ニュース
2013年04月02日 09時40分 UPDATE

Amazon Cloud DriveでAndroidを含む端末間同期が可能に

Amazonがクラウドストレージサービス用のMac、Windows、Android、Kindle向けクライアントアプリを公開し、競合サービス同様に端末間でのファイルの同期を可能にした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは4月1日(現地時間)、5Gバイトまで無料のクラウドストレージサービス「Amazon Cloud Drive」をアップデートし、Mac、WindowsAndroid、Kindle Fire向けのクライアントアプリを公開した。これにより、米Dropboxや米GoogleのGoogle Driveなどの競合サービスと同様に、複数の端末間でファイルを同期できるようになった。

 amazon 1

 また、Cloud Driveのサービスの一部だったクラウド音楽サービスCloud Playerが独立したサービスになった。Cloud Driveは、文書、動画、写真用のドライブという位置付けになる。7月31日までにアップロードした音楽ファイルは双方のサービスで再生できるが、それ以降にアップロードしたファイルはそれぞれのサービスでしか再生できなくなるという。

 amazon 2

 Amazon Cloud Driveは2011年3月にスタートしたクラウドストレージサービス。日本でも昨年11月から利用できるようになっている。1年当たりの料金は、5Gバイトまでは無料で、20Gバイトまでは800円、50Gバイトまでは2000円、100Gバイトまでは4000円、200Gバイトまでは8000円、500Gバイトまでは2万円、1000Gバイトまでは4万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -