ニュース
» 2013年05月29日 18時25分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2013:「Firefox OS」搭載スマートフォン公開 Webベースでアプリ開発が可能

Mozilla JapanがHTML5ベースの「Firefox OS」を搭載端末を「ワイヤレスジャパン2013」で展示している。日本語入力システムのデモ機も登場し、日本市場への投入も「できるだけ早く」進めたいという。

[山崎春奈,ITmedia]

 Mozilla Japanは、5月29日開幕した「ワイヤレスジャパン2013」(東京ビッグサイト、31日まで)で、同社が開発するWebベースのオープンソースプラットフォーム「Firefox OS」を搭載したモバイル端末を展示した。同OS搭載端末はKDDIが国内発売を計画している。

photo 開発者向け端末「Peak」

 「Firefox OS」はMozillaが開発するオープンモバイルOS「Boot to Gecko(B2G)」をベースにしたOS。「Webこそがプラットフォーム」をコンセプトとして掲げ、HTML5やCSS、JavaScriptでアプリや機能を開発できる。オープンソースプラットフォームのため、導入やカスタマイズが低コストで済み、端末自体の価格を抑えることができるという。

 電話やメール、Webブラウザなどの基本機能を備えるほか、「Firefox Marketplace」からアプリをダウンロードでき、現時点ではTwitterやWikipedia、EvernoteなどのWebサービス用アプリ、ゲームなどが公開されている。Web標準技術を使用して開発できるため「個人開発者の活躍も期待したい」という。

 開発したアプリは「Firefox Marketplace」を経由しなくとも、Zipで圧縮することでパッケージとして配布が可能。端末上でアプリとして展開されるため、「Webページを見る感覚でアプリを利用でき、インストールまでのユーザーの心理的障壁が下がる」とした。

 現在販売されているのは、開発者向けプレビュー端末のみで、今年の夏ごろにブラジルでコンシューマー向けスマートフォンを発売する予定。日本ではKDDIと共に開発を進めており、Mozilla Japanは「できるだけ早くみなさんにお届けしたい」としている。開発者向け端末「Keon」(91ユーロ)と「Peak」(149ユーロ)の2機種をオンラインで販売しているが、両機種とも現在は売り切れとなっている。

 会場では、「Wnn」シリーズのオムロンソフトウェアが開発する同OS向け日本語入力システムを搭載したデモ機も展示。開発環境やユーザー向けUIの日本語対応も進めているという。

photo 開発者向け端末「Keon」
photo オムロンソフトウェアが開発中の日本語入力システム

photo OSのバージョンは「1.0.1.0-prerelease」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -