ニュース
» 2013年06月20日 08時53分 UPDATE

PS4に追随:Xbox One、中古ゲーム制限とネットへの1日1回接続ルールを撤廃

Microsoftは、多数のユーザーからフィードバックを受けたとして、次期ゲーム機「Xbox One」での中古ゲームの貸し借り、譲渡、転売に関する制限を撤廃し、認証のために必要としていた24時間に1回のネット接続というルールをなくすと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月19日(現地時間)、11月に発売予定の次期ゲームコンソール「Xbox One」の利用規約を変更し、「Xbox 360とまったく同じようにゲームをプレイ、共有、貸し借り、転売できるようにした」と発表した。

 xbox Xbox One

 同社はこれまで、Xbox Oneでゲームをプレイするためには、それがオフラインゲームであっても24時間に1回はネットに接続して認証する必要があるとしていた。また、ゲームの貸し借りや譲渡、転売については、貸し借りはできず、譲渡はフレンド登録後30日以上経過している相手のみなどの制限があった。この2点について、ユーザーから多数のフィードバックを受けたという。

 今回の改訂で、Xbox Oneの最初の設定でネットに接続した後は、ネットに接続せずにディスク版のゲームをプレイできることになった。また、ゲームの貸し借り、譲渡、転売については、「現在のXbox 360と同様に」何の制限もつけないという。

 ps4 プレイステーション 4

 MicrosoftがXbox Oneを発表した後、ソニー・コンピュータエンタテインメントは10日、ゲームカンファレンスE3において、Xbox Oneの競合となる次期ゲーム機「プレイステーション 4」(PS4)を披露。中古ソフトもプレイでき、インターネットへの常時接続も不要であることを発表し、会場から拍手喝采を浴びた。価格もXbox Oneより100ドル安い399ドルに設定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -