ニュース
» 2013年06月18日 07時34分 UPDATE

Google Reader終了まであと13日:「Digg Reader Ver.1」が6月26日に登場へ まずはGoogle Readerからのインポート重視

Googleリーダー終了発表直後に難民受け入れを宣言したDiggが、6月26日にWeb版およびiOS版の無料RSSリーダー「Digg Reader」をリリースすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソーシャルニュースサービスの米Diggは6月17日(現地時間)、7月1日に終了するGoogle Readerからの移行先候補、無料のRSSリーダー「Digg Reader」のバージョン1(β)を6月26日に公開すると発表した。同日、Webアプリ版とiOSアプリ版が公開される見込み。

 Diggは、米Googleが3月にGoogle Reader(日本語表記はGoogleリーダー)の廃止を発表した直後に「APIを含むGoogle Readerの必要な機能を網羅し、さらにソーシャルな新機能を搭載した」新しいRSSリーダーを提供すると発表し、特設ページでGoogle Reader終了までの秒読みを始めた。

 digg 1 今も続く秒読み。Google Reader終了まで、あとわずか13日だ

 とにかくGoogle Reader終了前に最低限の機能を搭載したバージョンの公開に専念したという。Diggは多数の協力者からのフィードバックを基に、バージョン1では以下の4点を重視したとしている。

  • Google Readerからの簡単な移行(フィードとフォルダのインポート)
  • シンプルな購読体験
  • Webアプリと同期するモバイルアプリ(iOS版)
  • 購読、共有、保存、編集などの基本機能のサポート
 digg 2

 この後、向こう2カ月のうちに以下の機能を追加する計画で、検索などGoogle Readerにあるほとんどの機能を段階的に追加していくという。

  • Androidアプリ
  • 高速化
  • Evernote、Buffer、IFTTTなどのサードパーティーサービスとの統合機能
  • ソート、フィルター、ランク付けなどの機能
  • フィードバックの反映

 Google Readerからの移行先には多数のサービスが名乗りを上げている。Google Readerと同期するRSSリーダーサービス「Feedly」も活発にアップデートしており、Google Readerのフィードをインポートしやすくなっている。Feedlyによると、300万人以上のユーザーがGoogle Readerからスイッチしてきているという。

変更履歴:公開日を24日としておりましたが、26日の誤りです。お詫びして訂正いたします。[2013/6/24 23:00]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -