ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年05月27日 10時00分 UPDATE

「ご当地キャラ」は週末も休まず写真投稿――約500キャラのSNS利用状況を調査

投稿数のピークは金曜日、土日や祝日も写真付きツイートで休まずPR――全国各地の「ご当地キャラ」のソーシャルメディア上の情報発信に関する実態調査が行われた。

[ITmedia]

 人気の「くまモン」など日本各地の「ご当地キャラ」の多くが、TwitterやFacebookを活用して積極的に情報発信する時代。ご当地キャラは土日・祝日も含め、SNSを活用して休みなくPRを続けているようだ。

 ビジネスサーチテクノロジが約500のご当地キャラのSNSやブログへの投稿を元に分析した結果をまとめた。Twitterアカウントによる情報の拡散率をポイント化したところ、フォロワー数が約23万と最多の「くまモン」が投稿した地元熊本の祭りに関するツイートが2000回以上と最も多くのリツイートを集め1位となった。

photo 反響を呼んだコメントランキング

 SNS投稿数は曜日別では金曜日が最も多かった(15.4%)。写真や画像付きで投稿する割合は全体の10%程度で、週末は増加していた(日曜日13%、土曜日12.1%)。ゴールデンウィーク期間中の画像投稿数は通常時と比べて増加しており、祝祭日に開催されるイベントに関連して投稿しているようだ。

photo 曜日別投稿数および画像投稿の割合

 キャラの投稿に対するフォロワーの反応や拡散度を示す「炎上指数」は土曜日が全体の反応数の18.6%と最も高い。週末に開催されたイベントのレポートなどが投稿される月曜日が17.7%で続く。日曜日は11.4%と、投稿に対する反応は曜日別に見て最も小さくなった。

 調査は、ビジネスサーチテクノロジが4月1日〜5月9日、Twitter、Facebook、Google+、ブログを対象に、約500のご当地キャラの投稿から分析した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.