ニュース
» 2013年05月09日 14時13分 UPDATE

LINE事業の業績開示 1〜3月期に売上高58.2億円

LINE事業は1〜3月期に売上高58.2億円。前四半期から約1.9倍に拡大している。

[ITmedia]

 LINEは5月9日、無料メッセンジャー&通話アプリ「LINE」事業の業績(監査未完了)を開示した。1〜3月期の売上高は58.2億円で、前四半期の10〜12月期から1.9倍に拡大している。利益は開示していない。

photo

 1〜3月期の売上高の内訳はゲーム課金が約50%を占め、スタンプ課金が約30%。地域別では日本が約80%だった。登録ユーザー数は4月末に世界1億5000万人を超えている。

 同社は4月1日、旧NHN JapanからLINE事業などを分割する形で発足した。官報に掲載された決算公告によると、旧NHN Japan(ハンゲーム事業など含む)の2012年12月期は売上高259億円に対し営業損益は7億700万円の赤字、最終損益は19億1400万円の赤字だった。LINE事業への投資がかさんだとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -