ニュース
» 2013年06月19日 13時17分 UPDATE

Raspberry Piで組み立てる“PRISM対策Torルータ”、「Onion Pi」登場

PRISM報道で個人情報保護への関心が高まる中、小型コンピュータRaspberry Piと通信匿名化ツールTorを組み合わせたTorルータキット「Onion Pi」が発売された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米オンライン電子ガジェットショップのAdarfruitは6月18日(現地時間)、Raspberry Piで組み立てるTorルータキット「Onion Pi」を発売した。Raspberry Piを提供する英Raspberry Pi Foundationは同日、「Onion PiのTorプロキシでNSAとPRISMを撃退できる」と賛辞を送っている。

 onion 1 Onion Piの完成品

 Onion Piには「Raspberry Pi Model B」、ケース、Wi-Fiアダプタ、SDカードなどが含まれており、1式90ドル。売り上げの一部はTor Projectに寄付される。Adafruitのページには、ていねいなチュートリアルも掲載されている。

 Tor(The Onion Router)は、インターネットの接続経路の匿名化を実現するためのオープンソースの規格およびリファレンス実装で、タマネギの皮のように暗号化を多層に重ねる手法が名称の由来。TorのソフトウェアをPCなどに直接インストールして使うことも可能だが、Onion Piをネットルータに接続することで、PCやモバイル端末にTorをインストールせずにTorを利用できる。

 利用するには、ルータにイーサネットケーブルでOnion Piを接続し、USBケーブルで電源を確保してOnion Piの電源を入れる。これでOnion Piという無線アクセスポイントが生成される。

 米国では、米連邦政府がPRISMと呼ばれる極秘情報収集プログラムの下、GoogleやAppleなど9社の大手IT企業のサーバに直接接続して個人情報を収集していたと報じられ、個人情報の自衛についての関心が高まっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -