ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年06月05日 20時18分 UPDATE

番組関連情報がリアルタイムにスマホに フジテレビ、セカンドスクリーンアプリ開発

視聴中のテレビ番組と連動して関連情報やクーポンを受信できるアプリ「メディアトリガー」と配信システムをフジテレビが開発。

[ITmedia]

 フジテレビジョンは、出演者情報やクーポンなどの番組関連コンテンツを放送と連動して視聴者のスマートフォンなどに表示できるアプリ「メディアトリガー」と、配信システム「SmartSynchroCast」を開発した。

photo

 「メディアトリガー」(iOS/Android)はテレビ番組を見ながら利用するセカンドスクリーンアプリ。指定した時刻にコンテンツを表示する「時刻トリガー」、任意のタイミングでコンテンツを表示する「通信トリガー」、テレビの音声に対応し情報配信する「音響トリガー」、テレビの映像に対応し視聴者のアクションを求める「映像トリガー」の4つの同期技術で番組と連動する。

 テレビを見ながらスマートフォンやタブレットを利用する視聴スタイルが定着しつつあることに注目して開発。テレビがネットに対応していなくても、番組を楽しみながら関連する情報やWebページを見たり、クーポンや特典を入手できるのが特徴としている。

 コンテンツはWebページなど既にあるリソースを活用可能。全放送局に対応しており、フジテレビだけでなくTOKYO MX、テレビ静岡、テレビ新広島、テレビ西日本などで番組と連動した利用を計画している。放送だけでなく、イベント時にも利用可能で進行に応じたコンテンツ配信が可能という。

 同アプリと配信システムは「IMC TOKYO 2013」(6月12日〜14日・幕張メッセ)で展示される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.