ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年05月21日 19時42分 UPDATE

ブラウザ上で3Dキャラの漫画を作成できる「箱人形マンガ」

Webブラウザ上で3D「箱人形」キャラの位置や角度、背景画像や吹き出しの内容を編集し、漫画を作成できる「箱人形マンガ」がオープン。

[ITmedia]

 クロノス・クラウンは5月21日、Webブラウザ上で3D漫画を作成できるWebアプリ「箱人形マンガ(Box Comic)」を正式公開した。背景画像や吹き出しの内容を編集し、3Dの「箱人形」キャラクターの位置や角度をマウスなどで指定して配置できる。

photo

 「箱人形マンガ(Box Comic)」は同社が公開している「マンガで分かる Java入門講座」の制作の負担を減らすため開発された、「プログラムを使い、絵を描かずに、簡単な操作でマンガ・コンテンツを作成するためのWebアプリ」。背景画像やキャラクターの位置、表情を選び、「頭」「右腕」「左足」などの部位ごとに位置や回転角度を細かく決めることができる。

 HTML5のCanvasとWebGLを利用して、3D空間にオブジェクトを配置している。キャラクターはドット絵を基本にした「箱人形」。テンプレートをダウンロードして自作のキャラクターを作り、zipファイルで読み込ませることも可能。

photo 同ツールを使用して作成したサンプル画像

 作成した漫画はPNG形式の画像として保存し、商用・非商用を問わず利用できる。同社は「解説記事にマンガを添えたり、1コママンガの挿絵を作ったりといった用途を想定している」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.