ニュース
» 2013年04月10日 17時58分 UPDATE

JINSのカード情報流出、最大2059人にとどまる

「JINS」の通販サイトからクレジットカード情報が流出した事件で、流出した可能性のある顧客数は最大2059人だったと発表した。当初は最大1万2036人としていた。

[ITmedia]

 眼鏡ブランド「JINS」の通販サイトからクレジットカード情報が流出した事件で、サイトを運営するジェイアイエヌは4月9日、カード情報が流出した可能性のある顧客数は最大2059人だったと発表した。当初は最大1万2036人としていたが、その後の調査で狭まったという。

 カード情報漏えい調査などを手がけるPayment Card Forensics(PCF)が委託を受けて調査したところ、3月6日にバックドアプログラムが設置され、第三者のサーバにクレジットカード情報が転送されるようアプリケーションプログラムの改ざんが行われた形跡を確認。当初は、2月6日〜3月14日にカード決済した顧客1万2036人の情報が流出した可能性があるとしていたが、3月6日〜14日に決済した2059人に狭まった。

 1万2036人の顧客に対しては1000円分のQUOカードを順次、送付しているほか、カードの再発行手数料を負担する。

 今後は、情報漏えい事故調査委員会(委員長 大井哲也弁護士)による調査・検証を実施。オンラインショップのシステムの見直しやセキュリティ向上を行うとともに、PCFの協力のもと、カード情報保護の国際的セキュリティ基準「PCI DSS」の認証を取得すべく準備を進めているという。オンラインショップの再開は6月中を計画している。

 業績への影響は「軽微」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -