ニュース
» 2013年06月28日 07時24分 UPDATE

Facebook、Androidの断片化対策で一般ユーザー参加の「Beta Program」を開始

Facebookが、Androidの断片化するOSや端末のあらゆるユーザーが使えるFacebookアプリの提供を目指し、一般ユーザーからフィードバックを得るためのβテストプログラムを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月27日(現地時間)、Android版公式アプリのスムーズなアップデートを目的とした一般ユーザー参加のβテストプログラムを開始したと発表した。参加ユーザーはβ版アプリをダウンロードし、問題をFacebookにフィードバックする。OSと端末が“断片化(フラグメンテーション)”するAndroidのあらゆるOS・端末を使うユーザーに安定したアプリを提供するのが目的という。

 このプログラムにはAndroid端末ユーザーであれば誰でも参加でき、いつでもオプトアウトできる。

 Facebookは断片化ではなく“多様性(ダイバーシティ)”という言葉を使って、これまで多様性に対応するために、アプリのアップデートの前にパートナー企業や社内の専任チーム、一般社員で安定性を検証してきたと説明する。パートナー企業としては、Qualcomm、HTC、Ericsson、Sony、Huawei、MediaTekの名を挙げている。また、昨年9月からアプリのアップデートをサイクル制にしたのも、アップデート前に十分な検証を行うのが目的だったとしている。だが、より安定性の高いアプリを提供するために、実際に多様なAndroid端末を使っている多数のユーザーの協力を仰ぐことにしたという。

 参加の手順は以下の通り。

  1. Googleアカウントでログインした状態でGoogleグループの「Facebook for Android Beta Testers」に参加
  2. グループに表示されているGoogle PlayのURLをクリックし、表示されたページで「テスターになる」をクリックしてテスターになる
  3. β版をダウンロードする
  4. フィードバックはFacebookグループに投稿する
 fb 1
 fb 2 FacebookグループのFacebook for Android Beta Testers

 Facebookグループは、ユーザーからのフィードバックを共有する場であるとともに、Facebookからの告知の場にもなっている。

 Facebookは、Androidのオープン性を評価し、Facebook Homeなどのアプリはそのたまものだとしつつ、すべてのFacebookユーザーに最良の体験を提供するためにこのプログラムを開始したと強調している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -