ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年04月11日 18時15分 UPDATE

SNSに愚痴、投稿できる? うっかり投稿でトラブル経験も

SNSに愚痴を投稿したくても投稿できないことが多いという人が64.0%いたという。サイバーエージェント調べ。

[ITmedia]

 仕事の愚痴をSNSではき出したいけど──サイバーエージェントは「SNSの愚痴」をテーマに20〜30代の男女500人にアンケートした結果をまとめた。SNSに愚痴を投稿したくても投稿できないことが多いという人が64.0%いたという。

 SNSへの1日の投稿数は平均で7.6回。1日に平均200回程度投稿しているというヘビーユーザーもいた。

 それでもためらわれるのが愚痴の投稿。「自分の投稿を見た人を不快にさせてしまうので」(61.3%)「自分のイメージを悪くしたくないので」(39.7%)といった理由が多かった。

photo ニュースリリースより

 投稿したくなる愚痴はやはり「仕事関係の内容」(55.3%)「友人・知人に関する内容」(34.1%)が上位に。投稿したくなるのは「自分の心の中の不満をスッキリさせたいので」が最も多く79.2%に。「誰かに共感をしてほしいので」も34.9%だった。

 一方で、実際にSNSに愚痴を投稿した経験は71.8%があった。そのうち、愚痴を投稿したことで「トラブルになったことがある」も14.5%に。「相手にバレて、後日それについて問いただされ気まずい関係になった」など直接伝わったケースや、「愚痴の矛先を向けた人とは別の人が誤解して受け取ってしまった」と直接は関係ない人に思わぬ受け取られ方をした場合があった。

 同社はAmebaで「きいてよ!ミルチョ」を運営。「友だち」「や「フォロワー」といった概念がない、ゆるいコミュニティーなので愚痴も投稿しやすい、とPRしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.