ニュース
» 2013年04月08日 19時54分 UPDATE

ドコモ、クラウド基盤「OpenStack」にソースコード提供 サービス応答時間を最大50%短縮

クラウド基盤「OpenStack」の最新版に、ドコモのサーバ管理技術が採用。クラウドサービスの応答時間を約10〜50%高速化できるとしている。

[ITmedia]
画像

 NTTドコモは4月8日、オープンソースのクラウド基盤「OpenStack」の最新版「Grizzly」に、同社が開発したサーバ管理技術のソースコードを提供したと発表した。OpenStack上から物理サーバをクラウドサービスごとに直接割り当てられるようにする技術で、一般的なクラウドサービスの応答時間を約10〜50%高速化できるとしている。

 OpenStackはクラウドサービスごとに仮想サーバを割り当てられるクラウド基盤だが、仮想化ではCPU負荷やネットワーク遅延の増大が課題。新技術の導入で、OpenStack上で物理サーバも管理できるようにし、クラウドサービスの応答時間を高速化するのが狙い。ソースコードは4月4日にOpenStack Foundationが公開した。

 仮想化サーバと物理サーバのクラウド基盤は利用状況に応じて切り替えも可能。仮想サーバ向けOpenStack APIとの互換性も保っているため、仮想サーバ制御に利用していたソフトをそのまま物理サーバ向けに流用できる。

 ドコモはOpenStack Foundationに2012年から、物理サーバ管理技術の仕様作成やソースコードの提供などで参加してきた。今後も同団体への貢献などを通じてモバイル環境の高度化を推進するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -