ニュース
» 2013年04月04日 13時46分 UPDATE

Facebook、米モバイルユーザーの利用時間でゲームに次ぐ2位──米Flurry調べ

米国のAndroidおよびiOS搭載端末でのネット利用に関する調査によると、ゲームの利用時間は1日当たり平均51分で、Facebookは29分だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国のAndroidおよびiOS搭載端末ユーザーは、平均で1日当たり2時間38分、端末からのネット利用に費やしている──。米調査会社のFlurryが4月3日(現地時間)、モバイル端末の利用状況についての調査結果を発表した。

 同社のサービスは30万以上のアプリケーションに統合されており、この調査は10億人以上の月間アクティブユーザーのデータに基づいている。

 flurry ネットに接続したiOSおよびAndroid端末の利用状況(資料:Flurry Analytics,comScore,NetMarketShare)

 利用時間の80%は何らかのアプリからで、残り20%がWebブラウザ経由だ。アプリではゲームが最も多い32%(約51分)。次はFacebookの18%(約29分)。Twitterなどの他のSNSは「ソーシャルネットワーキング」として一くくりで6%(約10分)であるのに比べると、Facebookが突出していることが分かる。

 Webブラウザとしては、Safariの利用が最も多い12%(約20分)。Flurryは、FacebookのユーザーがFacebook内のリンクや投稿をブラウジングしている行動はFacebookアプリをWebブラウザ的に利用していると見なすことができるとし、そう考えるとFacebookは最も利用されているWebブラウザとも言えるという。

 Facebookは株式公開以来、モバイルの収益化を重視してきた。直近の業績発表では、モバイルが売り上げの23%を占め、マーク・ザッカーバーグCEOは業績発表後の電話会見で、「Facebookは文句なしにモバイル企業になった」と語った。同社は4日に、Androidに関係する記者発表イベントを開催する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -