ニュース
» 2013年06月07日 16時22分 UPDATE

深海5000メートルからニコ生 「しんかい6500」調査潜航を世界初の生中継

有人潜水調査船「しんかい6500」が水深5000メートルの深海熱水噴出域を調査する模様をニコニコ生放送で生中継される。

[ITmedia]

 ドワンゴとニワンゴは6月22〜23日、独立行政法人・海洋研究開発機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船「しんかい6500」による水深5000メートルの深海熱水噴出域を調査する潜航の模様をニコニコ生放送でライブ配信する。科学研究を目的とした有人潜水艇による潜航現場を生中継するのは世界初という。

photo しんかい6500 (C) JAMSTEC

 ドワンゴ・ニワンゴとJAMSTECのコラボレーション。カリブ海中部のケイマン中央海膨と呼ばれる地域にある水深5000メートルの熱水噴出域をしんかい6500が調査する様子を、着水からコクピット内での操縦、潜航中の深海の映像、深海での研究活動──などを約12時間以上にわたって生中継する。

photo 配信システム

 ニコ生は6月22日午後8時半〜23日午前8時ごろまで。光ファイバーでしんかい6500と支援母船「よこすか」をつないで映像を伝送し、よこすかから衛星通信経由でネットに配信される。

photo 調査海域

 熱水噴出域は深海の水圧に加え400度を超える熱水がわき出す過酷な環境だが、熱水に適応した独自の生態系が見つかるなどして海洋生物学上でもホットなスポット。今回調査される熱水噴出域は最近見つかったもので、これまで知られている中で最も深いところにあり、これまでにエビの1種などが見つかっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -