ニュース
» 2013年05月29日 18時52分 UPDATE

新生銀行をかたる英文フィッシング詐欺メールに注意

新生銀行をかたる英文のフィッシング詐欺メールが出回っているとし、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は5月29日、新生銀行をかたる英文のフィッシング詐欺メールが出回っているとして注意を呼びかけた。29日午後0時現在も一部のフィッシングサイトは稼働中という。


画像 メールの文面
画像 フィッシングサイト

 メールの件名は「Access to your online account has been suspended」。記載されたURLにアクセスすると、口座番号や暗証番号、ネットバンクのパスワード、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)パスワードなどの入力を求めるフィッシングサイトに飛ぶ。

 同協議会は、フィッシングサイトに情報を入力しないよう、また、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は同協議会に連絡するよう呼びかけている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -