ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年06月18日 18時36分 UPDATE

マラソンのタイムを自動でSNS投稿、広告表示も 電通「SOCIAL_MARATHON」

市民マラソン参加者の計測ポイント通過タイムに広告を添え、自動でSNSに投稿するサービス「SOCIAL_MARATHON」を電通などが開発した。

[ITmedia]
画像

 電通と電通テックは、市民マラソン参加者の計測ポイント通過タイムにスポンサー企業からの応援広告を添え、参加者のSNSにリアルタイムに自動投稿するサービス「SOCIAL_MARATHON」を開発した。3月の「京都マラソン 2013」で展開し、1人のランナーに対して平均50人へのリーチ(認知獲得)を得たという。

 ランナーのシューズなどに取り付けるタイム計測用の大会公式ICチップの管理データベースを活用。計測ポイント通過時に、通過タイムを自動でSNSに投稿できる。ランナー自身があらかじめ設定した目標タイムと競い合うレースをSNS上で展開でき、その様子を見た友人がリアルタイムに応援できる機能も備えた。

 スポンサー企業は、SNSに投稿される通過タイムや友人からの応援メッセージなどに応援広告を表示可能。市民ランナーとネット上の友人・知人にタイムリーにアプローチできるとしている。

 第1弾として「京都マラソン 2013」で展開。協賛スポンサー情報とランナーの通過タイム情報を、事前に登録したSNSに自動で投稿するプロモーションを行い、1人のランナーに対して平均50人へのリーチと、11人の参加(RTや「いいね!」など)を獲得したという。国内最大級のランニングポータルサイト「RUNNNET」を運営するアールビーズが協力し、同社が管理する走行データを活用して実施した。

 今後は国内の主要市民マラソン大会で同サービスの導入を推進。企業・団体に対して積極的に導入を促していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.