ニュース
» 2013年05月13日 12時54分 UPDATE

ソニー、A4サイズの電子ペーパー端末開発 大学で実証実験へ

ソニーがA4サイズの電子ペーパー端末を開発。2013年度内の商品化を目指す。

[ITmedia]
画像 電子ペーパー端末のイメージ

 ソニーは5月13日、A4サイズの電子ペーパー端末を開発したと発表した。紙文書と同じような文字サイズやレイアウトで文書を読んだり書き込んだりでき、ネットを介したファイル配信にも対応。新たな学習・ワークスタイルを提案するとしている。2013年度内の商品化を目指している。

 E Inkのフレキシブル電子ペーパー「E Ink Mobius」と、プラスチック基板上にTFTを高精度に形成するソニーの独自技術を採用。A4相当・13.3インチの画面に1200×1600ピクセルでモノクロ表示(16階調グレースケール)できる。紙文書と同じような文字サイズとレイアウトで、細かい文字もくっきりと読みやすいという。

 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)に対応。ネットを介してファイルを共有するアプリに対応する予定だ。タッチパネルは光学式と電磁誘導方式を採用。画面に指で触れて操作できるほか、付属のペンで紙のようになめらかに書くこともできるという。対応フォーマットはPDF(PDF1.7)。手書きやハイライト、ふせんメモを文書とともに保存する機能も備えた。

 サイズは233(幅)×310(高さ)×6.8(厚さ)ミリ、重さは358グラム。メモリは4Gバイト内蔵し、microSDメモリーカードスロットを搭載した。内蔵リチウム充電池で最長3週間(無線LAN機能オフ時)利用できるとしている。

 早稲田大学、立命館大学、法政大学とともに、13年度後期から順次、同端末を講義で活用する実証実験を行う。紙のテキストや教材を電子ペーパー端末に置き換えるなどし、講義プロセスの効率化と学習効果の向上を狙う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -