ニュース
» 2013年04月18日 10時38分 UPDATE

Twitter、ツイート内キーワードに基づくターゲティング広告を開始

Twitterが、ツイート内のキーワードでターゲティングしたプロモツイートを表示する広告主向けサービスの提供を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは4月17日(現地時間)、広告ツイート「プロモツイート」に、ユーザーのツイート内のキーワードに基づいてターゲティングする機能「keyword targeting in timelines」を追加したと発表した。日本語でも同日から利用できる。広告主はTwitter Adsセンター(ログインアカウントが必要)でキーワードを設定できる。

 例えば、あるユーザーが好きなバンドの新しいアルバムについてツイートすると、そのバンドがユーザーの地元で行うコンサートチケットに関するプロモツイートが表示される。

 キーワードターゲティングを設定するには、Twitter Adsのターゲティング設定ページで単語あるいはフレーズを有力する。既に利用可能になっている、地域、端末、性別によるターゲティングと複合的に設定することも可能だ。

 twitter Twitter Adsでキーワードを設定すると(上)、そのキーワードをツイートしたユーザーのタイムラインにプロモツイートが表示される(下)

 このターゲティングツールは、ユーザーのツイートだけでなく、ユーザーがリツイートしたり、お気に入りに登録したツイートも対象とする。

 Twitterは、タイムライン上のプロモツイートの量が多くなるわけではなく、従来よりもユーザーに最適化されたプロモツイートが表示されるようになると強調する。

 日本マイクロソフトや薬局チェーンの米Walgreensなどが参加したβテストでは、他のターゲティングよりも高いエンゲージメントがみられたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -