ニュース
» 2013年05月01日 09時34分 UPDATE

Twitter広告、米国で招待制を終了し、一般公開

広告収入増加策を立て続けに打ち出しているTwitterが、これまで招待制にしていたセルフサービス広告プラットフォームを米国で一般公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは4月30日(現地時間)、昨年3月に立ち上げたセルフサービス式の広告プログラムを米国の一般ユーザー向けに公開したと発表した。米国内のユーザーは、Twitter Ads self serviceのページから利用を申し込める。

 twitter 申し込みページ

 このプログラムは、小規模企業および個人向けのもので、これまでは招待制だった。参加者はプロモアカウントとプロモツイートを利用し、広告料金は成果報酬型。

 Twitterは広告プラットフォームのユーザーのフィードバックに基づいて様々な改善を加えてきた。今年の2月には広告APIを公開し、4月に入ってツイート内キーワードに基づくターゲティング広告を開始した。

 Twitterの広告事業はまだ比較的規模が小さく、調査会社eMarketerによれば、Twitterの2013年の全世界の広告収入は6億ドル弱になる見通しだが、これらの新機能と今回の広告プラットフォームの一般公開により、広告収入は拡大するだろう。

 Twitterは年内にも株式上場に踏み切るとみられている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -