ニュース
» 2018年05月21日 16時55分 公開

「arrows Be F-04K」が5月25日発売 一眼レフ技術のカメラ+泡ソープで洗えるボディーを備えて3万円台docomo with対象機種

富士通コネクテッドテクノロジーズ製のdocomo with対象スマホ「arrows Be」の第2弾が登場する。最新のミドルレンジ向けプロセッサを搭載し、夜景撮影を強化したカメラ機能と泡ハンドソープで洗えるボディーを備えた。

[井上翔ITmedia]

 NTTドコモは5月25日、富士通コネクテッドテクノロジーズ製Androidスマートフォン「arrows Be F-04K」を発売する。ドコモオンラインショップでの販売価格は3万3639円(税込)。「docomo with」対象機種となるため、端末購入に伴う「月々サポート」は付与されない。

arrows Be F-04K arrows Be F-04K(実機正面)
arrows Be F-04K カラーはPink、White、Blackの3色(実機背面)

 F-05Kはカメラ機能に改良を加え、従来機種よりも暗所における撮影性能を向上している。また、「ボディー全体の頑丈さ向上」「画面割れの強さ」といった昨今のarrowsシリーズの特徴もしっかり取り込み、メーカーがSIMロックフリー端末として投入した「arrows M04」で好評だった泡ハンドソープ(または水で薄めた中性食器用洗剤)を使った本体洗浄にも対応している。

泡ソープで洗浄中洗い流す 泡ハンドソープで洗浄している様子。詳しい洗浄方法や注意点は発売日までにメーカー公式サイトに公開される予定

 プロセッサはQualcommのミドルレンジ向け最新プロセッサ「Snapdragon 450」(CPU部は1.8GHz×8コア)を搭載。メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GBを備える。外部ストレージはmicroSDXC(最大400GB)に対応する。バッテリー容量は2580mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続(充電)端子はUSB Type-Cとなるため、使っている充電アダプター(ケーブル)によっては買い換え、または変換コネクターが必要だ。

 「arrows NX F-01K」と同様に、本体右側面の電源キーは指紋センサー「Exlider(エクスライダー)」となっている。端末ロック解除や各種ドコモサービスにおけるパスワードレス認証に使えるのはもちろん、画面のスクロールや拡大・縮小といった操作にも使える。

Exlider F-01Kに続き搭載された「Exlider」

 アウトカメラは1220万画素センサーにF1.9レンズの組みあわせ、インカメラは500万画素センサーにF2.4レンズの組みあわせとなる。サウンド機能面では、イヤフォン出力時のハイレゾ再生に対応している。OSは発売時点で最新のAndroid 8.1をプリインストールする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月04日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 折りたたみスマホ「motorola razr 40s」が“実質1万円以下”の衝撃 不安要素は法改正か (2023年11月25日)
  10. 楽天モバイルとLINEMOが満足度1位に オリコンが携帯キャリア/格安ブランド向けに調査 (2023年12月01日)

過去記事カレンダー