ニュース
» 2013年05月29日 18時18分 UPDATE

Yahoo!IDとメアド誤送信、新たに9万4000人分 「ヤフオク!」ユーザー最大179人に

「ヤフオク!」ユーザーのYahoo!JAPAN IDとメールアドレスの誤送信事故で、新たに9万4317人分のIDとメアドの組み合わせを、最大179人に誤送信していたことが分かった。

[ITmedia]

 ヤフーは5月29日、27日に発表した「ヤフオク!」ユーザーのYahoo!JAPAN IDとメールアドレスの誤送信事故で、新たに9万4317人分のIDとメアドの組み合わせを、最大179人に誤送信していたことが分かったと発表した。対象のユーザーにはメールで連絡して謝罪。メールを受け取ったユーザーには、届いたメールの削除を依頼している。

 27日に発表した、1427人分のYahoo!JAPAN IDとメアドの835人への誤送信事故とユーザーの重複はないが、原因は同じで、社内でのメールマガジン送信作業中に担当者がデータの指定をミスしたこと。対象人数がこれ以上増えることはないとしている。また、先日発表した不正アクセスによるユーザーID・パスワード流出とは関係ないとしている。

 再発防止のため、原因となったオペレーションの見直しと、システム上の異常な処理の検出機能の強化を行うという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -