ニュース
» 2013年06月24日 07時19分 UPDATE

歌詞表示音楽プレーヤー「TuneWiki」、6月28日終了へ

端末内の楽曲やインターネットラジオで楽曲を聴きながら歌詞を表示できるユニークなソーシャル音楽サービス「TuneWiki」が、6月28日に終了する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソーシャル音楽プレーヤーを手掛ける米TuneWikiは6月21日(現地時間)、楽曲を聴きながら歌詞を表示できるのが特徴の無料サービス「TuneWiki」の提供を6月28日に終了すると発表した。TuneWikiのアプリはiOS、Android、Windows Phone、Windows版があるが、すべてアプリストアから削除され、Webサイトにもアクセスできなくなる見込み。

 TuneWikiは、2007年創業のカリフォルニア州サンタモニカに拠点を置く非公開企業。公式サイトによると、アプリのTuneWikiは日本を含む190カ国で提供しており、累計1500万本以上ダウンロードされ、共有されている歌詞は300万以上という。端末内の楽曲あるいはインターネットラジオの曲を、その曲の歌詞を表示しながら再生できるのが大きな特徴で、コミュニティー機能や楽曲検索、人気ランキングなども備える。

 tunewiki

 CEOのラリー・ゴールドバーグ氏は終了を告げる公式ブログで「残念ながら、万物には遅かれ早かれ終わりの日が来るものだ。長い間懸命に働いてきたが、新しい旅を始めるときが来た」としてユーザーに感謝の言葉を述べているが、終了の理由は明示していない。

 公式Facebookページ(6月28日閉鎖予定)では「TuneWikiは無料サービスです。数百万人のファンが私たちのサービスを利用していますが、運営コストが膨れ上がり、広告収入では事業を支えられなくなりました」と説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -