と紅の2色あり、墨は23日、紅は6月以降に発売する。

fujitsu 本体カラーは墨と紅の2色

 価格はオープンプライスで2万9800円程度になる見込み。取り扱うのは、エディオン、ケーズホールディングス、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ピーシーデポコーポレーション、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの各家電量販店。

 ディスプレイは3型の液晶パネルを搭載し、重さは約101gと軽量で、ポケットに収まるサイズ感となる。

fujitsu 本体側面のキーを押しながら話すと音声が認識される

 本体側面のキーを押しながら話すと音声が認識される。例えば、画面上部に設定した言語を話す場合は、側面のキーのうち、上側の赤い翻訳キーを押しながら話す。画面下部に設定した言語は側面下側の青い翻訳キーを押しながら話すと翻訳できる。

fujitsu Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる

 SIMを挿して使うことはできず、Wi-Fi環境で使える。翻訳エンジンは中国NetEaseの子会社youdao(ユー・ダウ)の製品を採用している。対応する言語数は、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。SIMは非対応。

 「双方向(音声)翻訳」では下記の28言語に対応する。

 日本語、英語、中国語(標準語/簡体字/繁体字)、韓国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語、スウェーデン語、フィンランド語、デンマーク語、ノルウェー語、ポーランド語、トルコ語、ハンガリー語、ギリシャ語、チェコ語、ルーマニア語、アラビア語、タイ語、インドネシア語、ヒンディー語、ベトナム語、スロバキア語(順不同)

fujitsu カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる

 本体背面にはカメラを搭載しており、文字を撮影することで、撮影した写真の中の文字を読み取って翻訳する「カメラ翻訳」機能を搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10