ニュース
» 2013年04月16日 08時58分 UPDATE

Microsoft、企業の省電力を支援する“スマートビルディング”ソリューションを発表

Microsoftがレッドモンドの本社キャンパスで数年をかけて開発した省電力支援の“スマートビルディング”ソフトを、近いうちに企業向け製品として提供すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 smart 1 現在のMicrosoft本社キャンパス

 米Microsoftは4月15日(現地時間)、レッドモンドの自社キャンパス向けに開発したデータ駆動型の省エネルギー支援ソリューションを発表した。現在、米国防総省や幾つかのパートナー企業がこのソリューションを採用しており、近いうちに製品としてリリースするという。

 Microsoftはこのソリューションにより、125のビルがある500エーカー(約61万坪)の本社キャンパスのエネルギーコストを数百万ドル削減したという。同社は、世界の企業や商用施設が消費する電力は総電力の40%を占めるとみられており、このソリューションの可能性は大きいとしている。

 このソリューションは、同社のファシリティ&エネルギー担当ディレクター、ダレル・スミス氏が率いるチームが数年前に立ち上げたプロジェクト「88エーカー(当時の本社キャンパスの広さ)」の成果物。スミス氏らは、キャンパス中に3万以上のビル管理センサーを設置し、電力消費関連の様々なデータを収集して分析したという。

 smart 2 本社キャンパス中に設置されたセンサー

 こうして構築した“スマートビルディング”ソフトは、Windows Azure、SQL Server、Microsoft Officeなどの既存のMicrosoft製品で利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -