ニュース
» 2019年01月17日 22時34分 公開

「自己破産で学んだ」 元FREETEL増田薫氏が翻訳機で復活 スマホにも意欲

経営破綻により、一度はSIMフリー業界から撤退した、元FREETELの増田薫氏が新会社を立ち上げて復活。第1弾製品として、モバイル通信機能搭載の翻訳デバイス「eTalk 5」を発売。スマホやケータイの発売も予定しているという。

[田中聡,ITmedia]

 「FREETEL」ブランドでMVNOサービスやSIMロックフリー端末事業を展開していた、元プラスワン・マーケティングの増田薫氏が、新会社「TAKUMI JAPAN(タクミジャパン)」を立ち上げ、モバイル業界に帰ってきた。

 増田氏は2012年にプラスワン・マーケティングを起業し、「FREETEL」ブランドでSIMロックフリー事業とMVNOサービスを展開していた。しかし経営破綻から民事再生する事態となり、MVNOサービスは楽天に、端末事業はMAYA SYSTEMに譲渡した。それ以降、表舞台からは姿を消していたが、1月17日の発表会で久々に姿を見せた。

 TAKUMI JAPAN製品のブランドとして名付けたのが「KAZUNA」。その第1弾製品として、モバイル通信機能搭載の翻訳デバイス「eTalk 5」を2018年12月に発売した。

増田薫 TAKUMIJAPAN 代表取締役の増田薫氏

2年間使い放題のSIM+翻訳機を発売

 eTalk5は、72の言語に対応したモバイル翻訳機。音声で話した内容や、案内・メニューなどを撮影した内容を翻訳できる。離れた場所のいる人にテキストや音声で翻訳内容を伝えることもできる。通信機能はLTEを内蔵しており、最大6台までのデバイスで使えるテザリングにも対応している。言語に応じた翻訳エンジンを活用しており、基本的にはクラウド上のエンジンを使うが、オフラインでも翻訳は可能。3.5型ディスプレイはタッチパネル操作に対応している。

 本体価格は2万4800円(税別、以下同)で、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ノジマといった量販店の他、Amazon.co.jpで購入できる。

eTalk5
eTalk5 翻訳デバイス「eTalk5」
eTalk5 全国の家電量販店やAmazon.co.jpで販売中
eTalk5 eTalk5の主な機能
eTalk5 個人が海外出張や外国語勉強用に使うことに加え、2020年の東京五輪を見越し、訪日外国人に使ってもらうことも想定している

 増田氏は、各国のLTEをはじめとした多様な周波数帯をカバーしていることもeTalk5の特徴に挙げ、「2年間、143カ国ですぐに使える理想の翻訳機」だとアピールする。

eTalk5 LTE、W-CDMA、TD-SDCMA、GSMのバンドに対応する
eTalk5 各国のLTEにも幅広く対応する

 このeTalk5の新ラインアップとして、新色「シャンパンゴールド」と、2年間世界各国で通信できるSIMカードをセットにした商品を、1月25日に発売する。価格は2万9880円。SIMカードは1枚で世界143カ国(うちLTEは75カ国)で使えるもので、増田氏は「グローバルSIM」と呼ぶ。SIMは設定済みで、起動すればすぐに利用開始できる。起動してから2年間は、約10万秒の音声翻訳が可能。テザリングを利用する場合は別途データ通信をチャージする必要がある。

 さらに、eTalk5にバンドルするSIMカード単体での販売も予定している。詳細は1月末にオープンする予定のWebサイトで案内する。

eTalk5 新色のシャンパンゴールド
eTalk5 2年間翻訳機能を使えるSIMとのセット販売も行う

 eTalk5を発売してから大きな反響があり、法人用途で多数の企業から問い合わせが来たという。特にニーズが大きかったのはインバウンド関連で、「(飲食店が)外国語のメニューをどう作ったらいいか分からない」といった声が多かったそうだ。将来的には、会議室に翻訳機を置くだけで、各国の参加者が話した言葉をリアルタイムでPC上で表示すといった機能の提供も視野に入れる。

eTalk5 ホテルのフロントに置くといった用途を想定した、据え置き型の「eTalk5 Biz」も開発中

 ソフトウェアアップデートも積極的に行う。1月には翻訳結果をCSV形式でエクスポート可能にする予定。また2019年上半期には、最大8言語の同時翻訳機能を追加する予定だ。

eTalk5 ソフトウェアアップデートも行う

スマートフォンやケータイの新機種も開発

 増田氏は、スマートフォンやケータイの開発も進めていることを明かし、既に欧米の携帯キャリアと話が進んでいるという。「今は詳しい情報は出せないが、今後も毎月のように記者発表をしたい。2020年に向けて日本の美しいものを組み込んでいきたい」と意気込む。スマートフォンは簡単な外観写真を公開し、オーソドックスな形状であることがうかがえる。

KAZUNA KAZUNAブランドのスマートフォン外観
KAZUNA 背面はデュアルカメラを搭載する

 ケータイはAndroidベースの折りたたみ型になる予定。2.8型ディスプレイやSnapdragon 210、メモリ512GB、ストレージ4GBなどのスペックが明かされた。Wi-Fi経由で通話ができるWi-Fiコーリングにも対応する。FREETEL時代には「Simple」というストレートケータイを発売した。今回のケータイも「Simpleという名前になるかは分からないが」(増田氏)、海外キャリアと発売に向けて動いており、2〜3月に詳細を発表する予定。

KAZUNA KAZUNAブランドの折りたたみケータイ

「ハードウェアが好き」の思いで、自己破産から復活

 増田氏はプラスワンの民事再生に伴い、自己破産を経験。2018年は所持金が1万4000円のみだった時期もあり、「2018年前半は親族から金を借りて生きていた」「もやしやカレーを食べていた」という。一方、「自己破産で学んだ面も大きい」と話す。「前の会社(プラスワン)ではでかいことばかり言っていた。言った通りになった部分もあったが、ダメな部分もあった。経営力のなさが破綻を招いた」と振り返る。

 それでも「ハードウェアを出す会社としてしっかりやっていきたいという思いが変わらなかった」ことが復活につながった。「支援に回ってくれる方も現れた。逃げずに付き合ってくれる仲間もいる。家電量販や海外のお客さんから『頑張ろうよ』と声をかけてくれるようになって、気持ちが上がった。それまでは地獄だったが……」(増田氏)

 「ハードと通信の両方をやった会社が少ない」ことから、2018年夏頃からはコンサルティングの依頼が増加。これで「カレー以外も食べられる生活ができるようになった」という。「海外の買いたいという人と、作りたいという人たちのニーズを合わせたらキャッシュフローがよくなった」ことで、eTalk5はほぼ融資ゼロで開発でき、TAKUMI JAPANの資本金970万円も自前で用意した。

 FREETEL時代は大々的に発表会を開催し、芸能人を起用したCMも展開。ギラついた言動も含め、とにかく「派手」な印象が強かった増田氏。しかし発表会で久しぶりに見た同氏の印象は「謙虚」。記者に向けて発した第一声が「お手製感あふれる発表会ですが……」だった。

 会社は変わっても「ハードウェアが好き」という思いは変わらない。TAKUMI JAPANでも「ハードウェアに特化する」という。「力も足りないし、匠(たくみ)なんて言うのはおこがましいが、思いはそこにある」(増田氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう