ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年05月14日 17時35分 UPDATE

NEC夏モデルPC、主力機種でタッチパネル対応 「1度使うと良さが分かる」

NECの個人向けPC夏モデルでは、ノートの主力機種がタッチ対応に。プリインアプリも増やしタブレットなどにに近い操作性を目指したという。

[山崎春奈,ITmedia]

 NECパーソナルコンピュータは5月14日、Windows 8を搭載した個人向けPC「LaVie」「VALUESTAR」の6タイプ30モデルの発売を発表した。ノートPCの主力商品にタッチパネルを採用、プリインストールアプリも増やしスマートデバイスに近い操作性を目指したという。

photo LaVie L

 フルモデルチェンジするのは15.6インチのノートPC「LaVie L」「LaVie S」の2機種。タッチパネルを搭載し、「クックパッド」などタブレットでも人気のアプリをプリインストールする。視野角の広いIPS液晶を採用し「タブレットよりも大きな画面で美しい映像を楽しんでもらいたい」(小野寺忠司 執行役員)という。

photo クックパッドアプリ

 「LaVie L」は第4世代Core(Haswell)と8Gバイトのメモリを搭載し、高速性を追求した。上位機種の「LL850/MSB」はフルHD液晶(1920×1080ピクセル)と約1TバイトHDD/32GバイトSSDの両方を利用するハイブリッドドライブシステムを採用。高速無線LAN規格のDraft IEEE802.11acにも対応する。「LL750/MS」は画像解像度が1366×768ピクセル、HDDは約1Tバイト。実売予想価格は「LL850/MSB」が約20万円、「LL750/MS」は約19万円。

 「LaVie S」は、ヒンジ部のデザインを変えることで薄さ27.5ミリの薄型ボディを実現。ワイヤレスマウスの同梱を踏襲するほか、タッチパッドの大きさを38%広げ、状況に応じて快適な操作を選べるようにした。実売予想価格は11万〜16万5000円。

photo 小野寺忠司 執行役員

 23インチのタワー型PC「VALUESTAR L」もモデルチェンジ。上位機種「VL750/MSW」はCPUに第4世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載。8Gバイトのメモリに加え空きスロットを2つ確保し、最大32Gバイトまで拡張可能とした。液晶はフルHD、HDDは約3Tバイト。実売予想価格は約21万5000円。

 同社の小野寺忠司執行役員は、タッチパネル搭載PCについて「普及が進んでいるとは言いがたいが、購入した人の満足度は高く、1度使うと良さが分かってもらえると思う。まずは選んでもらえる選択肢を増やすことが重要」と今後も開発に力を入れるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.